kotoha yokozawa 2017ss collection

女の子の気持ちはたびたび様々な形容の仕方をされる。ころころと変わる秋の空や、掴もうと思っても掴めない水…だってそう、女の子の心の中はとても忙しいから。食べ物のこと、ダイエットのこと、勉強に遊びに、恋愛や友達やお金、それに憧れとか芸能人とか噂とか…そして毎朝格闘するのが”今日何を着るか”。こんな風に、頭と心はいつだって大混雑。

そんな悩める女子たちに今日は、「冷静を保つのはむずかしい。何でもない日々に収まりきらなかったことを着る」をブランドコンセプトに、同世代女子に向けた服作りをしているkotohayokozawaの2017ssコレクションをピックアップ!

What is ugliness? What is ugly fashion? Ugly is becoming more and more a mass-accepted form of attractiveness, especially in Japan.

One of my absolute favorite new brands from Tokyo is this young but very “dark” horse, Kotoha Yokozawa (stylized as kotohayokozawa). The 2017 SS collection is called “It’s hard to stay peaceful. I am wearing everything I couldn’t finish on a nothing-special kind of day.”

Well. Even if she couldn’t finish it all, (and that theme comes out in the clothing design) the collection was so interesting, cool, feminine, and very risky. It’s part of a group of young designers, all who graduated from Coconogacco, one of the most interesting fashion schools in Japan, and it’s also part of a “imperfect is best” movement of fashion design.

kotoha yokozawa 2017ss collection

TIME:  10:30 AM
LOCATION: Minami-Aoyama
THEME: The Year of the METROPOLIS ~都会年 (トカイドシ) の2017年~

 

私がニュース系ブログを開くたび、テクノロジーにまつわる記事が溢れる。人工知能やバーチャルリアリティー、とくに自動機械に関しては”人間の仕事を奪われるのではないかという危機がある”とビビらせられるようなこともよく目にするこの頃。そういえば、このような「機械が怖い」時代は過去にありました。1920年代のアールデコを代表するサイエンスフィクション映画「METROPOLIS」では近未来や先進技術などを描いた作品ですが、それを起想させたスタイルブックを撮影したかった。この映画では、今にも崩壊しそうな街が舞台になっているが、私たちの暮らすこの東京というメトロポリスは実に豊かである。変化は、野に咲く花の数だけある; 高層ビルは毎月のようにスカイラインを変えるし、他言語翻訳のデジタルメニューもどんどん増えている!地域を上げて行われるセレブレーションイベントにも変化が!ということで、渋谷のスクランブル交差点で今年から始まった” タイムズスクエアスタイル”のカウントダウンへ足を運んでみた。とても混んでいたけれど、集まった人たちはみんなとても礼儀正しくて大きな混乱もなく楽しめた。やっぱり日本文化って素敵だとおもった瞬間。東京は変化の街だ。でも変わらないこともある。近未来が本当に怖いのだろう?本当は明るいように思える。そう思いたい。

Every time I open a news site, I am reading about the newest technologies that are going to change the world as we know it. Artificial intelligence,  virtual reality and especially the automated machines that are threatening to steal our jobs. I recalled the 1920s art deco-style film “METROPOLIS” about a futuristic and technologically advanced society. The film brings drama by showing the imminent collapse of the city, but in our own reality, the Tokyo Metropolis is flourishing. The changes are popping up around us like wildflowers; skyscrapers changing the skyline monthly! digital multi-lingual menus everywhere! and city-wide celebratory events! For the latter, I ended up at Shibuya Scramble Crossing for their first ever “Times-Square-Style” city countdown. It was crowded but not , and everyone was incredibly polite- Japanese culture wins again.  The city is changing, but some things stay the same.

