ZWYRD backstage

ハイファッションのランウェイと、ストリートと、その両方からトレンドは生まれる。中でも、最近はストリートの力が他に引けを取らないほどになり、どんどんパワフルでクレイジーなカルチャーが成長している。だから、そんな世界の流れの中でユニークなストリートウェアブランドにフューチャーしたファッションウィークが発足したのは自然なことなのかもしれない。「”Alternative” Fashion Week」。そう呼ばれるもうひとつのファッションウィークはストリートファッションの聖地、ベルリンで開催されている。

Berlin Alternative Fashion Week (BAFW) は私の経験上、世界一エキゾチックで、奇想天外で、ワイルドで、カラフルで、開放的で、クレイジーで、クリエイティブなファッションイベントのひとつ。そしてスクロールした先に並ぶ写真をみたら、みなさんの私と同じことを感じるのではないかと思う。

We all know that fashion trends come from both the high-fashion runways as well as the streets. But the street aspect is gaining more ground against the establishment, and it is becoming more daring, cultured and respected. So doesn’t it make sense to have a fashion week that features some of the most unique street-wear brands from around the world? It’s called an “Alternative” fashion week, and it was born in the best city to represent street fashion: Berlin.

Berlin Alternative Fashion Week (BAFW) is one of the most exotic, surprising, wild, weird, colorful, inclusive and creative fashion events I have ever seen in my life. And after you see the photos from the event, you might feel the same way too.

Backstage photos by Sebastian-Pollin

Tzuji finale

今や、世界中の主要都市にはそれぞれその土地らしい”ファッションウィーク”がある。中には、ラグジュアリーブランドよりストリートウェアブランドの方がレベルが優れている国もあるわけだけど、発表する場がなくて知名度が低かったり、認められていなかったり、残念な状態のブランドが世界には多くある。個人的には東京はアジアのストリートブランドが集まってファションウィークを開く場所としてすごく良いのではと感じている。(余談ですが。。。)

ベルリンファッションウィークは年に2度行われている。スタートしてから3年ほどが経ったけれど、今やロスやオーストラリアにも進出するのではないかという噂が出るほど急速に成長を遂げている。3年前のBAFWの会場にいた私。突然頭を殴られたようなあの衝撃は凄まじかった(その衝撃的レポートはこちら)。

去年の10月、あの衝撃が忘れられなかった私はまたBAFWに出向き、まだあのクレイジーさは健在なのか、確かめてきた。4日間に渡るそのイベントは前半の2日間に若手デザイナーが、後半の2日間は有名デザイナーが、世界中から集まってランウェイショーをするというもの。

Every major city in the world seems to have its own version of a “Fashion Week”, but some cities are just better at streetwear than luxury. In my opinion, Tokyo would be a great stage in Asia for a street-wear focused fashion week. But today, we are focusing on Berlin.

Berlin Fashion Week is held twice yearly, and has been around for only 3 years but it is already growing into more countries: rumor is that there will be Alternative Fashion Weeks in Los Angeles and Australia this year. I was at the very first BAFW three years ago and it was so crazy and unexpected it blew my mind.

In October I returned to Berlin to see how BAFW had changed, if it was still as wild as I remembered. There were about four days for the whole thing, with the first two days being newer designers and the last two days featuring well-known streetwear designers from all around the world.

Patricia Field show

すべてのショーは、ベルリンのPostbanhofという場所で行われる。そこは、巨大な歴史のある駅をイベントスペース用に改造してあって、天井が高く退廃的な空間が広がっている。長いランウェイや轟く音楽にもぴったりの会場だ。

3,4つのブランドがひとつのグループを組みショーをするため、視界いっぱいに”ファッション”が広がるのがたまらない。また、ショーの間には1階のデザイナーズマケットフロアでショッピングや食事を楽しめる。(ローカル、グローバルにかかわらず多くのブランドやセレクトショップがそのフロアで服やファッション雑貨を販売している。もちろん、みんなは”オルタナティブ”なテイストに適している。(ハーネスや宇宙服っぽいのとか)

The shows were all held in one place, at the Postbanhof in Berlin. It is a huge historical station turned into an event space that escaped decay with high ceilings, allowing for a long runway and a booming sound system.

