日本の最もダークでミステリアス、本格的なモード x ゴシックブランドの 「アリスアウアア」。東京でオープンした会員制 “巣” に訪れてきました
alice-auaa-spring-2014-tokyo-13

Alice Auaa is a dark Japanese brand that has its own vein of humor. Think Mickey Mouse-gone-Goth. But not Mickey with cutesy batwings or anything, but more like a real dead mouse inside a Mickey ears hat and a tiny straitjacket. It’s a brand that until recently was quietly putting along, buzzing just under the surface of the high-fashion crowd…but like a zombie, it’s thrusted its fists out from under the damp earth and it’s aching for attention.

I recently visited the Alice Auaa tokyo “salon”, which opened 6 months ago in Sendagaya (a neighborhood on the fringe of Harajuku). It is technically a shop, but since it requires customers to have an appointment first, it’s more like a salon. There’s no sign out front, but you’ll know you’re there from the decoration in the window that looks like a prop from a horror movie. 

Alice Auaaは陰気な日本ブランドで、独特なユーモアがある。ミッキーマウスがゴシックになったって思えば分かりやすいだろう。だけど、可愛いミッキーの着ぐるみがコウモリの翼をつけてコスプレした、みたいなのじゃなくて、どちらかというと、ミッキーみたいな大きな耳をつけてジャケットを着てる死んだ本物のネズミ、みたいな (^^)。このブランドは、最近まで割と水面下で細々と長い間やってきていて、ファッションの地上面を生きる人たちの間ではあまり話題にもなかった。けれどついに、まるでゾンビのように、今まで眠っていた土の中から腕を振り上げて地上へ出てきた。それは、みんなの注目をかっさらうことになる。

私は先日、6ヶ月前に千駄ヶ谷(原宿の近く)にオープンしたAlice Auaa Tokyoの「サロン」を訪れた。まぁ、ショップといえばショップだけど、お客さんはみんなショップを訪れるのに予約を取らなくてはいけないの。だから、「ショップ」ではなく、「サロン」って呼んでみた。しかも、表には大きな看板が無くて、とても小さい表札みたいなのがあるだけ。だけどきっと、大きな窓から見えるホラー映画に出てくるようなインテリアを見ただけで、「あっ、ここだ。」ってすぐ分かることだろう。

 
alice-auaa-tokyo-gothic-shop-11

 

In fact, the entire store seems to have one foot in our world and one in hell. “I have tons more props in the Osaka shop, and I plan on making more for this one a bit at a time,” grinned designer Funakoshi, showing his vampire canine teeth (I’m assuming they were shaved down to make such a sharp point).

The Osaka shop is the Alice Auaa homebase, and all of the creation and business is done down there. When it opened in 1997, it was called the laboratory and was decorated with test tubes, beakers, mercury lamps and a fitting room that was once a shower used to wash dead bodies. Now the basement space is called “Garden for a Zealot” and is carefully crafted from handmade torture devices and antiques picked up from Europe. This is also a member’s only shop, and you must have a Zealot card or know someone with one to get in.

Designer Funakoshi picked up these items over the years, and he’s a regular to Europe. Before starting his Alice Auaa brand he was a buyer for the shop “Alice in Modern Time” in Kobe in 1993. He shopped in London for punk, fetish, new wave and gothic artifacts, while getting into the hardcore underground London scene. He worked with body piercers, gothic illustrators, tattooists, and attended SM events. Here he started hosting a nighttime club event called “Alice in Night Time”for some time.

確かに、このストア全体、片足この世に残して片足地獄へ突っ込んだ、みたいな感じがする。「大阪のショップにはまだまだたくさん小道具があるよ。このショップでは、少しずつ作って行こうと思ってる。」と、にこやかな笑顔から彼のヴァンパイアのように尖った歯をちらっと見せて、デザイナーの Funakoshi さんは言った。

大阪のショップがAlice Auaaの拠点となっているショップで、彼による創作とビジネスは全てそこで行われている。1997年にオープンした時、そこはラボ(研究所)と呼ばれ、試験管やビーカー、水銀灯などがインテリアとして用いられ、試着室はなんと、死体を洗う用のシャワールーム。現在、地下室スペースはGarden for a Zealotと呼ばれ、ハンドメイドの拷問器具とヨーロッパで収集したアンティークたちによって装飾されている。これは、会員のみ入れるショップだから、Zealotカードか、Zealotカードを持ってる人と一緒に行くかしないと足を踏み入れることすら出来ない。

デザイナーのFunakoshiさんはこれらのアイテムを、ヨーロッパへ足繁く通い、長い年月をかけて収集してきた。Alice Auaaブランドを始める前は、1993年にオープンした神戸のAlice in Modern Timeというショップのオーナー兼バイヤーだった。ロンドンへ、パンクでフェティッシュで斬新でゴシックな工芸品などを買い付けしながら、ハードコアなロンドンのちょっと怪しいシーンに潜り込んだり。ボディーピアス屋、ゴシックイラストレーター、彫師と共に仕事をし、たまにはSMのイベントなどにも参加した。ここで、彼はナイトタイムのクラブイベント、「Alice in Night Time」を開催し始めた。

 alice-auaa-tokyo-gothic-shop-8

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-2

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-6

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-7

By 1996 he had started his own design studio and brand Alice Auaa, and had fashion shows during Osaka Fashion Week (yes, back when the bubble economy still left some momentum and cash, there was an Osaka Fashion Week). He even had the ultra-famous actress Koyuki (The Last Samurai) as a model.

