Screen shot 2014-11-18 at 6.48.02 PM

[UPDATE]

日本のファッショントレンドの回転は想像通り、とってもはやいもの。(昔の裏原トレンドなんて、3ヶ月ごとに変わったという伝説がある)。今の時代では、流行の寿命はもう少し長くなった、、、が、それでも”進化”が早いのは確か。この記事の中にも出てくる各「ネオ」トレンドもそう。今回特に触れたいのが(現名称)「ジェンダーレス系」だ。みなさんの記憶からはもう消えたかもしれませんが、下記の記事 をあげた当時は(旧名称)「ネオイケメン系」と呼ばれていた。やはりトレンドの回転と進化がはやいもんだな、、、

ジェンダーレス系のトレンドは「ネオ」トレンドのどれよりも発展しており、今やジェンダーレス系アイコンのユースケデビルくんがセレブの席に座れるようになっている。また、彼に憧れたジェンダーレス男子が数多く出てきて、例えばりゅうちぇるさんがファッションアイコンとしてとても有名になっていますね。(この記事に写真をたくさん追加す ると偉い長くなりますので、気になる方は各リンクをクリックし、ご覧ください)また、綺麗な顔立ちのGENKINGさんも一流芸能人となっているこの、ジェンダーレス系の認識は一般の方の間でも普及してます。

このジェンダーレス系の「今」に触れてみると、やはり海外の注目が気になるところ。i-Dマガジンが記事をあげて、”ギャル以降、一番面 白い東京のトレンドはジェンダーレス系だ”という。また、その影響のおかげか、彼らは海外のユニセックスのことを”ジェンダーレス”というふうに呼べるようになった。海外のAFP新聞はもっと 深く取り下げて、”ジェンダーレス系はフェミニズムに当てはまるか?それともアンチなのか?”と問いた記事をあげた。私も、今のジェンダーレス系にとても感心を持 ち、Z-Tokyoのコラムでは ”ジェンダーレス系はセクシャリティにも影響を与えている?”とあげてます。

ファッションはただの洋服のトレンドで終わることが多いけど、時にこういうふうに社会の傾向を反映させることもある。”私には関係ない”と思う方でも、今回はぜひ感心を 持って、みていただければと思います。今後も、こういった美少年と中性的な美少女が増えるのか?ま、、、それが「美」であるなら、増殖しても決して悪いことではないよね。

(元の記事な下記)

In Japan, we know that trends come and go very quickly (historically, new ones came and went in the span of 3 months). It takes a little longer for the modern ones to cook, and now the “neo” trends mentioned in this article below are getting to the point of being well-done. Specifically, I want to call out “neo ikemen” which as we all know, is now called “genderless” fashion. And genderless is starting to take on a life of its own now. Where are we at, exactly? First, the genderless icon above, Usuke Devil, is all over the TV airwaves and has spawned dopplegangers such as Ryucheru (with 450k followers) and more and more “pretty boys” are popping up on Instagram all the time. And who would have thought that androgynous O-nee Genking would be like the Kim Kardashian of Japan by now?

The trend has gotten so big that the world has taken notice. i-D Magazine says that Genderless is the most interesting thing to come out of Japan since the gyaru. And perhaps from this, they were influenced to start calling “unisex” fashion “genderless” instead. Then, the AFP goes so far to ask whether Genderless hurts or helps feminism. Meanwhile, most of the Genderless boys’ fans are women, and now that the trend has hit the mainstream, many girls ask the question: “Are you gay?” “Do you have a girlfriend?” The idea of blurring sexuality through fashion and actually having it relate to sexuality is fascinating to me, and I wrote a column over at Z-Tokyo asking if they’ve got anything to do with each other (read it bilingually here).

Some people think that fashion exists in a vacuum, but sometimes…it really reflects a society at large and can offer insight into where it’s headed. So are we in for pretty boys and girls for the foreseeable future? Hey, there are worse things that could happen. Read the original “Neo Ikemen/Genderless” article below.

 

***

Original Post: 11/19/2014

今やサブカルチャーというものは日本のファッションシーンにおいて重要なパートのひとつになった。ところがそれが世間に、”守り”、”誇るべき”ものだという認識がされ始めたのは最近の事。なぜ大切にされるようになったのか、それは:

  1. 世界規模のインターネットの進化 (それにより、トレンドが雑誌に限らずSNSからも生みだすことが可能になる)。
  2. 日本の経済悪化。(だが、ファッションとサブカルチャーは経済効果がある)。
  3. 官民ファンド、クールジャパン機構の設立。

特に、3つめの”クールジャパン”の影響は大きい。日本が自国のユニークなファッションを海外に押し出していけば、利益を上げる事ができると気付き、そしてクールジャパンファンドが立ち上げられ、本格的に海外に日本の商品を売り出していくべく動き出した。クールジャパンが出来る前、海外での日本のサブカル人気度などほとんど気にしていなかった時期と比べれば、とても大きな一歩である。

そして今、この新時代のビッグトレンドは”ネオ〇〇”。頭に「ネオ」をつけるトレンドは日本国内に留まらず海外でも人気を集めている。実のところ、国内発だけでなく、実は逆輸だったりして?!そして、それは最終的に海外で受けいられるか?日本で広がる”ネオ”サブカルについて具体的に掘り下げてみましょう。また、次に来る”ネオ”を大予想!

