image

ミーシャが文化服装学院入学のために日本へやって来る前、あるインタビュー記事をネットで読んだ。そこで卒業生が “食べ物を我慢してでも、自分のデザインを作るためにベストな生地を買う”と語っていた。”すごく熱心だな”と感心した。ファッションは暮らしを豊かにする。同じ事をSATCのキャリーも同じようなことを言ってたよね。彼女の名言、生きる糧は”VOGUE”だって。そう、今日のトピックはこれ、”VOGUE” (そろそろ来るんじゃないかと思ってたでしょ?)

特に、VOGUE JAPANについて。ラグジュアリーファッション界における日本のハイファッションコミュニティを15年間に渡りずっとリードしてきたヴォーグジャパン。世界各地に自国版を持つヴォーグの中でも、最も高いクオリティを誇るひとつとされる同誌は、世界の業界人からも一目置かれる存在だ。海外からの評価の理由は、日本語が読めなくてもクリエイティブなファッションフォトを楽しめるからだと思う。

記念すべき15周年記念の今年は、スペシャル企画を行ってきた。そのシリーズ第三弾が11月号。生きる伝説、フォトグラファーのMario Testinoと日本版VOGUEのディレクター、Anna Dello Russoによるファッションエディトリアル集。紙媒体がベストという方々は、バックナンバーがオーダーできますよ。じゃなかったら、デジタル版をたったの500円でスマホにフルダウンロードできる!(だから少し遅れたこの時期ににこの記事をアップしているのはしょうがなく、正式なデジタル版ですぐに手に入れるならば後悔はなし)。アプリはZINIOというものです

このイシューは特にスペシャルだった。10月、VOGUE Japanはマリオとアンナ自身も参加し多くのセレブを招待した大きなパーティを東京で開いた。また同日、VOGUE Japanは数人の国内有力ブロガーをAnna Dello Russoと編集長の渡辺三津子さんとのカジュアルなトークセッションへ招いていただいた。

Even before I came to Japan to study at Bunka Fashion School, I had read an interview online with an alumni who said that even if she couldn’t afford food, she would buy the best fabric available to make her designs. I was like, “wow, that’s dedication.” Fashion feeds us, just ask the same to Carrie Bradshaw who later told us her nutrient of choice, “VOGUE”, which is what we are actually talking about today (you knew that was coming!).

Specifically, our topic is VOGUE Japan, which has been keeping the Japanese high-fashion community abreast of the what’s-what in luxury fashion for 15 years. It also happens to be considered by the global community to be one of the best VOGUEs in the world, thanks to its creative fashion photography.

Celebrating the anniversary, the magazine has been putting out special volumes this year. The 3rd volume in the series (Nov.) was a whammy, with a collection of fashion editorials by legendary lensman Mario Testino and VOGUE Japan Fashion Director Anna Dello Russo. If you’re adamant about owning print copies, you can order back-numbers. Otherwise, it IS available digitally still  (and why I don’t feel so bad about getting this out late-! It’s DOWNLOADABLE FOR ¥500 on Zinio, that’s less than $5—A STEAL!!!).

This particular issue was special, and VOGUE Japan feted with Mario and Anna themselves, along with a host of celeb guests for a big party in Tokyo in Oct. That same day, VOGUE Japan held a small, casual talk session with a few bloggers and Anna Dello Russo and Michiko Watanabe (contrary to what the public thinks, Ms. Watanabe is the editor and chief of VOGUE Japan, not Anna, who is happy with where she is).

 

Top photo: Miranda Kerr a la geisha (I think she would have looked better in a brown wig?) 上載:芸者をイメージしたミランダカー(茶髪のづらがより合いそうと思うけど?!)

image

image

Miranda Kerr as a Hatsune Miku-ish character 初音ミク(言ってないけど、そうだろうね)をおしゃコスプレするミランダ

その日ミーシャは、とてもそこへ行きたくて、でもどうしようもなくそこへ行きたくない気もした。招待していただいた事はすごく光栄。けれどそのときちょうどヨーロッパから帰ってきた同日、風邪と眠気と乾燥肌に襲われ、時間に終われて洗濯をする時間も、お気に入りの服を片付ける余裕さえなかった。あのAnna Dello Russoとお会いするというのに、神聖なるVOGUEの領域に踏み入れるというのに、こんな”疲れて見た目(とミーシャが感じた)”は見せられないと思った。“感動させられるような着こなし”をするプライドを飲み込み、わずかなおもしろみを取り入れた服を着て重い足どりでオフィスへ向かった。

Anna Dello RussoはPOPなイラストレーションンずくめの着物を着てテーブルのいちばん奥に座っていた。この着物は今回のイシューの撮影で使われたもの。本人はまるで少女漫画雑誌リボンから出てきたようだった。

“ハイ、ハローーー!!!”

