スクリーンショット 2015-03-05 18.28.02

Koshiro Ebata

30歳以下の新進気鋭なデザイナーたちが日本を始めとするアジア諸国から集まり、アートなファッションを披露する大会、それが東京デザインウィー ク。TDWはデザイン、テクノロジーの面からも考慮され、今世界で最も期待度の高いコンペのひとつと言える。そして毎年開かれるテントロンドン、NYC、ミラノサ ローネなどと協賛している。アジアアワードは若手のなかから選りすぐられたファッションデザイナー、ミュージシャン、アーティスト、プロダクトデザイナーなど 多くの芸術家たちが各地から出場し、80人のプロフェッショナルの審査員の前でプレゼンをするというもの。ミーシャは去年、ファッション部門の審査員をさ せていただきました。どの作品もそれはそれはエネルギッシュだった!

TDWのフォトブック発行を記念して、今後大注目のデザイナーたちをご紹介! (フォトブックはTSUTAYAにてチェクできます。※下記のビジュアルはデザイナー本人による撮影でフォトブックと関係ありません)

These are the young and the beauti-weird. These under-30 designers from around Japan and the world, presented some of the most conceptual art-as-fashion collections at Tokyo Designers Week. TDW is one of the most anticipated and attended design & technology fairs in the world, and it partners with TENT London and Milano Salone every year. The Asia Awards is a newer venture that culls the brightest fashion designers, musicians, artists and product designers from around the world to present to 80 top professionals on the judge panel. I was part of the fashion group for the past year and it was quite intense!

In celebration of the publication of the Tokyo Designers Week edition photo book, here are the best designers who are destined for great things. (the photo book is available at Tsutaya *the photos below are by the designers, with no relation to the book)

プリント

Ryota Murakami x Denpa Gumi

 

Ryota Murakami
Semi Grand Prix winner

一人で作っていますね?と聞くとすぐさまに、”僕は、母と二人で服作りしています。” ”母がスケッチしたものを自分が服へ落とし込み、そして手編みをしました。僕より母の方が編むのは上手です。” ステージに立ち、多くのオーディエンスの前で彼は、ママに作ってもらった洋服を着てからかわれている子供の心情を語った。”ださいセーターは着たくなかった…恥ずかしかった…”と。そんな経験から生まれた彼のクリエーションは、母親のTHE子供服な手作り服のアイデアを取り込んだもので、二人の発想をあわせて大人向けのファッションを提案したことで賞賛を勝ち取った。3Dワークの技術はピカイチ。既に海外ではうわさが広まり人気に火がつきつつある。

“My mother’s mode”

Ryota is adamant about correcting anyone who speaks of his work being his own. “I do this with my mother. She sketches, I translate it into clothes, and we knit it together. She knits better, though.” On the stage, he spoke to the audience about how as a child, his mother made clothes for him and he was teased mercilessly about it. “I didn’t want to wear her ugly clothes…it was embarrassing.” That experience flowered into the desire to embrace his mom’s proclivity to childlike creations, and together they make fashion for adults that is showered in a kinder vibe. The 3D work alone is brilliant, really, and his collections are already getting buzz overseas.

tumblr_neodd1TLhJ1tqcq3ho1_1280

tumblr_ndal6aZGkU1tqcq3ho1_1280

 

Rohan Chhabra
Grand Prix winner

彼はファッション部門の大賞を受賞した。彼の素晴らしいアウターのデザインと衝撃的なコンセプトはおもしろい。サファリコートが像の頭に変身したり、トラ コートはジッパーを開ける事でトラのような縞模様が現れる。各ピースが絶滅危惧種の動物と、それらの種を殺す種を背景にしている。自分の事しか考えず、異様なまでに着飾る人々には(その被害にあっている動物にも)伝わるものがあったコレクションだった。
“The hunter becomes the hunted”

Rohan won the grand prix in the fashion division, thanks to his brilliantly smart outerwear designs and gut-wrenching concept. An elephant head unfolds into a safari coat, and a tiger pelt is a coat with a series of usable zippers that open to look like the tigers’ stripes. Each piece tells the story of an endangered animal, and the species that kill them, all while being strangely fashionable and much too functional for their own (or the animals’) good.