Subcultures have long been an integral part of the Japanese fashion scene, but they weren’t considered something to be *protected* and *proud of* until recently. The catalyst for this is three-fold

1. The internet globalization

2. The struggling Japanese economy

3. The advent of the “Cool Japan” initiative.

#3 was a major turn, when Japan started to realize that selling their unique fashion culture abroad could be lucrative, instead of keeping it caged inside of Japan. Right now the big trends in this new era are being given the prefix of “neo”. And they are taking off big time, in and outside of Japan. …some of these are even being created outside of Japan rather than inside! What are some of the “neo” subcultures in Japan right now, and what new “neo” subcultures might be born soon?

 

 

muveil 2016-17 cruise collection

これは、ミュベールの2016-17クルーズコレクションの恐竜のセリフ。

「わたしはお肉食べません、いちごを食べます。」

そんな草食系のキュートな恐竜が主役。

1829(いらないわ、肉)のユニホームを着て現代にやってきた。

 

In 1829, MUVEIL created the dinosaurs. And the dinosaurs said,

“I will not eat my brothers and sisters. I will eat strawberries and kale.”

And thus, the vegan trend started and everyone went and played some sports.

Welcome to the zany cruise collection by MUVEIL, just suspend your disbelief and have some fun.

muveil 2016-17 cruise collection

117a50913f9a9b93eea53b1363c4e87d-1024x527
ファッションを仕事にする者としてどうしても見逃せない数字がある。日本で服飾を学ぶ学生の数が、1985年をピークにどんどん減少しているらしい。ピーク時約5万人の学生を抱えていた服飾業界だが、2015年、その数は30%である約1万5000人。さらにこのまま減少していくと20年後 には5000人(全盛期の10分の1)になってしまうことになる。
なぜだろう?それは、やはりデザイナーをはじめとするファッション系の職業での成功が難しいからなのか?いや、それだけではないと思う。実際、美容系やメイク、ネイル、また映画やグラフィック、フォトグラフなど、同じように厳しい道のりになる職種だと思われるが、不学生数は伸びているようだ。では、なぜ若者がファッション系に興味を持たなくなっているのか?
As a fashion professional, there is some disturbing data out there that cannot be ignored. In Japan, the peak year for the highest number of fashion students in here was in 1985. After that, the numbers just get worse and worse. While in 1985 there were at least 500,000 students studying fashion, in 2015 there were only 30% of those numbers at about 150,000. If numbers keep going in that direction, then in 20 years there will only be 5000 students studying fashion in Japan (1/10 of the peak period).
Why? Is it because it’s becoming harder and harder to be successful as a designer, or in any other position in the fashion industry? That simply isn’t true. So then what is it? In fact, other creative fields like beauty, hair, nails, film, graphics, and photography are all also “difficult” fields and yet their number of students are growing. So then… why exactly are students here abandoning the fashion industry?
スクリーンショット 2016-07-07 14.57.41

yuimanakazato haute couture 2016

“日本人デザイナーがパリのオートクチュールに12年ぶりに登場”

そんな快挙を成し遂げたのは、レディガガをはじめとする海外アーティストなどへの衣装提供で知られるユイマナカザト。なんと12年前にモリハナエがオートクチュールショーを成し遂げてから、日本人の参加はご無沙汰だったというから驚きだ。もともと、衣装提供に力を入れていた彼は量産型のプロダクトづくりより、オーダーメイドで一点一点凝ったものを作ることに向いていると自己を分析しているし、今までのクリエーションをみてもそれは一目瞭然だ。

“It’s been 12 years since a Japanese designer was seen on the haute couture runway”

And with that, Yuima Nakazato took his ouvre of costume design for the likes of Lady Gaga all the way to the top stage, as a guest member of this year’s Haute Couture collections in Paris. As we all know, to show a haute couture collection during this fashion week, one must be specifically invited by the Chambre Syndicale de la Haute Couture so being asked to a guest spot is a huge honor.

12 years ago it was Hanae Mori with her ball gowns and intricate decor for ladies looking to be glitzy. But Yuima brought his own shade of glitz, in the form of his signature holographic fabric, which turnt out that runway like a future fantastic Bjork in hyperspeed.

yuimanakazato haute couture 2016

YJ-0377

毎年おなじみの装苑賞レポートを、今年もお送りします!

今や、素材開発から力を入れなければファイナリストにも残れないような、どんどんレベルを上げてきているこのコンペティションは、豊かなクリエイティビティと若いエネルギーを持った駆け出しのデザイナーたちが参加しているため、面白い作品がたくさん見られる。

賞は全部で5つ。ルームス賞、イトキン賞、装苑賞佳作1,2位、そしてトップの装苑賞だ。回を重ねる毎に業界内からの注目度も増し、受賞者へ与えられる恩恵も盛大だ。トップには100万円と、パリへの留学資格など、他の受賞者へも賞金やミシンなどの商品等、豪華なリストがずらっと並ぶ。

さて、あなたの選ぶいちばんと、実際の装苑賞は同じかな?