They had shows held in groups of about 3 or 4 brands each, so you could get an eyeful of fashion in one swoop, with breaks in between for food or shopping at the Designer’s Market on the first floor (with lots of local and global brands or select shops selling clothes).

Patricia Field show

 

ショーを見て思ったのはまず、モデルがユニークで多様性があるということ; 背が高いモデルもいれば低いモデルもいるし、肌の色も様々でブラック、ホワイト、アジア、さらにはアルビノのモデルもいた。ハイファッションのランウェイをいくつも歩くようなモデルとは全く別で、ここで見るモデルたちはみな個性的なパーソナリティがあり見ていて楽しかった。そして彼らのクールなイメージが服をより魅力的にし、実際の購買にも繋がっているのだ。そして、BAFWをよりユニークにしているのは、参加ブランドがベルリン出身のブランドだけではないということだと思う。むしろ、ベルリンのブランドというのはほんの一部である。ポーランド、オランダ、クロアチア、デンマーク、オーストラリア、ロス、ニューヨーク、香港、ロシアなどなど…たったひとつの共通点は、ストリートファッションやアートファッションを作っているということだけ。(マス受けを避けるべく、”Alternative(型にはまらない) fashion”だと。)

Watching the shows, the first thing I noticed was how unique and diverse the models were; some were tall, short, black, white, asian, and albino. High fashion models definitely have a place on certain runways. But here, seeing models with their own unique personalities was fun to watch and even helped sell the clothes in those models’ cool images. The other thing about BAFW which makes it unique is that the brands are not mostly from Berlin. In fact, very few were actually from Berlin. Brands came from Poland, Netherlands, Croatia, Denmark, Australia, Los Angeles, New York, Hong Kong, Norway, and more…..the one common thread that they had was that they were selling street fashion or art fashion (the line between the two is very blurry, so together they are “alternative fashion”).

Patricia Field show

団体としてBAFWは、普段のファッション業界にアンチ的なデモをしているという印象かもしれないけど、そんな行為は意外と全くなかった。むしろ、ハイファッションを別物にしているように見える。そのため、スケジュール的にはBAFWがパリのファッションウィークとかぶっているのでBAFW参加デザイナーたちはあえてAlternativeなファッションウィークの方を選びしているのだ。(パリとベルリン両方見たい私は、行ったり来たりしなければ行けなかった。BAFWに行った2日間のほうが楽しかったというのが正直な話…) さらに、ベルリンにはすでに”Alternative”じゃないファッションウィークも1月と6月にあるわけで、でもそこにBAFWの影は少しもちらつかないということは差別化がしっかりされているということ。(そしてベルリンデザイナーたちの間にはBAFWを見下した態度が充満していることも、実際に感じた。)

I didn’t get the feeling that BAFW was “anti-fashion” at all, but I could tell that the designers were probably appreciated by the crowd in Berlin than in the traditional fashion week calendar. Of course, BAFW is held the same weekend as Paris Fashion Week, which means it is completely cutting itself off of from the traditional fashion industry (I had to go back and forth between Paris and Berlin… honestly, I had more fun in the 2 days at BAFW). And Berlin already has it’s own “normal” fashion week held in Jan and Jun which doesn’t recognize BAFW at all (and many Berlin designers I know also think BAFW is “below” them).

Juliette Heijnen

そういったことから、BAFWのブランドのほとんどはまだ小さくて若く、”アンダーグラウンド”と呼ばれる規模のものばかりだ。だから、ストリートだからといってHood by AirやJeremy Scottのようなランウェイを期待しているのならばちょっと違う。でもそれは、全く無名のブランドという意味ではない。Tsuji、ZL by Zlism、Tata Christiane、Samsara Designs は青山にあるWuTでも扱われているブランドだ。また、最後には、ビッグゲストとしてプラダのスタイリスト、パトリシアフィールドが関わったショーが行われた。NYにあった彼女のセレクトショップは去年の秋に閉店したが、その後もこういったイベントなどを経験させたりして彼女の気に入ったデザイナーたちを支援し続けている。彼女に、「とっても楽しいショーだった!」と伝えると、「そう言ってもらえてすごく嬉しい!最近ファッションショーを本当に楽しんでいる人がいなくなったように感じていたから!」と興奮した様子で話してくれた。