 

スクリーンショット 2015-03-05 14.46.16

スクリーンショット 2015-03-05 14.46.38

スクリーンショット 2015-03-05 14.46.50

スクリーンショット 2015-03-05 14.46.58

 

Hidaka Shun
The Real Real Japan Award winner

ヒダカさんのコレクションは分かりやすい。”私はストレートな男です。そんな私は母のシャネルを着たいです。”これは、母の部屋で見つけたツイードや昔流 行ったファッションスタイルなどのビンテージ品のリメイクコレクションだ。ヒダカさんはジェンダーレスファッションの新時代をコレクションを通して語った。これは 今日本でも話題になっている注目の内容ね。
“I wear mother’s Chanel suit”

Hidaka’s collection was straight. And forward: “I am a straight boy. And I want to wear my mother’s Chanel.” It was a series of remade vintage items, using strips and bits from his mother’s room along with her tweed and other bygone-era styles. Hidaka spoke of a new era of genderless clothing, one that is a hot topic in Japan.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

tumblr_n37o2fTo5E1r9ojb1o1_500

 

 

Saki Shiogai
Finalist

彼女の正直な主張にはある意味感激。このコレクションには彼女の”働きたくない!”という強い気持ちが込められていた。そんな想いとは対照的に、ひとつひとつの作品はディテールまでよく作り込まれ、時間をかけて作られたことは一目瞭然だった。80、90年代の精神をはらんだアイコニックなスタイルで、”あっかんべー”という声が聞こえてきそうな茶目っ気たっぷりのハイファッションストリートスタイル。
“I don’t wanna work!”

Well if anything, we should thank Saki for her honesty. This collection was full of zest and passion for Saki’s absolute need to not work. Depsite her volition, the pieces were very detailed and obviously took quite a bit of time to push out. It captured the zeitgeist of 80s/90s iconic imagery styles, comic irony and “neener-neener” attitude of the high-fashion street style.

 

tumblr_nbds7q3iF71tl9kebo1_1280

tumblr_nbdt9r2mzl1tl9kebo1_1280

tumblr_nbdt34GHXv1tl9kebo6_1280

tumblr_nbdtktHfne1tl9kebo3_1280

tumblr_nbdtxqxhwZ1tl9kebo1_1280

tumblr_nbdu0hCNRy1tl9kebo1_1280

tumblr_nbduiig19s1tl9kebo2_1280

 

Soshi Otsuki
Finalist

“いつも黒いスーツに身を包むサラリーマンをみると、お葬式の列に並んでいるみたいだなと感じます。実際、私の父もそうです。感情が見えず、ただ毎日を消化しているだけのような。そんな人生は嫌だし、そんな彼らも嫌い。”そして彼はそんな、日本に溢れているビジネスマンのユニホームを匠に取り 込み、日本の喪服を表現。それはまさに、怒りや失望を”美”に変換したものだった。彼の作るメンズウウェアも素敵だった!彼の作品がもっと見たいと感じ た。
“Final Homme”

“When I see salary men together in their black suits out all the time, I can’t help but just think of them as being in a funeral procession. I see my father act like them; slobs, mindless, and I hate it. I hate them.” Soshi took the ubiquitous Japanese business man uniform and ingeniously merged it with Japanese funeral clothing. It is one incidence where anger and frustration certainly turned into something beautiful. The menswear here is also amazing and I want to see more from him!

tumblr_n3uh0aYMVM1sggrlso1_1280

tumblr_mvummr6Rdm1t0rzp8o1_1280

tumblr_mvslgsZi7a1t0rzp8o1_1280

tumblr_mxeb16ViDK1t0rzp8o1_500

tumblr_mxeb2eoLJx1t0rzp8o1_500

tumblr_mxeb1ocgZp1t0rzp8o1_500

tumblr_mxeazxoBVK1t0rzp8o1_500

tumblr_mvrgxqEUmu1t0rzp8o1_1280 tumblr_mvsn62RDXB1t0rzp8o1_1280

 

