Politely ostentatious. Geraldine debut collection 2015 SS 丁寧に一風変わった、Geraldine アクセサリーデビュー

 

・假シ假シ假シ假シ・0218

One of the reasons I even started this blog was because I would stumble across amazing little brands in the alleys of Tokyo, or the creative people around me wold start a project that would turn into a full-fledged label (like Vive Vagina) and I wanted a place to extol it’s fabulousness. While I was lucky to have a monthly column with The Japan Times newspaper, it often wasn’t the right place to foist an experimental budding brand to such an audience. Thus, Tokyo Fashion Diaries was born. Today is one of those days that I am happy to have a place to introduce the following brand: Geraldine.

Geralidine has an affinity for all things white in the first collection, so at first glance they may appear a bit simplistic. But look again, as here you’ll find insects, gamelan balls and glass domes among other strange objects designer Momoko Yoshikawa has encased in white.

Even better, the look book photos are also oddly fascinating. Right off the bat, this brand knows it’s beautiful but weird, and takes no opportunity unturned to be itself.

日本にはまだまだ紹介したいNEWブランドがたくさん!若いだけにアイデアとパワーが溢れていて、彼らのクリエーションは本当に面白い。やはりこのブログを立ち上げた理由に一つでもある。始める前からも新聞のジャパンタイムズでコラムを書いてたけど、新人とか、アヴァンギャルドなものとか、マスに受けないものをなかなか紹介できる場合じゃなかったよね。この箱を作ってよかった!と思う時はまさに今日。ということで、今日のブランドは、2014年に立ち上げたばかりアクセサリーブランド Geraldineです。

“しろいもの”をつくるこのブランドには無機質なアイテムが揃うのでぱっと見シンプル?と思いきや…そのモチーフは昆虫、ガムランボール、グラスドームなど少し変わったものを取り入れている。

またルックブックの写真も独特の世界観が漂う神秘的な作品になっているのでご覧ください。

・假シ假シ假シ假シ・0233

続きはこちら|Read the rest here

モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京からNYCへ!Girls in black lead colorful lives: From Tokyo to NYC.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

続きはこちら|Read the rest here

Better than Jem: Sretsis 2015 SS Tokyo キラキラ80sパレード、スレトシス春夏2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

_MG_7445-2

The world is a buzz about the Jem and the Holograms live movie, but if you want to get your fill of big-haired rollerskatin’ bad-ass rockers from another planet, you need only to look at the 2015 SS collection from Sretsis. There was enough here to provide costumes for its whole film…AND the sequels. Amidst a background of a live performance by popular young elctro band the PLASTICZOOMS, we were introduced to a roller derby of super rad proportions. Sretsis may be a brand from Thailand, but they know their Japanese customer so well it will make you seethe lightning bolts (glitter and neon ones, natch).

As an aesthetic, Sretsis has a certain customer. And while I will have to dig a little to find something to complement my wardrobe, the way this brand puts on a show is one to be impressed by- and can not be matched by any other brand at Tokyo Fashion Week. The band, the drinks, the guests, the decorations and the styling are so immaculate that you lose yourself in its world for the 15 minutes the show is on in a beacon of pink light. Isn’t that what a fashion show is all about? If I had a glitter helmet on, I would tip it to them.

Jem and the Hologramsのライブムービーに世間がざわつくなか、どこかの星から颯爽と現れたローラースケートを履いたやんちゃガールロッカーを観たいって言う人は2015ssのスレトシスのコレクションをチェックすれば問題解決。たくさんの顧客が詰めかけたし、ずっとこのクリエーションに着いていきたいと思わせる”もの”を持っているから、きっとこの先もファンがどんどん増える。若手人気バンド、”プラスチックズーム”のパフォーマンスが鳴り響く中、観客は興奮、ローラーダービーレースへと導かれる。スレトシスはタイ発のブランドだけれど、日本にファンをたくさん抱えているため、様々なキラキラ仕掛けにみんな湧いた。(グリッターやネオンはもちろん)

スレトシスの”世界観”には絶対的ファンがついている。ミーシャも自分のワードローブに加える何かを発掘したい。このブランドのショーづくりは感銘を受ける点が盛りだくさん。そしてそれは東コレブランドの他のどれとも似つかない。バンド、ドリンク、ゲスト、デコレーション、スタイリング全てが完璧に重なり、ピンクのライトで照らされた会場にいる観客は15分間のショーで我を失うほどに満喫する。これがファッションショーっていうものじゃない?このブランドには脱帽!あの場でもしキラキラヘルメットを被ってたら、思わずそれをとって拍手してた!