 

Photos: Celia Humphries

 

切なさ、寂しさ、悲しみ、裏切り、疑い…そういうマイナスの感情からも物は作られるし、人は行動をする。そのわかりやすい例が衝動買いではないかと思う。(あとやけ食い?笑)

彼氏に振られたから。仕事で失敗したから。なんだかむしゃくしゃしてたから…そういうモチベーションで買い物をするときって、まるでハンターみたいにすごいスピードで目が動く。=”出逢い”がすごく大事だということ。狩りをするようにショッピングモールを歩き回っているのは、”運命の出会い”のためなのだから。

そんな”衝動買いハント”で、こんなブランドに出逢えたら、それは即買いだと思う。
somnium。女性らしさの温もりと幾何学的な冷たさが同居する、日本のアクセサリブランドだ。

Sadness, loneliness, longing, backstabbing, doubt… sometimes there are products of fashion and art, created from these supposed “negative” traits. Then there are times when these feelings create a chain reaction… the easiest example is spontaneous shopping (or binge eating, I suppose!).

Because you were dumped. Because you messed up at work. Because you did *something* wrong. When that sort of shopping motivation arises, we become like starved hunters, desperately searching for anything to procure. But even in this sort of wild game, meeting the perfect product is still important… and even when circling the department store with your bow and arrow, you can end up catching the perfect thing.

And this is what happened when I met Somnium. In a crazed, “must get SOMETHING” moment, I ended up with the coolest new brand in my rolodex of love.

12月。空気が澄み、空が高くなり、街はどんどん冬らしくなっていく季節。一年で最も雰囲気のいいシーズンかもなんて、毎年12月になると思うのだけれど、、、なんだかここ最近暖かいし本気の冬ファッションになかなか移行できずにうずうずしているファッションファンも多いのでは?

それならおすすめなのがランジェリーファッション。寒すぎるとできないから、やるならいまでしょ!クリスマスのロマンティックさも、女らしさも、大人っぽさも完璧に表現出来る新しいスタイルは最近私もはまっているファッション。今日はランジェリーファッション系でお送りします。

Christmas doesn’t need to be just about red velvet and white fur….even Santa Claus thinks that’s all played out by now. And with these (un)seasonably warm temps we have to be opportunistic by going more lightweight on the body.

Perhaps this is why I am slow to move to a “winter wardrobe”. It’s all there, ready to be plucked out of my closet, but I just can’t do it. Instead, I`m stuck on this lingerie fashion style, which just seems more fitting for the holiday season. But in an elegant way, not a crude one…

writtenafterwards 2017ss collection

Ring-a-Round-o’ Rosies,  バラの花輪だ、手をつなごう
A pocket full of posies,  ポケットは花束でいっぱいにして
Ashes! Ashes!  ハックション!ハックション!
We all fall down.  みいんなでころぼ。

欧米では、誰もが知っているこの童謡はマザーグースのものだ。よく、手をつなぎ丸くなって歌っている子供達を見かける。ちょうど日本でいうかごめかごめや、花いちもんめのような遊びと言えば分かりやすいだろうか。そして、国内外にかかわらず古くから伝わる同様には”怖い意味”や”都市伝説”がつきものだったりする。
Ring a Round o Rosies (RRR)も例外ではなくて、実は死を象徴するような意味が隠されていると言われているのだ。イギリスを始めヨーロッパでは、ヨーロッパ全人口の約3割を死亡させたという「ペスト(black death)」が大流行したという歴史がある。この曲はそれについて歌っていて、バラはペストの赤い斑点症状、花束はペスト予防のハーブ、そしてくしゃみはペストの初期症状を意味しているとのこと。

2017ssのリトゥンアフターワーズの展示会に行ったとき、このストーリーで頭がいっぱいになった。赤と黒(死)と白(生)のカラーパレット、まるで死から自分を守るようなサークル状の花…まさにRRRじゃん!!!ってね。

Ring-a-Round-o’ Rosies, 
A pocket full of posies,  
Ashes! Ashes!  
We all fall down.  

It’s a children’s song and rhyme that anyone from Western cultures knows. Children hold hand and sing while moving in a circle. In Japan, they have “kagome, kagome” and “hana ichimonme”. Variations of “Ring around the rosie” is said to have been inspired by the Black Death and The Great Plague in London (the rash that signifies the Plague was a pink ring on the skin, and people filled their pockets with flowers as they thought it would help to ward the sickness off). The Plague took 30% of Europe’s population, in a swift sweep of death.

