05_Snapseed

Time: 14:20
Location: Yoyogi Station
Theme: Going Fashionably Meta -アナログ vs デジタル

アナログvsデジタルにまつわる話は、世間にいくらでも転がっている。代表的なのは”紙か、ウェブか”。また、ソーシャルメディア上の情報と現実の差。同じ現象が、才能あるデザイナーにも起きていると言える。アナログ派はファッションショーをし、都市部に店舗を持ち、有名人に着用してもらったり。一方、アナログ式にこだわらなくてもキャリアを積む方法が現代社会には大量にある。ひとつでもデザインやフォトグラフがオンライン上でバズれば、キャリアをスタートさせるきっかけの宣伝となる。(ヴェトモンとかね)…

There is so much talk about the material world vs the “virtual” one, paper vs the web, and what’s real vs perception in social media. The same could be said for what counts as being a “good” fashion designer. In the world of analog, it was one who put on fashion shows, had store fronts in top capitals and dressed “famous” people. But now, it goes beyond saying that there is a plethora of ways for a designer to forge a career. It could take just one hit design, one photograph, and one blurb to start a career if it takes off online (*cough* Vetements)….

All photos: Alex T Thomas

donnah mabel 2016aw
近くで見た瞬間、手にとって見た瞬間、着てみた瞬間…
その服のクオリティの高さに驚く瞬間というのはいくつもある。
そしてDonnah Mabel 2016 fall winter の場合、展示会場に入りその空気に触れたとき、それが”その瞬間”だった。
ストリートブランドやハイブランドの真似事ブランドとの圧倒的差を感じた。凛と張りつめた空気の中に美しく並ぶ服たちや、マネキンのスタイリング、シューズやヘッドピース、バッグなどひとつひとつのアクセサリまで息をのむクリエーションのオンパレードだった。
本当にわくわくしたし、感動したし、感情が高まって震える程。まさに身震いするような鳥肌ものとはこのことで、そんな感覚はすごく久しぶりな気がした。

There are times when you can spot a piece of luxury clothing from afar. It’s got sparkle, it’s got charisma, and it’s *just* unique enough to be one step ahead of today’s commercial trends. And then there are other luxury pieces that are more simple to the eye, but their fit and touch give them straight away. The fabrics smell of authenticity, they melt onto your figure, slip effortless over your shoulders, and are a delight to touch.

When I stepped into the showroom for the mysterious debut collection of Japanese brand Donnah Mabel 2016 FW, I had NO clue what I was going to see. There was no website, no description. A street brand? Another commercial line? But with one sweeping look at the racks and presentation, it was immediately apparent: “My GOD! Is this…. a luxury brand!!?”

donnah mabel 2016aw

ロサンゼルスは、ファッション過疎地?ストリートスタイルのパラダイスってわけでもないし、クチュールメゾンがはびこってるわけでもないけど、今敏感な人たちは感じている: ロサンゼルスが、ニューヨークを差し置いてファッション業界を牽引するビッグシティになろうとしていることを!

“モスキーノがロスでショーやったのね!” と興奮した様子の友達。”エディスリマンがサンローランの拠点をロスに移動したし!”と、また他の友達。ふたつのブランドのふたつのショーってだけじゃ、まだファッションキャピタルとは言えないけど。

では、LAのクリエイティビティの根源はどこにあるのか?隅々までチェックする必要があると思う。それが、一体どこで生まれ、どこで大きくなっているのか。ニューヨークやどこか他のファッションシティのコピーではなく独自のスタイルを確立しているのか。ロスにファッション性をもたらしている新しい動きは誰によるものなのか?何によるものなのか?直接足を踏み入れてこの目で確かめる価値あり。

 

Is Los Angeles a fashion wasteland? No…. but, it’s not exactly flush with the waters of street style parades or endless couture maisons either. But there are certainly whispers in the air that LA is going to be ramping up its fashion pull to try and put a dent in rival New York City. “Moschino is going to be showing here!” squealed one friend. “Hedi Slimane moving Saint Laurent here has and will continue to do wonders!” said another. But two brands and two shows does not a fashion capital make.

So then we have to look deeper, into the nooks and crannies and see where the creatives in LA really are. The ones forging their own style born and bred by the city, and not just mimicking those of NY or abroad. It’s people like this that bring a city into the fashion spotlight, bringing something new to the table that people will happily travel long distance to see in person.

There, I was able to meet up with Steve David, a hair artist and designer of avant garde headpieces who loves the city he grew up in and is banking on it getting its (and his) time to shine.

kansai yamamoto 2016

「ツアーで着たい」

デイビットボウイのそんなひと言からはじまったふたりの関係。
日本のスピリットとボウイの世界がバーンとぶつかったような衝撃的なあの図は今や伝説的だ。

一方2016年6月、満を持して山本寛斎さんが動き出した。
今までのアーカイブからグラフィックをリバイバルしたカジュアルウェアのブランドをスタートしたのだ。

今回のリバイバルライン「kansai yamamoto」は、デイビットボウイに対する寛斎さんなりの想いも込められているのではないだろうか。
男の友情、ロマン、そういう言葉の似合う方だから。

“I want to wear this on my tour”

And with these words, the longstanding relationship between designer Kansai Yamamoto and David Bowie (nee, Ziggy Stardust) began. And how these two created something new by smashing together Japanese culture with Bowie’s charismatic style is now stuff of legend.

And on June of this year, Kansai Yamamoto is embarking on another journey, trying to keep the legend alive with a brand that is far more accessible than any of his artistic pieces have ever been.

