アキラナカの凛とした個性。春夏2015年コレクション The Akira Naka effect. 2015 SS

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

16

デザイナーは、”私はリアルなものをデザインしたい”という方がいれば、”私はファンタジーをデザインしたい”、というのもいる。

デザイナーの中章さんは?

“洋服は感動を伝えるためのツールであればいい”と語る。美しいものや新しいものを作るデザイナーが五万といるなかで、彼はそれだけではない”ストーリー”や”趣”をも大切にデザインする。

誰よりも顧客のニーズを考え、顧客に喜んでもらおうとする彼の優しさや気遣い、と同時にファッション業界全体を第三者的目線で外から捉え、冷静に分析しながらもめまぐるしく移り変わる流れと膨大な情報量にまどわされない広い視野。そこから生み出されるのは彼が”本当につくりたいもの”。インタビューやTwitterで彼が発言しているように、ファッションと真剣に向き合う姿勢を見ると、洋服づくりに込められたストレートな愛と凛とした強さを感じる。

今日本に必要なのはこういうデザイナーかもしれない。独自のスタイルを貫き、探究心を持ちつつニーズに対応できる引き出しの多さは、今後のファッション界を生きていく上で必要不可欠な力だと感じる…

Fashion designers tend to live by one of two philosophies. One is, “I design clothes to be worn by the modern woman.”

And the other…”To me, clothing should be a tool that communicates emotion.” So says designer Akira Naka.

Although two designers both might end up designing the same item– say, a trench coat, the intention (and personality) behind it really can change. Are you drawn to the pragmatic? Or to the storytellers? Akira Naka is certainly in the dreamer camp.

In Japanese, there is a word, “rin” (凛とした)which describes a commanding demeanor and pride, but in a graceful and dignified way. The way Mr. Naka designs and presents his work is worthy of being given the virtue of “rin”. As a graduate of the Royal Academy in Antwerp, we all know he has artistry up the wazoo, but he molds that creativity into a shape that is palatable with worth (this interview of his is in Japanese, but if you can read it, it’s a good look into his thought-process in how he shifted his focus from serving up identity to serving up fashion after the Great Earthquake in 2011-and coming out the better for it)

23

Caption: The Akira Naka trench. Is it telling you something?

続きはこちら|Read the rest here

世界が嫉妬する東京ショッピング!色でもの選ぶ「IROYA」。Tokyo’s best shopping: IROYA

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

iroya-misha-janette-ana-P123073

自動販売機、ネイル商品のラック、布屋さん…これを目にするとどうにもわくわくしちゃう!だってすっごくカラフルなんだもん!洋服屋さんというのは通常、色別にディスプレイするというよりはスタイルやブランドで分けて陳列しますよね。でも、自分のクローゼットを見てふと気付いた。何となく色やトーン別に並べていたのだ。もっと、色に着目して買い物するのもいいかもしれない。それなら、”色”ごとにセールス展開するコンセプトショップ、”IROYA”がぴったり。東京のベストショッピングスポットのひとつだと思う!埋め込み画像 1

There is one reason that vending machines, nail polish display racks, and fabric stores get me excited: the pretty array of colors! Clothing stores don’t usually separate their goods by color, but instead by style or brand; and yet, I find my own closet to often be organized (used here very….loosely) by color and tone. Perhaps we SHOULD be shopping by color more often? That’s where IROYA comes in. It’s a concept shop that sells goods by color, and I think it is one of the best stores in Tokyo.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

続きはこちら|Read the rest here

リミフゥ2015春夏コレクション。「いろんな顔をもつ女は良い女」Limi Feu 2015 SS: Wear all the damn hats.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

LIMI-feu-2015SS-20141121_007-thumb-660x990-339173

リミ本人のほど、洋服にそのかっこよさが反映させられるもんかな?笑 ま、今回のリミフゥ2015SSでは、そのレベルにもっとも近づいていると思う。コレクションのなかで見られたパターンのバリエーションは過去最多だったかもしれない。映画のフィフスエレメントのようなものもあれば、ボーイッシュなパンクのようなものもあったり、まさにリミ!って感じのドンピシャのもあったり。なにか、彼女の中で変化があったのだろうか?(ほら、色ものも多数あったり…ノーブラック、ノーライフじゃなかったっけ?)そうそう、実はリミはつい最近お母さんになったばかり。今回見られた変化は、もしかしたらそれが理由なのかも?
とか言うとたぶんリミ本人はこう言う。 “いいからとりあえず服を見ろ” って 笑

Is it possible for Limi Feu’s clothing to match the inherent coolness of the designer herself? Not sure, but she’s giving them her best shot. For the SS 2015 collection, Limi showed us a more varied palette than perhaps we’ve ever seen. At times it was a little Fifth Element, and at times it was boyish pauper, while others were Limi to a T (or L). Is there change in the air? Perhaps, the colors in here are standout enough to wonder just who spilled the dye into her cauldron of black fabric. Limi herself actually just became a first-time mother so perhaps that’s where the horizons are opening up?

At this point Limi would tell me, “Shut the f*ck up and just look at the clothes already.”

OK!

LIMI-feu-2015SS-20141121_084-thumb-660x990-339249

The designer in her Doc Martens collabo boots which are AMAZING.