Writtenafterwards’ 2017 SS collection was filled with appliques of pretty flowers on white, transparent organdy. On the floor of the gallery space was a ring of plastic flowers in yellow, red and blue. And the “main” piece of the collection was a round dress with no armholes, with flower appliques around the edges. Tucked inside some pockets were tiny satchels. Was there any doubt? It HAD to be about the song and the Black Death. This is avantgarde brand Writtenafterwards we’re talking about. Right? RIGHT??!

writtenafterwards 2017ss collection

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ベルリンへ行く飛行機で荷物紛失事件にあった。ふたつ預けていたスーツケースのうち、失くなったのは私物の着替えが入っていたで、私はいきなりもうひとつのスーツケース(ベルリンの友人たちへ東京から持ってきたおみやげ)と、飛行機で着ていたラフな洋服という心もとない装備でドイツの寒空の下に放り出されたのだった。

市内へついた私はとりあえず最低限必要な下着やパジャマ、セーター、ジーンズなどを買わなければ!と思った。しかも、東京でも使えるような無駄にならないもの。…もちろん行き先は決まっている。ユニクロだ。

ユニクロは自社の作っている服を”ライフウェア”と呼んでいる。なんか前に”ライフウェア”をデビューさせたとき、私を含め多くの人が新ラインを立ち上げたのだと勘違いしたけれど、つまりライフウェアとはユニクロの服すべてを指す。ユニクロのもつ数々のラインやコラボレーションシリーズももちろん、総称してライフウェアと呼ぶ。おそらく、ユニクロは、”ライフウェア”という新しいワードを強く打ち出すことで、”ファストファッション”との差別化を狙っているのだと思う。「私たちが作っているのはファストウェアではない、ライフウェアだ」そんな、ブランドの想いが込められているのかも。

今ではすっかり、ユニクロといえば”機能性”というイメージが出来上がっているが、もはや機能性が高いからといって単純でシンプルな服ばかりというわけではない。ブランドDNA事態自体は多くのラインから作られていて、たとえば人気のイノベーティブ系(エアリズムやユニクロスポーツ)や、クリエイティブ系(Ines de la FressangeやUT)など。それから、ユニクロがプレミアムデニムの研究をしているとか、NYの美術館MOMAとコラボしてるなんて初耳だった。そこで、奥の深いユニクロというブランドについて、先月東京で開かれた巨大な展示会にもお邪魔して、そのDNAリサーチしてきたのでみなさんにシェアしたい。つまり、いったいどれぐらいコラボを今はたしているか、どんな風に生地の機能性を上げているか、「ベーシックな服だからユニクロのコレクションをレポートしない」のを敢えて徹底的にレポートします。世界的ブランドなのに、SS 2017年の展示会をするのはここ東京で1日だけ。スペシャルな瞬間をおすそわけです。(自分が想像した以上に大規模なブランドのため、展示会から少し間が空いてしまい、時間かかったのですが、こっち発のブランドとして誇りを持っていただき、そしてこの情報を活用させていただければ、と思っております)。では、ライフウェアのツアーを始めましょう!

Recently, on a trip to Berlin the airline lost my bag. It had all of my basic items in it, leaving me in the German chill with just my airplane clothes and souvenirs I`d brought. As soon as I got into the city, I went to the only place I wanted to go to get what I needed and would want to use when I got back to Tokyo, getting underwear, a warm sweater, scarf, jeans and pajamas. Of course, I went to Uniqlo.

Uniqlo calls it’s clothing LifeWear. When the brand debuted this “LifeWear” moniker a couple years ago, it was understandably mistaken to be a separate collection by me and many others. But, it simply refers to Uniqlo clothing as a whole, encompassing all of the smaller lines and collaborations within it. I imagine the brand asserts this LifeWear concept so strongly, so as to draw a line separating it from fast fashion. “This is not fast wear, this is life wear,” they deem to say.