Koshiro Ebata
Finalist

彼は、降り注ぐスポットライトの下、言葉でオーディエンスに深い思いを伝えようとした。テーマはFold(折り重なるという意味)。レザーを 折り畳む彼の技術は、完璧に作り上げられたピースを見せてくれた。クチュール並みのもの。ティアリー・ミュグレーが夢中になって彼を獲得しにかかってきそ うなそれは、マッドマックス的美学とスキル。さらに、オーガニックな要素までも彼はデザインに落とし込む。今回彼はレザーという素材と向き合い、まるで人肉に見えるような作品を完成させた。ハンニバルシック!!!
“Fold Up”

I think Koshiro had one of the most difficult times up on the stage under those spotlights, expected to explain to us something that needed no words; folds. A waffle fold of leather using a technique he has perfected to create some very beautifully finished pieces. This is couture, and Thierry Mugler would have been eating his own heart out to acquire this Mad Max aesthetic and skill. Still, Koshiro takes his designs in a more…organic direction. This time, he processed and distressed the leather so it would look like human flesh. Calling Hannibal!

 

スクリーンショット 2015-03-05 18.29.54

スクリーンショット 2015-03-05 18.30.12

スクリーンショット 2015-03-05 18.30.27

 

 

Meg Miura

彼女は既にメグミウラというブランドを立ち上げて活躍中。今までもコマーシャル的な活動を含め、活躍して注目を集めていた彼女だけど、まだまだ実験的クリ エーションのキャパは計り知れない。和紙を着用可能なペーパーレースとして使用したり、エンボス加工ウールの技術を用いたり。こうしてどんどんファッショ ンコミュニティを広げてきた。今回のコンテストでは、彼女は”ニュースキン”というテーマで、身体のラインに沿うレザーカットのルックを発表。身体を這りめぐるようなデザインで血管をも思わせる、テクノヒューマン系。
New Skin

Meg is already on her way to being a working designer for her namesake brand, and she has had quite a number of commercially viable collections under her belt. Still, she is an experimenter and her work with Japanese “washi” paper to make wearable paper lace and a technique to emboss wool she invented has been picked up by the fashion community at large. For this contest, she entered her series of “new skin”, laser cut pieces that look like scaffolding around the body, intertwined with shapes that more closely resemble blood veins for a techno-human look.

 

megmiura_2015_ss_37

megmiura_2015_ss_29

megmiura_2015_ss_01

 

The next Asia Awards will be held this year, and anyone under 30 can enter so please keep a look out for when entries will open (probably close to May/June).

今年もまたアジアアワードが開催されます。30歳以下なら誰でも応募可能!興味がある方、ぜひエントリー受付がいつからかこまめにチェックしてみてください!(おそらく5月とか6月くらいだと思います!)

http://tokyodesignweek.jp/ (OFFICIAL)

Misha Janette
Natsumi Yasuoka

Fashion competitions that you need to know and enter NOW ◎デザイナー目指す卵の応募すべきコンペを紹介

contests-asiaaward_top

 

INSTAGRAM: MishaJanette
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
[srp widget_title=”最近のポスト↓Recent Popular Posts” widget_title_header=”h2″ thumbnail_width=”50″ thumbnail_height=”50″ post_limit=”4″ post_content_length=”70″ post_title_length_mode=”chars” post_noimage_skip=”yes” post_link_excerpt=”yes” post_date=”no” post_author_url=”no” post_category_link=”no” targetblank_links=”yes” layout_mode=”multi_column” layout_num_cols=”4″ vf_allposts=”yes” vf_allpages=”yes” vf_everything=”no” vf_allcategories=”yes” vf_allarchives=”yes”]