This “revived” line is called “kansai yamamoto” (stylized in small letters) and very likely came about from Kansai’s desire to re-approach the relationship he had with Bowie, in a romance that was born from art.

david bowie in kansai yamamoto costume

TIME: 18:30

LOCATION: Nobis Hotel, downtown Stockholm

THEME: Stockholm Syndrome ~ストックホルムシンドローム~

この間、仕事でスウェーデンのストックホルムに行くことがあり、そこでファッションデザイナーのPatrik Guggenbergerにお会いした。自身のブランドを立ち上げる前に、スウェーデンのアクネやニューヨークのアレキサンダーワンで経験を積んだ。そしていよいよ今、アクネに匹敵するようなクールなデザインチームを立ち上げ取り組み始めた…

Recently I had the opportunity to travel to Stockholm, Sweden and meet up and coming fashion designer Patrik Guggenberger there. Patrik has worked for Acne Studios in his native Stockholm as well as Alexander Wang in New York among others, and is now on a new design team set to rival Acne in coolness…

All clothes by Patrik Guggenberger

Balmung 2016 FW

ジェンダーレスファッションが世界中に広がりを見せる中、東京のそれは独自のスタイルを生み出し、確立している。

もともと、体型やカルチャー的に海外より性差の少なかった日本という国は、ある意味ジェンダーレスファッションというジャンルの先進国と言える。つまり、ジェンダーレスはたぶん日本の得意分野。

2016awのバルムングは特に、”東京美学”があってこそのクリエーションだと思う。超ビッグシルエット、超ビッグシューズ、スクールユニホームのディテール、レース使い…どれも、海外の人にはない感覚やセンスの表れのように感じる。

 

As the neo wave of “genderless” fashion becomes more and more prevalent across the globe, Tokyo still manages to present it’s own singular version of the trend.

 

Japan hasn’t that much of a gap between body types and even gender types (in traditional clothing) like the Western cultures to begin with, so one could say that the country is a purveyor and catalyst for genderless fashion from the start.

 

For one of my favorite street fashion brands is Balmung, and for their 2016 AW collection, that Tokyo “genderless” singularity was out in full force.  The silhouettes and shoes were mega sized, with details culled from Japanese school uniforms and capped with lace finishings. I see it as a kind of stoic chaos that fittingly represents Tokyo’s deep pool of juxtapositions.

DSC_3572

millesgarden with volvo v40

スウェーデンは、デザインに定評のある国だ。ファッションの分野を見ても、アクネ・ストゥーディオス、アンソフィーバック、チープマンデーなどどれも人気があるし、何より、イケアの家具や雑貨は今や世界中のどの家庭にもひとつくらいあるのではないか?そんなミニマリストで魅力的な美的センスに触れるべく、スウェーデンの大都市ストックホルムへ行ってきました。

ボルボは、スウェーデンの会社の中でも特に大きくて有名な企業のひとつで、環境に優しい最新クリーンディーゼル車V40を開発した。最新車公開のコマーシャルや広告板の制作にあたり、ストックホルムの若き才能あふれるイノベーターたちを迎えたそうだ。そのプロポーション方法は無駄がなくスタイリッシュな(実は素朴でもある)ものとなっている。

Sweden already has high favorability points among design apostles; they have given us Acne Studios, Ann Sofie-Back and Cheap Monday in fashion, and no one can deny that the charming furniture from Ikea hasn’t found it’s way to every house on the planet. To discover this world of minimalist eye-candy for myself, I went to the capital of Stockholm.

One of the biggest and most renown Swedish companies is Volvo, and they’re gearing up (pun intended) for the global rollout of their city-and-highway friendly car, the V40. For it, they enlisted a handful of young artistic innovators in Stockholm which appear in commercials and billboards all over the city. I got to meet one of them who is one of the most promising young fashion designers today, and was taken on a journey of epically stylish (and frankly idyllic) proportions on the way.

Misha Janette Tokyo Fashion Diaries for Volvo V40 City Experience in Stockholm.

  1. model wears yohei ono 2016 fw collection

“ファッションを見ること”を仕事にするということ。それは、毎日毎日何時間も洋服を見るということ。そんな日々の繰り返しの中では時に、コレクションやブランドに対する意見が変わり、浮かび上がる評価は曖昧な空模様のように不安定だ。

今まで見たことないから、”良いもの”なのか?(それがやりすぎでも?)売れる服が”良いもの”だと評価されるべきなのか?(これといった特徴がない服でも?)それはむしろ数学的で、分析しアルゴリズム的手順を踏んで導かれる。それを意識しすぎると、楽しいはずのエキシビションやショーが途端に色を削ぎ取られてしまう。

でも、どのコレクションにも、”何か”感じるものが見つかるはず。チェックリストなんかにはハマらない、”何か”を感じることがある。それこそが、Yohei Ohnoの2016秋冬コレクションに対するミーシャのフィーリング。個人的な意見だけど、東京のこのシーズンでベストのコレクションの1つだと言える…

When it becomes one’s job to look at fashion all day long, every day of the year, your opinion on a collection or brand can ebb as precariously as the rainy season’s skies. Should I say it’s a good collection because it’s something I have never seen before (even if it’s far too much?). Should a collection be called good because just maybe they made something that might sell (but looks like everything else?). So it becomes very analytical and follows an algorithm like x2+$y=★. It really starts to take the fun out of trawling through exhibitions and shows.

But then every once in a while a collection comes along where you can see there’s something in there…it speaks with feeling, not with a checklist. That’s what I felt with Yohei Ohno’s FW 2016 collection and I have to say this collection his all the makings of being one of the best to come out of Tokyo for the whole season.

model wears yohei ono 2016 aw collection