You MUST know: Mintdesigns AW 2014-15 世界が知るべきミントデザインズ。秋冬2014-15年アナーキー。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

mint_2014aw_09

Just this week, Japanese brand ANREALAGE wowed the fashion industry with their debut on the Paris Fashion Week schedule. After speaking to some international press, a general consensus was that is was of course, “Amazing”, but they also wondered what other brand from Japan is also worthy of being brought into the limelight. That of course, would have to be mintdeisgns, the long-running brand that will be the TOP ticket during Tokyo Fashion Week starting Oct. 13. Just why is it one of the best? …

 

つい先日、東京発ブランドの「アンリアレイジ」のパリデビューで世界的に大注目を浴びた。海外メディアの意見を聞いてみると、「他に注目すべきブランドってなんでしょう?日本から次にパリデビューしたらいいというのあるかしら?」と。来る10月13日からはじまる東コレでも見れる、私が断然にすすめたいのは東京馴染みのミントデザインズ。それはなぜかというと…

 

mint_2014aw_31

続きはこちら|Read the rest here

メイクアップフォーエバー30周年記念をパリコレで開催!Make Up For Ever 30th Anniversary with Kenzo, Pucci

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Screen shot 2014-09-28 at 4.55.22 PM

ファッションが自分自身の世界観をつくるのにとても重要な役割を担うように、メイクアップもまた大切な要素。ミーシャはハードコアなファッションムードのときに Make Up For Everというブランドの黒やオレンジのリップを使っているよ。この”ファッション”コスメティックブランドは世界でトップを争うブランド。なぜなら、数多くのファッション界やエンターテインメント業界のメイクのプロフェッショナルに愛用されているから。

今LVMHの一員となったこのブランド。創設者でありメイクアップアーティストのDany Sanzはメイクアップ界の革命児。ファッション界でいうコムデギャルソンのようで、業界にはDanyスタイルの作品がたくさんあるのだ。ミーシャは今回、パリでファッションウィーク中に開かれたこのブランドの30周年パーティに招待していただいた。また、ヨーロッパの”ハリウッド”といわれるところにも足を運んだ。そこでちょっと意外なサプライズが…。

”ファッションはあう意味アートだ” に共感するみなさん、メイクアップだってそうなのですね(男性にも特別なメッセージある!↓↓ )さて、先へ…

As much as I believe fashion is an utmost important factor in creating your own unique world and persona, there’s a LOT to be said about how makeup helps us get there. And the Make Up For Ever brand- which I use when I am in the mood to be hardcore about my personal style (think black or orange lipstick) is one of the most “fashion” cosmetics brands in the world. I say that because of how it is actually one of the most widely used brands by all makeup professionals in the fashion and entertainment business.

Owned by LVMH now, the founder is actually a makeup artist herself, Dany Sanz, and she’s a Goddess in the makeup community… a game-changer like Comme des Garcons. There is a lot of art involved here in Dany’s style… so I was honored to be a guest at their 30th Anniversary Party held in Paris during fashion week. I also visited the “Hollywood” of Europe, where there were some crazy surprises in store. If you believe fashion is art, then makeup is all that and more. Read on…

THE ART OF ILLUSION


続きはこちら|Read the rest here

Takahiro Miyashita the Soloist goes LIVE 2014-15 AW タカヒロミヤシタ the ソロイストがLIVE演奏 秋冬21014-15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

soloist_14aw_21

 

Takahiro Miyashita is Japan’s answer to Hedi Slimane. When he was designing (n)umber (n)ine, he was hailed as a genius, but also a  recluse, and just as obsessed with music and photography along with his fashion dayjob. His subsequent brand, “Soloist” is an extension of that eclecticism. The idea is that “Every person performs in their own world.”

In that vein, the theme for his 2014 AW collection is LIVE. Miyashita said he wanted to create clothes “with a `live` atmosphere”. What exactly did he mean by that?

ソロイストの宮下タカヒロは日本のヘディスリマンのような存在だ、と私は思う。元ナンバーナインのデザイナーだけあって、その天才性が世界に認められる中、表に殆ど出ない、しかも音楽やカメラワークにも幅広く自分の才能を注げるロックスターレベルのデザイナー。

彼の現在手がけているブランド “ソロイスト”には、各個人が独自の世界を奏でる”独奏者”になれるようにと、デザイナーの意志が詰まっている。

そんな精神に基づいた、タカヒロミヤシタ ザ ソロイストの2014awのテーマは”LIVE”。LIVE感のある服をつくりたかった。と語るデザイナーミヤシタさんが送り出す”LIVE感”とはどんなもの?

soloist_14aw_17

続きはこちら|Read the rest here

FURLA Neo Pop bags for SS 2015 フルラのネオPOPな春夏バッグたち2015。ミラノより中継!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

続きはこちら|Read the rest here

“written by…” the new crazy is calm. Tokyo 2014-15 「リトゥンバイ…」狂気と冷静の隙間。秋冬2014-15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

written_by_14-15aw_07

Designer and artist Yoshikazu Yamagata has come up from the wayside to be one of the most celebrated representatives of Japanese fashion culture as art.

He is a creator and a teacher at his own fashion school, but it seems it has been a while since we had seen any fashion from him. In comes his new line “written by…” a contemporary answer to his experimental and goosebump-inducing ideas put forth in his writtenafterwards  brand.

日本を代表するクリエイターのひとり、山縣良和。

多才なアーティストでありながら、ファッション教育にも力を注ぐ彼はどのように己の道を進んできたのか?また、新しくスタートさせたwritten byとはどんなブランドなのか?writtenafterwardsとの差別化は?

アーティスティックな彼が発信するクリエーションはエネルギッシュでパワフルで、見る人を圧倒する。まさに鳥肌もの。

written_by_14-15aw_01

 

続きはこちら|Read the rest here

中編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 2. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

PART 2 先日デザイナーの友人に会って、この話をあげなければと確信した。彼は、今ジェネレーションで成功してるストリート発ブランドのひとつ、ジョイリッチのクリエイティブディレクター、デイビッド。 彼は、あるお客さんからもらったメールについて話してくれた。 “ジョイリッチ大好きです!でも、安いチェーンストアで全く同じものが1000円で売っていたら、正直ジョイリッチの9000円の服を買う気がなくなります。” 彼は呆れたように笑った。 ジョイリッチファンがわんさかいる原宿の裏通りに入ると大きな問題が見えてくる。個性的で過激でエッジの効いたショップにパクリ問題が発生しているのだ。これは、ルイヴィトンやシュプリームのようなビッグブランドの盗作という話に収まらず、数え切れないほどのショップが、近所のショップのコピーを作り、まるで自分の製品のように平気な顔をして売っているのだ。 取引した覚えのない店に似た服を見つけたり、ロゴやモチーフのコピー商品を身に付けた消費者を見かけたり。そんな被害者はジョイリッチだけじゃない。日本のストリートカルチャーはこのままコピーカルチャーと化すのか?   My designer friend who compelled me to write this series has created one of the most successful brands in the street style realm of this generation. His name is David Melgar and his brand is Joyrich. He told me about a message he received: “I love続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here