The brand has become synonymous with “functional wardrobe” but it goes beyond being a few basic pieces. The brand’s DNA is made of a matrix of lines, some that come from an innovative stance (like AIRism, and Uniqlo Sports) and others that come from a creative stance (Like Ines de la Fressange and the UT t-shirts) that certainly take a little bit of digging to grasp. For example, did you know Uniqlo has a new denim laboratory? Or that it is collaborating with the MoMA in NYC? No? Well, I’ve done the research for you, at their massive  2017 spring/summer exhibition held in Tokyo last month. Because it’s considered a “basic” brand, no one really bothers to talk about its new collections. Well since I`m a rebel and a workaholic, I`ve set out to decode the DNA here for you. Despite being a global brand, Uniqlo only holds their press exhibitions in Tokyo for one day, so getting a peek at what is to come for SS 2017 is quite special.

(this brand is SO much bigger than I first expected, so bear with me as we tour through it all)

uniqlo lifewear 2017 SS street presentation
“street” scene ストリートのシーン

muveil 2017ss collection

“夢見るものがあるかって?ファッションに夢中かって?いいえ、そんなものより私は猫に夢中よ”

この皮肉まじりの言葉は、世界のトレンドをつくる有名雑誌で25年以上もクリエイティブディレクターを務めた敏腕編集者のものだ。もちろん彼女は自分の仕事に情熱を注ぐ、プロフェッショナルなクリエイティブディレクターであることはまぎれもない事実だが、そんな彼女の人生を豊かにするものが3つある。…黒色、ワイン、そして猫だ。

muveilの2017 SSでは彼女をミューズとしたコレクションを発表。彼女が愛してやまない、ワインと猫がたくさん登場するハッピーなラインナップになった。

“Do I dream very much? Do I dream predominantly about fashion? No. I dream much more about cats.”

This is a quote from the much beloved and 25-year veteran fashion editor of VOGUE, Ms. Coddington. As a professional, of course she was madly passionate about her job, but she said that there were three things that fulfilled her life: the color black, wine, and cats.

Along with being one of the smartest and wittiest women in the industry, she is also muveil’s 2017 spring summer collection muse (but unofficially, so let’s keep it between you and me). It’s a collection filled with whimsical details of the things she loves like wine and of course, cats.

muveil 2017ss collection

making161115_03

10月のファッションウィーク中、あることに気づいた。私の周りにいるファッションガールたちの髪が、黒ボブに変わっていたのだ。こないだまで、金髪やパステルのブリーチヘアをしてたのに!黒ボブ女子をあげると…マドモアゼルユリナ、まつゆう、マッピー、エリカゴールド。たぶんこれは日本のトレンドになりつつある。”和”や”やまとなでしこ”を思わせる日本人のルーツに立ちかえる、クールなスタイルが伸びてきているっぽいぞ。

やまとなでしことは、昔から日本女性の奥ゆかしさや清らかさを称える言葉だが、今回話したいトレンドは、”奥ゆかしい”日本らしさではない。強く、かっこいい、ユニークなスタイルの”モダンやまとなでしこ”とでも言おうか。これはここ何年かの間に日本で見たトレンドの中でも、わくわくするようなベストトレンドのひとつだ。

During Tokyo Fashion Week in Oct., I couldn’t help but noticing; many of the fashion girls around me had tossed the pastel or blonde hair styles for one: the little black bob. To name a few names, Mademoiselle Yulia, Matsuyou, and of course there’s always been Mappy and Erika Gold. It’s part of a growing trend of girls in Japan who are going back to their roots, and making “wa” or modern “yamato nadeshiko” one of the coolest styles around.

Yamato-Nadeshiko is a very outdated term, but means “ideal Japanese woman”…usually very natural looking, demure, humble, good at cooking and homemaking etc. But it’s not about being demure or quiet, because this very “Japanese” style is all about being strong, cool and unique. It’s the modern yamato-nadeshiko, and it’s one of the best trends I’ve seen in Japan in the last decade.