驚くべきアンドロジニーの発見!水嶋ヒロさん、ヌメロ東京11月号で。

水嶋ヒロ mizushima hiro in numero tokyoWe are in the midst of a newfound obsession with androgyny seeing the number of trans-beauties getting major face time on the runway and in campaigns. Of course we all know Andrej Pejic and Lea T as faces of the movement, but did you know about this one?

When I first saw these photos at first I thought “Gaga….?”. But I realized immediately it wasn’t her and I turned to Numero TOKYO editor in chief Ako Tanaka; “An albino? You discovered a Japanese albino transgendered model!!!? Incredible!!”

Too incredible for words. My jaw was on the desk. 

今のファッション業界は中性的なモデルに夢中。ウェディングドレスを着てランウェイを歩いたり、キャンペーンガールとして広告に堂々と出されたりしています。このブームの代表といえばアンドレとレアT.なんですね。でもみなさん、この新人はご存じ?

ヌメロ東京の11号に出ているこの写真を見た最初の一瞬は「ガガ?」と思ったけど、もっと近くでみたらそれは明らかに違うと判断できた。なんて不思議なモデル!ちょうど隣に立っていたヌメロ東京の編集長田中さんに「この方はアルバイノ?まさか、日本人アルバイノ・トランスジェンダーのモデルを発屈したんですか?!?すごい!」とぶっちゃけ(汗)。

本当にすごすぎて言葉にできませんでした。

mizushima hiro androgynytesting the boundaries in numero tokyo nov 

But I was wrong…. This is the magic of makeup and wigs and clothing. This is Hiro Mizushima, a talented Japanese actor who pulled off the character created for the shoot with aplomb. It’s one of the most inspiring fashion pages I have seen in a long while. It’s edgy yet thoughtful, shocking but not crude—it’s a testament to beauty in all forms. Bravo to Numero TOKYO and the team on the shoot- keep the bar set high!!

でも私は最後のページまで捲ると、それは本当に驚きの事実を見せられた。これは新人モデルのではなく、あの才能に溢れたトップ俳優の水嶋ヒロさんでした!そうなんだよね、これは化粧、ウィッグ、衣装の魔法をうまくつかえたものだ。この撮影、水嶋さんからまったく違和感を感じなく、その上に自信のもったフェミニンな姿勢を堂々と出せるのは彼しかいないでしょう??久しぶりにファッション撮影で胸にDO――Nときた。

しかも、アヴァンギャルドなテーマでありつつも、とても親切で思慮に富んだファッションシューティングです。美の枠を超えてます。はるかに超えてます。枠を新しく創造しています。撮影チーム、ヌメロ東京にブラヴォー!やはりクリエイションはこういう風にレベル高く見せるべき!

 mizushima hiro japanese androgyny

And Mizushima too, you’re quite incredible….I’m really happy for you and imma let you finish, but Joan d’Arc did the best androgyny of all time.

…I just have to make sure the law is laid.

 

水島さんにもブラヴォー!私もホントに嬉しいよ。あなたの撮影は最後まで見てやる。だがな、史上最高のアンドロジョニーはジョーンダルクだぜ!えへへ (どうも、Kanye West)。

 

(EDITED TO ADD:)
I wrote this in the middle of a weekend business trip and had limited access to the net so it came off a bit harried (and I messed up the programming code for the pics…damn, sorry). But THIS is what I meant to convey as a more coherent thought:

1. It’s nice to see celebrities represented as the artists they are (ok, some anyway) and not as merely commercial products always thrust upon us in magazines. This is why the power of mags are still necessary…it would be difficult to pull things like this off with celebs without their pull. Celeb culture in Japan had me totally turned off and I’d never heard of Mizushima before, but now I`m very curious to see his work. 
2. The fashion world is notorious for switching love childs every season, and while the androgyny bit seems to be a bit perilous in becoming a flavor of the day, I am wondering if this goes deeper. Perhaps it will be a definition of the 21st century’s idea of beauty?   

(追加)
京都出張中に書いた記事のため、ちょっとざくりだったのですが、言いたいことは2点:

1)雑誌ならではの力でないとこういう作品は実現させられません。でも雑誌は力を持っていてもアート的な作品を避け、ほとんどはコンサバ/コマーシャルにすぎなくなってきましたね。それに対して、この作品は素晴らしく、「日本のモード誌だって、やるねぇ」という気持ちがわいてきます。水嶋さんのことをこの作品ではじめて知ったのですが、おかげで彼の作品に興味を持たせられました。
2)ファッション業界はトレンド転回がはやく、あきっぽくなりがちです。アンドロジニーの流行にも、数名のモデルしかでてきてなく(上記の方)、というのは、また「次のはやり」に飛ぶ可能性が高いのですが、この作品を見ていると、一瞬の流行のではなく、「21世紀の美」として定着されるのではないか?と思います。以上です。

ちなみに、チームメンバーは下記〜

Edited to add the team members :

Photo: Yuji Zendo/ Dir.&styling: Sachi Miyauchi/ Dir.&hair: Ryoji Imaizumi/ Dir.&makeup: Ryuji
styling:Takashi Takunaga/ H&M: Masa Kameda
Produced by Hiro Mizushima 

you can buy it on amazon.com |  アマゾンで手に入ります~ 

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー