SASQUATCHfabrix asks “What is Avant-garde?” AW 2014-15 一体アバンギャルドって何?サスクワァッチファブリックス秋冬2014

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

L02

What IS “avantgarde” ? Is it something merely ahead of it’s time? Imagination vs power? is it possible to be truly avantgarde and still accepted by a majority? A typical impression of something avantgarde is probably very outlandish and garish, but looking at this “avantgarde” collection by Japanese menswear brand SasquatchFabrix, we see that stereotypes can’t always be trusted.

This brand took it upon themselves to come to their own conclusion. What did they find?…

“アバンギャルド”という単語がますます広がりを見せているこの頃。その単語に出会う機会が増えたと同時に、”アバンギャルド”な格好をする人ももちろん増えた。…それって、もはやもう”アバンギャルド”ではないのでは?今や、本来の意味”前衛的”を無視して、”奇抜”や”派手”といった意味にすり替えられ、言葉だけが先行してひとりあるきしているように感じる。

そこに着目したコレクション、2014awのサスクワァッチファブリックス。”?衛前 What’s Avant-Garde”と題されたコレクションには彼らの”アバンギャルド”が投影されている。

アバンギャルドなデザイン?アバンギャルドなシルエット?アバンギャルドなディテール?アバンギャルド”な思考?なにをもってアバンギャルドとするのか、それはある意味今ファッションに携わるものの大きな課題だったりする。

今シーズン、サスクワァッチファブリックスが提案するクラシカルなアバンギャルドはその課題にどう迫ったのか?

 

続きはこちら|Read the rest here

アントワープ6の日本人版?ミキオ、アキラ、中里、セオ、ホリウチの現状 Meet the Antwerp 6 of Japan: Mikio, Nakazato, Seo, Akira & Horiuchi

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

IMG_7135-0.JPG

 

アヴァンギャルドなファッションで世界を驚かせた伝説な6人、「アントワープ6」。Dries van Noten、Walter van BeirendonckやAnn Demeulemeester。アントワープ王立芸術アカデミーを卒業した後に彼らがタッグを組み、ロンドンでゲリラ合同発表したことによって新しいファッション時代を巻き起こしたことで有名。その後バラバラになったが、今でも業界を引っ張っり続ける輝く彼ら。

実は、アントワープで同時期に学び、今輝きを放つデザイナー6名が日本にもいます。

ミキオサカベ、AKIRA NAKA、HIDEKI SEO、ユイマナカザト、そしてTARO HORIUCHI 氏。

彼らは海外のコンペティションで賞をとったり首席で卒業したりと、学生の頃から他を圧倒させる輝きを放つ逸材であったことは言うまでもないでしょう。業界を牽引することになるデザイナーたち。日本が世界に誇る多才な人材。

さて、自らデザイナーとしての道を切り開いた有能且つ努力家な彼らはその後どんなクリエーションを世に送り出してきたのでしょうか?さらに磨かれたセンスと独自の色をどんな風に作品に投影しているのでしょうか?彼らの近況とベストコレクションを通して、彼らの”今”を見てみましょう。

You will have heard of the famous “Antwerp 6″. This was a collective of 6 designers who ushered in a new era of avantagarde fashion, after banding together at the Antwerp Royal College of Art where they were classmates.  Designers such as Dries Van Noten, Walter van Beirendonck, and Ann Demeulemeester. Although they have all gone independent, their brands remain influential and their story legendary.

In fact, there are 6 Japanese designers making waves in the avantgarde world now who were studying at the Antwerp Royal Academy at the same time.

Mikio Sakabe, Akira Naka, Hideko Seo, Yuima Nakazato, and Taro Horiuchi.

These 6 have graduated at the top of their classes, gone on to win international competitions and are now creating waves with their own brands 7 years later. Let’s take a look at their best creations and see what they are up to these days… will they be able to change the world like the 1st Antwerp 6?

20140828-185421-68061985.jpg

 

続きはこちら|Read the rest here

Taro Horiuchi ‘Pope’ collection winter 2014-15 Tokyo キーワード:毒入りチャーミングさの巧み。タロウホリウチ秋冬2014

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

tarohoriuchi_14aw_16

Taking a page from the wonderfully creepy “study of a pope” series by Francis Bacon comes this 2014-15 collection by Taro Horiuchi titled “Role Play”. The final collection is hardly a nightmarish vision however, with pretty pastels and lovely flower motifs set on a bed of graphical, sporty designs.