これが少し遅れて到着した私へ送られた彼女の熱烈な挨拶。もうすでに私のプロ意識が試されていた。これは、テンションあげて参加するときだ。今回わたしはジャーナリストのではなく、ブロガーとして呼ばれている。笑ってジョークを言えるんだ。緊張して石みたいに固まるなんてわたしらしくない。ここは楽しんだもん勝ちだ!

Anyway, I really wanted to go, but really did not want to go. It was certainly an honor to be invited, but I had just stepped off the plane from Europe, had gotten a terrible cold, sleepless, skin dry, and no time to do laundry or clean my best clothes. I was going to be face to face with Anna Dello Russo, stepping into the hallowed halls of VOGUE, and I didn’t want to look like the ball of  “hot mess” which is how I felt. I swallowed my “dress to impress” pride, figured I could get a few fun sound bytes in at least, and trudged to the offices.

Anna Dello Russo sat at the end of a conference table in a hand-painted kimono from a shoot they used in the issue, looking like she had jumped straight out of a Ribbon manga.

“Hi, hellooooooooo!!!”

That was her enthusiastic greeting to my late arrival. Oh god, my professionalism has already been tested. Time to furiously participate. I am a blogger after all, and being able to laugh and joke and not have to be stone cold or gravely “journalistic” is one of the biggest perks of the job. It was time to have some fun!

image

Miranda Kerr as a samurai.武士道ミランダ

イシューに対するQ&Aセッションというよりは机を囲みディスカッションといったスタイルで、日本の文化、モデル、ファッションについてや、Anna自身についての話をした。

  • 通常彼女が日本に来るのは一年に一度程度。それでも日本はとても居心地がいいと感じている。”とてもキレイでフレンドリー”だと語っていた。”出来る限り「日本」というものを理解しようと努力するけど、まだまだ謎が多い。それに、未だつかみきれていない大事なものがあると思う。”

 

  • ヨーロッパや西洋のファッションの多くは今も日本から影響や感銘を受けている。”我々は大きな影響を受けている。信じられない程!日本の伝統、創造性、独自性、クレイジーさ…日本は本当に素晴らしい。私自身も花や人々などいろいろなものからインスピレーションを受ける。この号をつくっている時にMarioと私は目に映るもの全てを写真におさめたいと思った!”

 

What ensued was much less of a “Q&A” session about the issue, and more of a round table discussion about Japanese customs, Japanese models, Japanese fashion, and about Anna Dello Russo herself.

  • *The general: Anna comes to Japan once a year generally, but she feels really comfortable here, “Its clean and friendly,” She said. “I try to understand [Japan] the best I can, but still, I don’t always “get” it and realize there’s more that I am not getting the gist of.”

 

  • *Europe, and western fashion as a whole is still incredibly influenced and impressed by Japan. “We are influenced SO much, you wouldn’t believe it! The tradition, creativity, avante-garde, craziness…this country is incredible. I am inspired by the flowers, the people, everything. Mario and I wanted to take pictures of EVERYTHING!.”

image

Comme des Garcons fashion editorial by Mario Testino and Anna Dello Russo マリオテスティーノとアンナデッロルッソによるコムデギャルソンのファッションページ

image

The only fashion mag to find Hello Kitty-fied ads? キティちゃんの広告を見れるのはVOGUEジャパンのみに決まっている♬

  • なぜ、Annaはデザイナーではなくエディターになろうと決めたのか?彼女はイタリアの郊外(バリ)で自分がどのように育ったのか話してくれた。当時はただ、できるだけはやくファッションの仕事に付きたかったのだという。そのためにファッションジャーナリズムというのはより良い選択だと感じたのだそうだ。(彼女がどのようにキャリアをスタートさせたのか、この漫画ストーリーはこちらから読めます“今思えば本当はすごくデザイナーになりたかった…逃してしまった。コンサルタントとしてブランドと相談する段階で、商品の企画には携わる機会があるから、少しだけデザインもする。でも自身のブランドとなると話は別。いいデザイナーになるには一生かかってしまうと分かっているから。”(すごく良い!!今の業界でだれでもデザイナーになれるように見えるが、本当の「デザイナー」は別ものと彼女は主張するから素晴らしい。
  • ここからは11月イシューのMario Testinoとカバーモデル、ミランダカーについての話題に移りましょう。Annaは私たちブロガーになぜミランダカーがこんなにも日本で人気を集めているのか?と聞いた。(確かに彼女は誰もが知っているビッグなセレブだ) ここで討論は文化の違いについてに変わっていった。社会学者の意見を聞いた訳じゃないけれど、確実に言えるのは、日本人は美しすぎて手の届かないセレブよりもキュートで親しみやすい人の方が好きということ。ハイファッションデザイナーは実に非現実的なものを作り出す。それは日本に限らず多くの社会で起きていると思う。すると、”彼女をパリコレで見たとき、本当にかわいらしい天使のようだった。”とAnnaが付け足した。

 

  • Why did Anna decide to become an editor instead of a fashion designer? She told us about how she grew up in the countryside of Italy (Bari), and just wanted to be able to work with fashion as soon as possible. She felt fashion journalism was a better discipline for that (you can read a whole manga story about how she got started in her career, which I translated here). “But I think I really wanted to be a designer…I really miss it. I consult for brands and in that process I work with products so I get to design a little bit. But I couldn’t start my own line now.. I believe that it takes a lifetime to be a good designer.”