続きはこちら|Read the rest here

NYコレを代表するカルバンクラインが2015-16AWでタイムスリップ!Calvin Klein learns to time travel, invents metallic cashmere

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

CALVIN KLEIN Collection Presents the Women’s Fall 2015 Runway Show

ショーに、そのデザイナーの服を着て出席すること。これ以上に気分を盛り上げてくれるものはないでしょう。セレブな顧客気分に浸れるし、まだ誰も着ていない新作をゲットできるか否かのスリルもそこにはあったりする。まさに自己アピールの場。だから、NYの滞在先で宅配便のお兄さんがくるのをまだかまだかと待っていた。そう、2015ssのカルバンクラインの洋服が届くのを、本当の本当にぎりぎりまで粘って待った。どきどきはらはらしながら時計を見る。もうタクシーを呼ぶには遅すぎた。ついにタイムリミットがきてしまい、地下鉄へ向かって一直線にドアを出た。どうかショーに間に合いますようにー。…と同時に玄関に宅急便のお兄さん到着。マイペースなNYに予想もしなかったスリルをもらい心臓ばくばくだったある日。とりあえず裸は免れたミーシャ。

ブロガーやインスタグラマーが垣根を越えてショーへ進出してくる前、そしてミーシャ自身もただショーに足を運ぶだけではなくてSNSを仕事のツールとして活用し始めるようになる前、カルバンクラインのNYコレクションに出席した時の事を思い出す。当時ミーシャはジャパンタイムスと共同通信のライターをしていた。今考えれば、あの頃はライターという仕事を履き違えていたように思う。例えば、テーマはなんだろう?とこだわったり、どうやってひとつの記事にいくつものブランドを取り上げよう?と悩んだり、このブランドについて、鋭い意見を述べるだけの知識があるのか?歴史を知ってるのか?と不安になったりしていた。

でも今、重要視するのは ”落ち” はどこか。時にそれは、セレブの話やバックステージのスナップ、もしくはミーシャ目線で激写したiPhone画像。カルバンクラインはニューヨークファッションウィークでトップクラスのブランド。このショーのとき、街は大にぎわいで、と同時に欲しがりなファッショニスタたちをしっかり楽しませてくれる。まさに、NYFWの完璧なレシピ。

さて、カルバンクライン2015年FWコレクションのお味はいかがでしたかって?

There’s nothing more exciting than being dressed by a designer for their show. It makes you feel like a celebrity for one, and the other is getting the thrill of wearing something that no one has yet before. It’s a power trip, yeah. So that’s why I waited in the apartment for the messenger to deliver my garment bags from the main Calvin Klein Collection SS2015 until the absolute very last minute. I nervously watched my clock. It was too late to call a car now. And finally, I ran out the door to catch the subway, my only hope of even making it to the show on time just as the garment bags reached my threshold. The ambling nature of NYC had already given me an unexpected thrill. At least I wasn’t naked.

I do remember watching a Calvin Klein Collection show at New York Fashion Week, before blogging and Instagram-ers had transcended the rope, and before it became my job to be one or not attend at all. I was either writing for The Japan Times or Kyodo Tsushin at the time, but looking back, I was observing it in a totally different way: what was the overall theme? How can I tie it into the other shows in one article? Do I know the history of the brand enough to keenly observe it in the present? 

Now, the only thing that matters much is “where is the punchline?”. A celebrity, a sneak backstage, or a clear dramatic shot taken with my iPhone (#myownphoto). Calvin Klein is one of the top brands on the New York Fashion Week ticket, and it is both above that hullabaloo but also ready to serve it to our hungry maws at the same time. It is, at once, the perfect recipe for a New York fashion show.

So how did Fall Winter 2015 taste?


calvin-klein-collection-w-f15
 

続きはこちら|Read the rest here

キューン2015春夏のカビパンコレクション Cune 2015 SS, the moldy bread collectio

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

基本 CMYK

これ…誰が買うの?と思うようなものや、”どや!”と言わんばかりのものが多いハイファッション。

キューンは大好きで、日本で最もアバンギャルドなブランドだと紹介した事もあるくらい。やっぱりあれは本当だったと感じた。この2015春夏コレクションはカビたパンがテーマ。そう、カビ!古いパン!こういう意外なテーマを掲げるから、誤解されやすいキューン。今回のコレクションは…不潔なパン。

Cune…cune…. c u n e.

 You know when people look at some high-fashion and they’re like, “who would BUY that?” and us fashion fans are like, “You’d be surprised, yo!”.

I`m kind of in the former camp on this particular one.

And I love CUNE. In fact, I called them the most avantgarde brand in Japan. I was being a bit facetious (there are is a lot of avant-garde to be found here) but this time I might have hit that nail on the head AND the bum.

This 2015 spring summer collection is based off of moldy bread. Yes! Moldy, rotting bread. And CUNE tends to get quite literal with their themes. So this one does look like…bacterial infested bread.

基本 CMYK

続きはこちら|Read the rest here

アレキサンダーマックイーンの過去と未来をつなげる桜 2015春夏 Alexander McQueen’s future sakura in bloom SS 2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

アレキサンダーマックイーンのショーを生で見る事はずっと前から抱いていた長年の夢でした。嬉しい事にその夢は思ったよりもはやく実現させることができたのだけど、あの経験は今でも胸に響く素晴らしい瞬間で、くすんだ現実とは到底比べられない。ただの服と言ってしまえばそれまでだけど、ランウェイ上で繰り広げられるあの15分間は浮世離れした美しい世界だった。 マックイーンの生でコレクションを鑑賞したのは今回が初めてでした。デザイナーのサラバートンに心からお礼を言いたい。エディターの間でも席を確保するのが大困難な最近のコレクション事情の中でも、私がショーを見れたのは心から感謝している! 2015春夏のマックイーンは見応え抜群だった。だって、馴染みのあるディテールがいろいろ…例えば桜、侍、寿司。(って寿司は冗談!) 最高にモダンなジャポニズムの風を、マックイーンが運んできた It had always been a dream of mine to attend an Alexander McQueen show in person- that dream was dashed quite early on in my career, but even now witnessing a show is a magical experience that can hardly be compared to anything in the realm of dull reality. “It’s just続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here