Taro is not your typical designer in that he has a history or artistic endeavors that started with his graduating from the Royal Academy of Antwerp at the top of his class, winning the Italian ITS Award, and subsequently turning down an offer from Dior Homme to return to Tokyo instead to start his brand…

フランシスベーコンのあのゾッとするような”ローマ法王シリーズ”をソースにコレクションを発表したのはタロウホリウチ。コレクションのタイトルは”ロールプレイ”。悪魔的要素を主張しながらもパステルカラーやフラワーモチーフなどのキュートな要素も含んだ、グラフィカルでスポーティなデザインだ。

外見的にカジュアルにデザインするタロウホリウチですが、実はかなりアート的な経緯を持つ。彼はアントワープロイヤルアカデミーを首席で卒業。また、ITSアワードで賞を獲得するなどキャリアを積み、帰国して東京に。その際ディオールオムからのオファーを蹴ったという話もある。

 

taro-horiuchi

Francis Bacon’s “Head V1″

続きはこちら|Read the rest here

The coolest Japanese brand you don’t know yet: The Reracs あっちこっちで見ている謎のブランド「ザ・リラクス」って何?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

TheReracs_14aw_04-tokyo

A brand started popping up on Numero TOKYO recently, and every time I’ve seen a cool outfit credited to this “The Reracs” I’ve gotten curiouser and curiouser. It seems chic, has a fair price point, but most interestingly at all, it was designated as a Japanese brand. Not one that I was particularly familiar with, it didn’t even vaguely ring a bell. I pride myself on knowledge of Japanese brands, but I don’t presume to know them ALL. And yet here is one on Numero with the likes of Sacai, Toga and other well-treaded labels. What is The Reracs then?? There wasn’t anything written about them in English I could even find, so consider this (maybe) the first…

そのブランドはヌメロトーキョーに突如登場した。かっこいいなと思うルックのクレジットを見るといつもそのブランド、”The Reracs”と書いてある。だから、ミーシャのなかでどんどん、どんどん気になるブランドになっていった。決して派手で、個性的というわけじゃなく、シックでフェアな価格のこのブランドだけど、確かにそれは1番興味深いブランドなのです。ジャパニーズブランドについての知識には自信があるけれど、日本のブランドととして始まったThe Reracsという名前は聞いたこともなかった。ヌメロではサカイやトーガなど名の知れたブランドと一緒に掲載されていた。いったい”The Reracs”って何者だ??このブランドについて、英語のインフォメーションはまだないみたい。だからこれが第一号になるかも…(「このブランド、初耳!」という日本人も少なくないでしょう)

TheReracsMen_14aw_32-tokyo

 TheReracs_14aw_00-tokyo

続きはこちら|Read the rest here

Kazafuta Koki’s functional exoskeleton fashion 2014 AW 壱吾弐工機(カザフタコウキ) 世を生き抜くための戦闘ユニフォーム

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

kazufuta-koki-noda-7

Looking at this collection. it’s hard not to mistake the photos for GIFs, as the clothes appear to actually be moving ever so subtly, like cinegram animations. The curving undulations lend to the illusion of motion on the body. That’s part of the theme revolving around the debut collection of brand KAZAFUTA KOKI, calling it “Blueprint for strengthening the fiber exoskeleton”, There’s a lot of difficult words in there (in Japanese it looks even more like WUTsauce) but the designs themselves are not as out of this world as you’d expect. It’s actually very grounded… but is this a cyborg plan for fashion?

 

最初にこのコレクションを見たとき、洋服が生きているように感じた。まるで服自体が意志を持って形を成しているような。そんな壱吾弐工機(カザフタコウキ) の今季のテーマは”繊強外骨格化画” (繊維強化外骨格計画の略)。ブランド名もテーマも漢字がたくさん連なっていてなんだか難しいけれど、実際のルックを見ると納得できるかも。

つまりは洋服のサイボーグ化!?

 

kazufuta-koki-noda-9

 

 

続きはこちら|Read the rest here

Black. Bondange. Booty. Alice Auaa 2014-15 アリスアウアア秋冬2014 キーワード : ボンテージの極みを纏う

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

In 2012 Alice Auaa came back from a 13-year grave to stage a fashion show at Tokyo Fashion Week. Since then, every collection has come with a full course of avantgarde fashion, art, technical innovation and entertainment. This time designer Funakoshi took us deep into another one of the fantastical realms of his imagination, this続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here