若手デザイナーたちのクリエーションをぜひチェックしてみてください。日本にはまだまだ才能ある若者がたくさんいます。彼らの今後の活躍を期待したい!

It’s another year and another round of the SOEN Fashion Awards, which are considered the most prestigious of contests in Japan for discovering young talent. Every time, getting the prize gets more and more difficult as young ingenues are tasked not only with creating an awe-inspiring  3-piece collection, many now have to dabble in developing their own technology, fabric and innovative couture techniques to come out on top. …All while impressing a panel of judges that are the top in Japan, like SOMARTA, Dresscamp and Tsumori Chisato. The winner is bestowed with 1 million yen and an all-paid study abroad in France.

There are 5 “awards” in total, so let’s look at this year’s winners and imagine the future of fashion getting just a little bit more interesting.

buynow_img

 

今、世界のファッション業界で大きな議論を呼んでいるのが、ランウェイから実際に服が届くまでの(だいたい6ヶ月という)ギャップを縮めようとする”see-now, buy-now”という動きについて。(直訳すると”今見て、今買う” 。つまり、欲しいと思ってから手に入るまでの期間を短くするということ)これは、製造、販売側にしてみれば悪夢のような物流スケジュールになることは明らかだけど、それでもさまざまな矛盾が取り除かれすっきりするため、多くの人に取って結果的にはプラスに働くのではないか?と思う。

服を見て、欲しいと思ったらやっぱりすぐに欲しいし、今のペースだと服が実際に店頭に並ぶ頃にはもう次の新作、次のシーズンに頭がいってることがよくある。キャッシュフローの良いビッグブランドや、アレキサンダーワンのように資産がたくさんあるメゾンは既に”オンシーズン”のランウェイに乗り出した。さらに、この波に乗り始めるブランドもコマーシャル的なブランドからだんだん出始めている。

ファッションキャピタルシティの中でも一番コマーシャル的なニューヨーク。この街では特に”see-now, buy-now”の動きが強い。ニューヨークファッションウィークのカレンダーにはクチュールブランドではなくスポーツウェアやカジュアルウェアブランド がずらりと並ぶ。だから、ニューヨークではすでに、”see-now,buy-now”ファッションウィークが、もうすぐそこまで来ていると考えている。

ニュー ヨークが上手く回り出せば、きっと次は東京の番だ、と個人的に思う。東京はsee-now, buy-nowのアジアのキャピタルとして、沢山の人がやって来るようになると思う。すでに、クリエイティブなデザイナーの多くはトランクショーに顧客を招待して、see-now, buy-nowのファッションショーを以前から続けてきた。…東京はもしかしたら世界のsee-now, buy-nowキャピタルにもなり得るかもしれない?

Right now the huge topic of discussion in the global fashion industry is regarding disruption of the cycle from runway to delivery (usually 6 months) to”see-now, buy-now” (making looks immediately available to purchase). “See now buy now” is a logistical nightmare in terms of production and distribution, but in capitalistic terms it makes total sense. We want what we see right away, and often by the time clothes hit stores, we are on to the next thing. Big brands with cash flow and resources like Alexander Wang are jumping on the bandwagon to hold on-season runway shows and many other commercial brands are following suit.

This is especially true in New York, which has always been the most commercial of the major fashion capitals. The New York fashion week calendar is mostly filled with sportswear and casualwear instead of couture, and thus I predict a “see-now buy-now” fashion week is just around the corner.

And then, after New York gets that ball rolling, I believe Tokyo will become the See-now buy-now destination for Asia. The most creative designers here are already producing on a trunk-show schedule, and the consumers have been attending see-now buy-now fashion shows for over a decade. ..could Tokyo even become the see-now buy-now capital of the world?

05_Snapseed

Time: 14:20
Location: Yoyogi Station
Theme: Going Fashionably Meta -アナログ vs デジタル

アナログvsデジタルにまつわる話は、世間にいくらでも転がっている。代表的なのは”紙か、ウェブか”。また、ソーシャルメディア上の情報と現実の差。同じ現象が、才能あるデザイナーにも起きていると言える。アナログ派はファッションショーをし、都市部に店舗を持ち、有名人に着用してもらったり。一方、アナログ式にこだわらなくてもキャリアを積む方法が現代社会には大量にある。ひとつでもデザインやフォトグラフがオンライン上でバズれば、キャリアをスタートさせるきっかけの宣伝となる。(ヴェトモンとかね)…

There is so much talk about the material world vs the “virtual” one, paper vs the web, and what’s real vs perception in social media. The same could be said for what counts as being a “good” fashion designer. In the world of analog, it was one who put on fashion shows, had store fronts in top capitals and dressed “famous” people. But now, it goes beyond saying that there is a plethora of ways for a designer to forge a career. It could take just one hit design, one photograph, and one blurb to start a career if it takes off online (*cough* Vetements)….

All photos: Alex T Thomas