タイツとレッギンズの天国が原宿の地下に登場。足下を”アヴァンギャルド”にして!

avant garde in harajuku

I am never one to let my legs go bare… I just can’t. Too white…pasty….like a blank canvas….and you know what we do with canvases… paint them up! I have drawers full of stockings I have collected over the years…I suppose that was all too obvious. Still, for many years finding unique, high-quality tights was always a challenge in Tokyo, and good ones would pop up only once every blue moon. It wasn’t until the ast few years have we seen an upsurge of unique stockings and leggings for our stems (and shelling out 100+$ for cool ones became no biggie. Me, I have Bernard Wilhelm, Balenciaga and Phi among others…). When searching for places to find unique leggings and tights in Tokyo, there was always the default; the 4th floor of 109 in Shibuya. But those imports are expensive, and one little hole and they’re finito (RAGE!!).

Then came local brand MAM 3 years ago, and a shop in Tokyo followed. It was recommended to me within *days* of its arrival in Harajuku last year.You’ll find the entrance thanks to the mannequins outside with prom dresses that look like a tango of 50s and 80s styles overdone. Either that, or from the disembodied legs hanging from the roof outside that lead you down a staircase to the basement shop. Inside, it’s all very straightforward; with racks and racks of colorful tights and leggings. There are imports here too, but most are from the original brand MAM.

突然こんなことを言うのもなんだが、私は絶対に素足で出歩かないと決めている。理由はただ一つ、足が白過ぎるから(*_*)!白い、というか、もはや青白いってかんじで、まるで真っ白なキャンバスみたいなの。だからそれを克服する(キャンバスに色を乗せる)為に必ずに身につけているのが、過去数年集め続けているストッキング!そのこともあって、日頃街を歩く度にステキなストッキングは無いものかと目を凝らしてみるが、そのチャンスにはそうそう巡り会えない。
マルキューの4階に行けば、お高いインポートものは見つかるのはみんなご存知のはず(ね?)。だケドそれが破れた時のショックといったら(キレる!!)!全く、一体どこに行けばストッキングを選びたいだけ選べるの??

去年そんなことを思っていた私の耳に飛び込んで来た情報(Gunjiさんholla!)。原宿にストッキングの店が出来るって。聞けば、3年ほど前に卸だけで立ち上がったMAMというブランドの後継らしい。それはチェックしなければ!というわけで遅ればせながら行ってきました。向かった先でまず目に飛び込んでくるのは、50sと80sのプロムドレスみたいな衣装を着ているマネキンが目を引くエントランス。これなら迷うことはあるまい。その隣の屋根から突き出た足のディスプレイのある階段を降りて行くと、お目当てのショップAvantgardeがある。そこに並ぶのは、少数のインポートものを含む、主にMAMブランドのストッキングとレギンスの山!

manneqins outside

colorful tights

mona lisa

venice market

venice details

searing colors

minnie mouse tights

sailor tattoo tights
The best ones are the tattoo tights, inspired by sailor tattoos but are created to be asymmetrical on the legs.

中でも気に入ったのは、このタトゥータイツ。セーラーのタトゥーにインスパイアされたプリントがアシンメトリーに施されている。

disney tights

Also, I would never wear Disney on my person…and wouldn’t really recommend it for an adult (unless you’re Azaelia Banks) but I would go for these tattoo tights….preferably with a contrasting sleek LBD and Louboutins.

普段ディズニーものは滅多に身につけないんだけど、このミッキータイツは例外。クールな黒ドレスとルーブタンのヒールを合わせて着たい。

 

choco moo tights

Also, don’t forget to check out the pieces by Osaka-based illustrator Choco Moo. I have the “OMG” versions. The Elvis stockings actually look like Karl Lagerfeld to me.

Also in the shop is an interesting interior that straddles between kitsch, chic and schizo. There is also randomly a rack of high-grade denim, a hobby of the manager’s…and a rack of costumes for stage shows…er…drag shows…and that explains the mannequins outside.

あと忘れてはならないのが、大阪を拠点にイラストレーターとして活動するChoco Mooの作品。私がチョイスした物の名はOMG。エルビスの似顔タイツもあるけれど、私にはどうみてもカールラガーフェルドにしかみえないww

インテリアも面白いものが揃っていて、キッチュで、シックでな雰囲気が魅力的だった。そのインテリアの一環としてか、店長が趣味で集めたデニムや、ステージ衣装のようなもの(ドラァグの、ね。)も見られた。マネキンの衣装はそこから来たのだろう。

mannequin

chanel poster

pink shoes

corsets

avant garde harajuku

So if ever in the market for tights then this should definitely be the first place you hit up– they also have an online shop. Let those legs express themselves!

とにもかくにも、これでようやく私のタイツジプシーの旅は終焉を迎えられたというわけだ。めでたしめでたし。
皆さんもタイツ、レッグウェアをお探しなら、迷わずアヴァンギャルドへ!お店のホームページでは、オンラインショップもやってるのでこちらも是非!

avantgarde

avantgarde

Tokyo Fashion Diaries by Japan Fashion blogger misha janette | ファッションブロガーのミーシャジャネットの東京ファッションダイアリー