 

Sretsis roller skate platform boots スレツイスのローラーブーツ! #tokyofashionweek #wwdjfw #mbfwt #sretsis

Photos: Mitsugu Uehara

 

続きはこちら|Read the rest here

The nightmare by Alice Auaa 2015 spring summer Tokyo 闇を注ぐ悪夢を華やかに見せた アリスアウアア 2015春夏

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

_MG_5802

I like Alice Auaa because it’s a necessary evil in the Tokyo Fashion Week schedule. “Evil” is twofold; one, because it is a ghastly dark and brooding couture gothic brand, and two, because it’s members-only decree and illusion of exclusion (supported by a family of fanatical fans) actually makes it the more interesting of the brands we have. It’s in-your-face message of darkness and sex is only as extreme as some of our other brands’ infallible dedication to the lowest denominator of design in (what I can only assume are) high-quality fabrics.

With that said, Alice Auaa came out with a story-based collection of a girl who seemed to be put under a nightmarish spell by a magician…

個人的にAlice Auaaがとても好き。なんでかって?まずひとつめに、暗くてゴシックな”怖い”という印象を与えるような独自性。そしてふたつめに、排他的な存在感を放つイリュージョン(熱狂的ファンもその世界観づくりの重要な要素) がこのブランドにより興味を抱かせる。最低限、絶対的ハイクオリティな素材を追求するという点で共通点を持っている(とミーシャが思う)他の東コレブランドと極端に異なるのはAlice Auaaが発信する挑戦的なセクシーでダークなメッセージ。ハイクオリティハイファッションなリアルクローズを発表するブランドとAlice Auaaのようなブランド、その両極端がありきの東京ファッションウィークなのだ。だから唯一無二のAlice Auaaはファッションウィークのスケジュールには必要不可欠なブランド。

そう、そんなAlice Auaaは、魔法使いによって悪夢のような呪いにかかってしまう少女のものがたりをコレクションとして魅せてくれた…

Photos: Mitsugu Uehara

 

_MG_5774

続きはこちら|Read the rest here

mintdesigns’ domestic SS 2015 Tokyo ミントデザインズの2015年春夏で登場するMissミント

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-1

Mintdesigns seems that it’s taking housewives as their style muses. Domestic life and its aesthetic is something that international fashion people don’t exactly tout around (aprons aren’t exactly in vogue…. yet….). But luckily this is a far more abstract interpretation of being at home. Bed sheet stripes, duvet frills, pajama suits, pillow clutches, and prints of a woman baking and a disembodied head of “everyone’s” jolly grandfather (the brand calls him “Mr. Mint”) made for a cozy spring summer Mintdesigns collection…

ミントのミューズ、”Miss. ミント”に象徴される”ハウスワイフ”的世界観。それは、海外のファッションピープルたちが決して売りにしないようなドメスティックライフの新しい美学 (ヴォーグにエプロンが出てきた事はない…まだ…w)。一方今回のコレクションは”アットホーム”な要素が散りばめられた。ベットシーツのストライプ柄、ベッドカバーのフリル、パジャマスーツ、枕クラッチ…また、クッキングをする女の子や、みんな大好き”おじさん”の顔。(どうやら”Mr.ミント”と名付けられているらしい。) これらがミントの2015ssコレクションにここ地いい風を運んだ。

東京だけでなく、世界のどこでもみれない印象的なコレクションを世界に見てほしく、順にブログで紹介したいと思います…

 

mintdesigns-spring-summer-2015-tokyo-9

Photos by Mitsugu Uehara

続きはこちら|Read the rest here

Deep inside the body with SOMARTA 2015 SS Tokyo ソマルタの深く追求した不思議な身体展、春夏2015コレクション

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  “Where are the avant-garde Japanese designers??”. If a foreign fashion editor isn’t looking for street-style, then they’re usually on the hunt for some wild forward-thinking brands a la Comme des Garcons, Yohji, Junya, Issey, etc. High-fashion avant-gardism tends to be celebrated in Europe with more grandeur than here at home, so it’s tough to続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here