I loved this sentiment. That NOT EVERYONE CAN BE A DESIGNER. Thank you, Anna.

  • Then we got started talking about the Mario Testino Nov issue. and the cover model, Miranda Kerr. Anna asked us why Miranda Kerr was especially popular in Japan (she is HUUUUGE here..a household name). The chat turned into a topic of culture differences. Without consulting a sociologist, the obvious answer is Japan prefers celebrities who are cute rather than too beautiful to be out of reach. High-fashion designers etend to look too otherworldly– although I think that’s a given for most societies, not just Japan. Anna added, “When I saw her in Paris during fashion week, she just glowed. She was pretty like an angel.”

 

image

I love this page in the front of the magazine that features today’s ecclectic Japanese designers like Noritaka Tatehana and Sacai 現代のエクレクティックな日本人デザイナーを紹介するページ

image

The Japanese model of the moment, Mona Matsuoka in an ad for Yohji Yamamoto DISCORD ヨージヤマモトのDISCORD広告に登場する今話題のモデル、松岡モナ。

 

  • ついに今回のイシューの撮影についての話に突入。それは東京のカラフルなキャラクターやたくさんの人をみせるというストーリーに沿って、ファッションモンスターが街を練り歩いているというようなもの。メイキングビデオを以前見たけど、なんとそこには警察と戦うマリオの姿が。背景を語ったくれたAnnaが ”この撮影にはたくさんの人が参加して、それはまさにカオスだった!だから警察が来てしまって、許可は取っているのか?って。スタッフを見ると頭を抱えて”No”って言うから、私は振り返って”みなさん!逃げろーー!”って言ったの”と笑っていた。(あ〜、ソフィアコポラだって許可とれなかったというのは有名な話。そろそろ東京がもう少しこの法律を緩めてくれないかな?!オリンピック近づいたらゲリラがやばくなりそう)

 

  • 日本人モデルについて : “日本のモデルは大好き。全員好き。とっても美しいじゃない?富永愛、タオ、希子、こずえ… 業界では成功した韓国人モデルや中国人モデルが沢山いる。どうしてもっと日本人モデルがいないのだろう?私は起用したい。どこにいる?紹介して!”
    私は今まで、VOGUEが日本人モデルにフィーチャーしないのは、日本での”ハイファッション”カルチャーのイメージが白人要素が強いからだと勝手に決めつけてしまっていた。けれどAnnaが日本人モデルを見つけられないと私たちに話したのを聞いた後…これが現状か。(彼女はとても素直と信じている)…これまで、各時代にはそれぞれ日本のスーパーモデルが名を残しているが、いつも一人だけ。他の国なら同時に数人ぐらいいるのに…そして現在、海外で話題になっているのは松岡モナ。(不思議な事に今回のイシューにはヨウジヤマモトのDISCORDの広告に出ているだけで、他にはモナは起用されていない) 。他にはいないのか?これは大きな疑問だ。新生現れろ〜。

 

  • Finally, we got to talking about shooting the issue. There is a story inside which shows Tokyo’s most colorful characters, many people we all know personally, like a parade of fashion demons barraging the town. I had seen a behind the scenes  video of the issue, and there was a spot with Mario facing off with the police. Anna said, “We had so many people there, it was chaos! And then the police came to us asking if we had permission to shoot there. I looked to the staff who shook their heads “No”. So I turned to our group and said, ‘Everyone, RUN!’” she laughed….alright, Sofia Coppola can’t get permission to shoot in Tokyo, VOGUE can’t get permission (I have NEVER seen anyone get permission)… C’mon Tokyo, at this rate the Olympics are really gonna give you a headache..
  • On Japanese models: Anna says “I absolutely love Japanese models. I love them all, they are SO beautiful.  Ai Tominaga, Tao, Kiko, Kozue…. But we have so many Korean, Chinese high fashion models, why aren’t there more from Japan? I WANT to use them, but there are not enough.”  I had always assumed that VOGUE didn’t feature Japanese models because the “high fashion” culture as perceived in Japan is western and ergo, white. But after hearing Anna ask us to explain why she can’t find them (and I believe she is sincere; more on that at the bottom), …. for many many years there has only been one Japanese supermodel at a time. Right now, that person is Mona Matsuoka (strangely, who only appears in this issue in an advertisement for Yohji Yamamoto DISCORD). . But she has her own unique face; can’t there be more? It’s a big question I wish could be solved.

image

A parade of Tokyo color in this shoot taken in Shibuya. カラフル鬼な群れ!渋谷でのファッションシューティング

image

Modern Geisha (fantasy, natch) ”現代”芸者の妄想

image

The best part of this geisha shoot is her incredible nail art! このページの注目ところが日本ならではのネイルアート!