In 1999 the brand went on hiatus from showing flashy productions and instead retreated to presenting collections in its shop only to select customers. 

…until it showed up at Tokyo Fashion Week 2 years ago. This year, the brand closed out the fashion week with a show that told the story of a drowned girl (Ophelia, maybe?) and focused on water. Before, it was about a girl who mutated into a giant spider and before that is was a twisted retelling of Alice in Wonderland.

1996年になると、彼は自身のデザインスタジオで、Alice Auaaを立ち上げた。大阪ファッションウィークで何回かファッションショーを行った(そうよ、まだバブル崩壊前だったからお金が腐るほど回ってる世の中。当時は、大阪でもファッションウィークやってたのよ…)。さらに、めちゃくちゃ有名な女優・小雪(ラストサムライ)をモデルとして起用していたという事実には、驚きを隠せない。

1999年には、ブランドは表に制作発表をしたりすることを辞めて、元の「選ばれたお客様」にだけショップで発表するスタイルに戻った。

・・・それも、2年前の東京ファッションウィークまでのお話。この年、Alice Auaaは溺れた女の子(オーフェリア?なのかな〜?)のストーリーと共に、水に焦点を置いたファッションショーを行った。その前のシーズンは女の子が巨大な蜘蛛に変身しちゃった!みたいなストーリーだったり、もっとさかのぼると、不思議の国のアリスのストーリーをねじりにねじって再び語りつぐ、みたいな・・・そういうディープなコンセプトを、ファッションを通して発表している。

alice-auaa-spring-2014-tokyo-5 alice-auaa-spring-2014-tokyo-10

alice-auaa-spring-2014-tokyo-04

alice-auaa-spring-2014-tokyo-14

alice-auaa-spring-2014-tokyo-15

alice-auaa-spring-2014-tokyo-19

Photo source: WWD

Funakoshi can’t help falling back to gothic themes, but his clothes bridge a space between gothicism and high-fashion. Take away the frills and lace or pearl buttons and you have some amazingly well-cut and daring cuts in top-notch fabrics. I wore on of their pieces to meet Victoria Beckham in Paris and again during Tokyo Fashion Week and I didn’t feel like I needed to wear black nail polish or pale makeup to pull it off.

Some of the “gothic” brands in Japan are only surface deep, melding cheap fabric with gimmicks, and don’t seem to take on the heart of the movement (especially in the goth-loli brand scene). But Alice Auaa is serious about keeping it all twisted and entertaining through and through. He said, “Don’t call up my store and tell me you want to just browse. This is about a very intimate interaction between, me, the clothes, and you.”

こう見てると、Funakoshi さんはどうしてもゴシックから逃れられず。だけど、彼の作る服はゴシックとハイファッションの架け橋のような役割を果たしている。フリルを取って、レースを取って、さらにパールのボタンも取っちゃっても。目を疑うほど素晴らしい裁断と一流の生地が見えてくる。Victoria Beckhamとパリで会った時と、東京ファッションウィーク中に私はAlice Auaaの服を着ていたけど、漆黒のマニキュアを塗らなくても、蒼白なメイクアップをしなくても着こなすことが出来た。

日本のゴシックブランドの中には、表ばかり暗く、チープなギミックと生地をくっつけ、陰気にすればいいと思っているものも多いように見受けられるけど(特にゴスロリ系では)、Alice Auaaは全てにひねりを加えて、エンターテイメントを忘れない熱心さが感じられる。「私のストアに、ただふらふらと、買う気もないのに洋服を見たいという理由だけで来ることは許されない。ここでは、私と、洋服と、あなたとの深奥の関係が必要とされる。」

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-4

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-12

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-14

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-10

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-9

alice-auaa-tokyo-gothic-shop-5

As I was about to leave, I noticed the toilet with the tall tank and the rabbit man sitting on it. He was holding a paper bag with coins inside. “The customers put money in there, I don’t know why,” he laughed. 

In Japan where giving coins is hardly the custom, it’s a sure sign of affection and a bit of warmth in this retail “coffin”.

私がショップを出ようと思ったとき、とても位置の高いところにタンクがあるトイレと、座ってるウサギ男さんに気がついた。彼は小銭がはいった紙袋を持っていた。「お客さんが何故か知らないけどその紙袋の中にお金を入れていくんだよ。なんでだろう?」と、彼は笑った。

日本では小銭を渡すという習慣はあまりない。だからきっと、ここ入っているお金こそがこの「小売り棺」の魅力と温かさを示唆しているのだろう。

 alice-auaa-tokyo-gothic-shop-1

alice-auaa HP

Assistant editor: Lisa Ishiwata