With that said, most of the brands were still small or young enough to be considered “underground”, so you probably won’t see anything really big like Hood by Air or Jeremy Scott here anyway. But that doesn’t mean the designers are totally unknown. There was Tsuji, ZL by Zlism, Tata Christiane, and Samsara Designs which many are even sold in Tokyo by WuT in Aoyama. Then there was the big celebrity guest, Devil Wears Prada stylist Patricia Field, who got to take the final fashion show spot at the end. Although she closed her famous select shop in NY last fall, she is still supporting her favorite designers by taking them on the road with her to events like this. I told Patricia I was excited to see her show, and she exclaimed, “I`m glad you’re excited! It seems no one is actually excited to see fashion shows anymore!”

 

Above: Andrey Bartnev previous seasons

 

すべてのデザイナーをインタビューして聞きたいほど、それぞれがそれぞれの目線でファッションを解釈し、情熱をもってクリエーションに取り組んでいることが、ヒートアップする会場を包む熱から伝わってきた。

ファーストシーズンと比べると、ラインナップはちょっと落ち着いたように見えたこの時のBAFWだけど(多分理由はただ、Andrey Bartnevがいなかったから!) それでも、ミュージカルゲストや、個性的なモデルたちによってつくられるランウェイはエンターテインメント性抜群。あ、それからもし音楽が好きなら絶対もっと楽しい。ランウェイのサウンドトラックのクオリティはさすが世界のアンダーグラウンドミュージックシティ、ベルリンだ。

ベルリンでも、LAでも、オーストラリアでも…どこかのAltenative Fashion Weekをみなさんにも体感して欲しい。もしかしたら、世界のアーティスティックファッションやストリートウェアファンのために世界ツアーとかもするかもしれないし。BAFWが私のファッションに対する概念を変えたように、きっとあなたも今まで味わったことのないような衝撃を受けるだろう。世界一ワイルドなエンターテインメントランウェイを目の当たりにして、平常心を保っていられるはずがない!写真の続きは下記ご覧ください:

I really wanted to interview each and every designer who I saw, because each one seemed to have his/her distinct point of view on fashion, as well as a creative and passionate spirit which was a palpable heat I could feel all the way from where I sat.

Compared to the very first season of BAFW I saw, the lineup has calmed down a bit (but that’s only because the incredible Andrey Bartnev wasn’t on the lineup this season). But there was still a lot of entertainment such as wild musical guests, and the models who really milked the stage for all it was worth. Oh, and if you like music, the runway soundtracks are SO GOOD… of course, that’s because it’s held in the world’s underground music capital of the world.

I absolutely recommend a visit to the Alternative Fashion Week, whether in Berlin or LA or Australia, or anywhere it may travel to for fans of artistic fashion or street-wear. Perhaps, it’s the wildest, most entertaining runways you’ll witness. See more photos below:

Berlin Alternative Fashion Week HP

BAFW Instagram

 

https://www.instagram.com/p/BLD3JmwB04M/?taken-by=mishajanette

 

ZWYRD
ZWYRD

 

ZLISM

 

ZLISM

 

ZLISM

 

Tzuji

 

Tzuji

 

Samsara

 

Samsara

 

Patricia Field (herself)

 

Patricia Field Show

 

Nixikillick

 

Nixikillick

 

Nixikillick

 

Nixikillick

 

Juliette Heijnen

 

Edyta Jermacz

 

Edyta Jermacz

 

Edyta Jermacz

 

Edyta Jermacz

 

Samsara-LA

ZWYRED -Poland

Edita- Poland

AM Victoria- Denmark

Haervark- Denmark

Nika Tom- Croatia

ZL ZLISM- Hong Kong

Nixi Killick-Melbourne

8Dix -Milan/London

Kit Wan- Oslo Norway

Juliëtte Heijnen-Netherlands

Tata Christiane -Berlin

Tzuji-London