 

この時、Mario Testinoが挨拶をしにやってきた。エネルギッシュで優しい笑顔。”写真撮らせてください!ポーズ!写真の意味が分かってるねー!”

その証拠はこちらから。マリオテスティーノのインスタ:

By this time, Mario Testino came in to say hello, and he was so energetic, kind and smiley. “Let me take your pictures! Pose! Know the meaning of a photo!”

And proof of that is here, on Mario Testino’s Instagram:

Screen shot 2014-11-05 at 4.25.42 PM

 

このあと、Annaはそこにいた全員と1対1で話をした。彼女はブロガーだからって私たちを見下す事は決してしなかった。Marioも同じだ。実際、こんなことさえ言っていた。”全力で作った雑誌です。楽しんでいただけたら幸いです。ブログに書く時にはお手柔らかにお願いね”、と。 ブロガーの意見は良くも悪くもとても影響力があるからだ。

Annaがどのように若いブランドのプロモートの手助けをしているか話してくれた後( Fausto Puglisiを話題に足した彼女は今、Delpozoにも同じ事を試みている) 、一緒に写真を撮って欲しいとお願いした。すると彼女はミーシャの全身を上から下まで見た。ミーシャは固まった。”わーファッションチェックされてるーー”
今日はやめてほしかった。すでに評価は出たようだ。: “素敵な服来てるのね!” 嬉しそうな顔で”すごくかわいいわ!”と。私はミーハーではないけど、その彼女の丁寧さが歯止めになっていた。ファッション業界で”真の”成功を遂げた人はみな、丁寧な態度がなによりも大切だと分かっている。そしてVOGUE Japanには一片のビッチ感なし。エリートな内容と日本語で書かれた知識の数々。今回の芸者、侍、原宿などの写真に関しては、きっと海外向けだと思う。でも国内のみなさんも、私も、VOGUE Japanの15周年記念号(と、このインタビュー) で学べたことは、VOGUE JAPANの神的謙虚さ!

VOGUE日本をもっと語りたい方はTwitterでどうぞ!

Afterward, Anna talked to us all one-on-one and I could tell she didn’t look down on us because we were bloggers. Mario didn’t, either. In fact, they even said to us, “Please be nice to us, we worked hard on this issue. All we care about is that you enjoy the magazine,” as if it’s a bloggers first prerogative to tear anyone of authority a new one.

I asked Anna to take a photo with me, after talking about how she is helping to promote new and young brands (she helped put Fausto Puglisi on the map, and she’s doing it again with Delpozo). She looked me up and down and I froze. Uh-oh…. a fashion check. I really did not need that today. She already had her verdict: “What a great look you have!” After her photos, she dug that happy knife in deeper: “You’re so pretty.” I don’t fangirl, but the politeness was exactly the antidote I needed for my exhaustion. I have said it before, but people who are *truly* successful in fashion know that politeness goes MUCH further than bitchyness. And VOGUE Japan is less about the bitchy, elite side and more of an education tool in Japanese. Even if you didn’t like the VOGUE 15th anniversary issue, then you can at least get that out of it.

If you want to discuss more about VOGUE Japan, you can find me on Twitter.

 

READ MORE! 関連記事も読みましょう!

THE SECRET LIFE STORY OF ANNA DELLO RUSSO…AS TOLD BY JAPANESE MANGA!? VOGUE日本ファッションディレクターのアンナデッロルッソの人生が漫画化されてた?!

anna dello russo in manga

 

 

Words: Misha Janette
Edits: Natsumi Yasuoka

TWITTER: FashionTubuyaki
INSTAGRAM: MishaJanette 
FB OFFICIAL: MishaJanette-TFD
GOOGLE+ MishaJanetteFleming
WEIBO MishaJanette東京

[srp widget_title=”最近のポスト↓Recent Popular Posts” widget_title_header=”h2″ thumbnail_width=”50″ thumbnail_height=”50″ post_limit=”4″ post_content_length=”70″ post_title_length_mode=”chars” post_noimage_skip=”yes” post_link_excerpt=”yes” post_date=”no” post_author_url=”no” post_category_link=”no” targetblank_links=”yes” layout_mode=”multi_column” layout_num_cols=”4″ vf_allposts=”yes” vf_allpages=”yes” vf_everything=”no” vf_allcategories=”yes” vf_allarchives=”yes”]