mintdesigns15

ダークとかわいらしさは共存できるのか?イエス、ミントデザインズなら可能。彼らは日本発オリジナルブランドとしてこの十年、ずっとトップを走り続ける。外国風気球&巨大なアリのプリントとか、銃のターゲットマークが当てられたうさぎのプリントを発表していながら、クレイジーなブランドというカテゴライズをされていないブランドなんて、すごくレア!クレイジーな事と言えば、アジア中から群れになってやってくるファンの数。

この度、このブランド初となる作品集 ”Mintdesigns” が発売される。まだまだ得体の知れない未知数のブランド、ミントデザインズに人々が魅了される理由が明らかになることでしょう!

Is it possible to be both dark and chipper at the same time? Yes, if you’re Mintdesigns. It’s one of the most original brands to come out of Japan in the past 10 years. Nowhere else can you find a label that gets away with having collections of cute European hot air balloon prints followed by giant ants, or rabbits in a gun’s bullseye without being called a little bit crazy. But the only thing crazy here are it’s legions of fans across Asia and the globe who come in droves.

Now, with the planned release of Mintdesigns first archive book it will be much more obvious to see what draws everyone to this enigmatic brand.

Mintdesigns publishes first book of archives  ミントデザインズ作品集

 

Jellyfish DNA silk by Gucci and Sputniko kimono exhibit

クラゲのように光り、バラの香りに包まれ、そしてフェロモンがむんむんと出る女性を想像できますか? それを実現しようとしているグッチとスプツニ子! による ”Transflora – エイミの光るシルク展”が東京で解禁された。バイオテクノロジーを衣服で表現しようという、最先端的な企画は要チェック!

Could you imagine a woman who glows like a jellyfish, smells like fresh roses, and emits human pheromones?
“Transflora Amy’s Silk”, Jellyfish DNA silk by Gucci and Sputniko revealed in Tokyo yesterday is the attempt to make that a reality in clothing through biotechnology .

 

Jellyfish DNA silk by Gucci, constructed by Masaya Kushino

 

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスのネオアイコン、ネオカラス族のアヤバンビ  歩く”かっこいい”アイコン、AyaBambi!彼女たちの勢いは止まることを知らない。

AyaBambi という名前は最近すごくよく聞くようになったよね。実はちょっと前からミーシャもすごく注目してた。彼女たちの全身ブラックに気の強いストリート的なスタイルを、” ネオカラス族” AyaBambi と個人的には呼んでいるし。まだブログでは取り上げたことがなかったけれど、いよいよ日本を代表する女性のファッションアイコンとしての地位が確立したな、と感じてる。さて、その「確立した」とはどういうことかというと…

New Japanese dance icons AyaBambi are bringing sexy back …to fashion.

Now not to be rude, but if you haven’t heard of dancing duo AyaBambi by now then perhaps you’ve been hibernating for the past year. They have been on my radar now for awhile (I call them “neo karasu-zoku” which means “tribe of crows” or people who wear all black) and I think it’s time to designate them as truly new fashion icons to Japanese women and beyond.

 

Dance icons AyaBambi in Numero Tokyo with Wacoal ダンスアイコンのアヤバンビ

model on the runway at Kei Ninomiya Noir (Comme des Garcons) AW 2015-16

コムデギャルソンから誕生した才能ある若手デザイナーのブランド、ケイニノミヤ ノワールが2015秋冬コレクションにて、初めてのランウェイショーをファッションウィーク中のパリで行った。(いろんな媒体で、”コムデギャルソン ノワール”って紹介されてるのを見かけるけど、正解は”ケイニノミヤ ノワール”なのでご注意。)

The youngest designer to step into out of the Comme des Garcons institute of gifted ingenues and onto the world stage is Kei Ninomiya, who celebrated his first runway show “Kei Ninomiya Noir AW 2015-16″ in Paris during fashion week. (Many fashion pubs are mistakenly calling the line “Comme des Garcons Noir” when it is actually “Kei Ninomiya Noir”, FYI).

detail shot of Kei Ninomiya Noir (Comme des Garcons) AW 2015-16 dress

 

menswear lookbook of john lawrence sullivan 2105-16 aw

ジョンロー レンスサリバンは高度なテーラリングを得意とするブランド。(サビルローの経験もある) シャープなカットとシェイプが特徴だ。東京ファッションウィークで発表された2015-16 秋冬コレクションはそれに加えたレトロフューチャリズムな印象。

様々なマテリアルがまるで、レトロな”未来の家”から運ばれてきたみたい。毛皮の絨毯、オレンジのランプシェイド、ツイードのカーテン、つやつやで柔らかい皮の椅子…対して、そこに添えられたセルリアンブルーやジッピーオレンジはtheモダン。ベストの重ね着といった、馴染みのあるルックも登場した。

JLS’ aesthetic is built upon a thorough knowledge of tailoring (he worked on Sevile Row) so his cuts and shapes are sharp. The John lawrence sullivan 2015-16 AW collection shown at Tokyo Fashion Week is a take on retro-futurism with some of the best looks the designer has punched out.

In fact, there are many materials here that look like they were picked up from a retro “house of tomorrow”. The fur rug, the orange lampshade, the tweed curtains, the buttery soft leather brown couch… but the cerulean blue and zippy orange together are truly a modern element for today-tomorrow..

 

menswear lookbook of john lawrence sullivan 2105-16 aw

John Lawrence Sullivan 2015-16 AW

 

kimono vogue mag

 

先日、歴史ある着物屋さんに招待された。この着物屋さんは近年自己のイメージをトレンディにアップデートし、成人式などの着物を探す若者の間でとても人気 がある。ここまでは良い。とても素敵!でも、自分が着るとなると、それで写真を撮ったり観光をしたりってなると、話は違ってくる。着物屋さんに、自己流モードでルーズに着くずしてもいいか聞いてみた。自分の持っている服と、着物を合わせられたらって思ったのだ。でも、崩した着方は絶対NGとのことでした。このとき私は、伝統的な着方を守るべきだったのか、無視していいのか….?

Recently I was invited to a long-standing and respected kimono store in southern Japan that has updated itself to a trendy image and is extremely popular among youths for their coming-of-age ceremonies and others. So far so good! But then I was asked if I could wear a kimono myself. Far ahead of our appointment, I asked if I could arrange the kimono in my own way, and I specifically asked if I could wear it looser than usual. Since I have my own personal style, I requested to arrange the kimono to match some of my own clothes. But I was told the store wouldn’t allow me, and I had to wear it the traditional way or not at all. Eh? Is this the only way to wear kimono in Japan?

(above) Saki Asamiya in VOGUE Japan