【アヴァンギャルド】タトゥータイツの大ブームの超裏舞台。独占で公開しちゃいます! The making …and unraveling of AVANTGARDE: the story behind the tattoo tights

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

avantgarde-harajuku9

「アヴァンギャルド」タトゥータイツのブームの裏舞台パート2。パート1「アヴァンギャルドができるまで」はこちら

This is PART 2 of the AVANTGARDE behind-the-scenes story. Please read part 1 here.

 

これは日本旋風を巻き起こしたレッグウェアブームについての話。このブームは原宿の小さなショップ、”アバンギャルド”からはじまった。“世界一背の高いモヒカン”でギネス記録を持つカリスマオーナー渡辺一祐がどのようにストッキングでビジネスを成功させたのか。パート2では彼のタトゥーストッキングのアイデアの背景と彼のブランドが日本にとどまらず世界でいちばん影響力をもつそれになりつつあることについて、そしてそのブランドがタイツ業界の第一線を退こうとようとしてることについて焦点をあてます。

This is the story of the legwear boom that took Japan by storm, starting with a  little store in Harajuku called Avantgarde. See how the Guinness Book of World Records for tallest Mohawk-having charismatic owner Kazuhiro Watanabe got into the stockings game in the first place. Part 2 looks at how he came up with the idea of tattoo stockings and his brand’s rise to becoming the most influential in the country, and perhaps the world, in the printed stocking game…and it’s subsequent downfall.

avantgarde-harajuku11

続きはこちら|Read the rest here

アヴァンギャルドができるまで。とタトゥータイツの終焉。 The making …and unraveling of AVANTGARDE

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

avantgarde-harajuku5

【独占インタービュー公開】2011年、東京ファッションに大きな波がきた。それはギャルブームに匹敵する規模。その流行は原宿の地下に店を構える、あるひとつのショップから始まった。そのショップは”足下のおしゃれ”にスポットをあてた他に類をみないコンセプトを持っている。その名も“アバンギャルド”。世界の至る所で起きたタトゥータイツブームの火付け役。その創設者にアバンギャルドを始めるにあたってのストーリー、またここに来てアバンギャルドの終焉という選択について真相をインタビュー。今、”アバンギャルドができるまで”が語られる…

Exclusive Interview. In 2011 something occured in Tokyo that influenced fashion more than anything since the gyaru. It all started with one store in Harajuku, a basement spot that was to lead the face of how we dressed our legs everyday. This store is of course, the inimitable “Avantgarde”, a tights store that started the “tattoo” tights boom now echoed throughout the world. This interview with its founder will tell you how it started…and how it’s now calling it quits. This is the making, and unraveling of Avantgarde….

avantgarde-harajuku6

続きはこちら|Read the rest here

Paper bags made of leather by Makoo will fool you 錯覚確実!革の常識を覆したMakooの”ペーパー”バッグ

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

makoo-leather-2

Leather is supposed to be a luxurious material, molded into the finest of fashion items. It’s often made to look like it’s worth it’s price upon a glance…but Makoo turns that idea on it’s head with a line of …leather goods masquerading quite convincingly as paper for paupers.

Makoo has a line of “paper” bags and clutches made from leather; daily use “throwaways” like rice sacks, snail mail envelopes and lunch bags. The most ironic thing about this brand though doesn’t stop there…

 

レザーは高級。富の蓄積を表す。そんな常識を覆すレザーアイテムなんてあるの?例えばペーパーレザー⁈

あるんです。それがMakooというブランドの作品。小麦粉の袋や輸送用の紙のように見えるレザーのステーショナリーやバッグ。しわしわな質感がユーズド感と独特の雰囲気を醸し出していて、どのアイテムも最高にユニーク。

makoo-leather-10

続きはこちら|Read the rest here

The modern woman is a nomad. HISUI 2014 AW キーワード : ノマド社会人に捧ぐ。ヒスイ 2014年秋冬

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

hisui2014aw_2

Amidst the tables-under-the-skirts and wound up bundles of fabric here, there is a hidden link to the modern professional woman.

In today’s world, there’s a new way to rock a work style, and tradition has been turned on its head thanks to cel phones, tablets and Mac Airs. For my fellow girls who have to be out and about to get her work done, the world becomes her office. We are essentially working nomads, a tribe. Pummeling that point across is Hisui with this homage to the real nomads of the earth in a ethno-centric collection that gets increasingly more modern as we look through…

スカートの中にテーブル?ぐるぐる巻きの布?そこには現代社会とリンクするストーリーが潜んでいた。

女性が働くことが当たり前になった現代、ソーシャルメディアなどのテクノロジーの発達に伴いあたらしいワークスタイルが登場。ノマドワークウーマンが急増しているのかも?場所を限定することなく毎日忙しく働く女性の存在を、”ノマド”本来の意味、”遊牧民”をモチーフにした民族的なコレクションでヒスイが表現。

hisui2014aw_13

続きはこちら|Read the rest here

VOGUE China’s Angelica Cheung interview as Woolmark Prize judge ヴォーグ中国版の編集長アンジェリカチャンに、ウールマークプライズ発表式でためになるインタービューを公開

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

image

ウールからトレジャーを紡ぐ!こんなに素晴らしいものだと想像できただろうか?

国際ウールマークプライズとは、世界規模で開かれるコンペティションで次世代のスーパースターやブランドを発掘することを目的としています。先日、アジアのセミファイナルが東京で行われました。勝者は世界の名だたる小売店に自身のコレクションを並べる権利を獲得します。たとえばパリのコレット、ミラノの10コルソ・コモ、ニューヨークのサックス・フィフス・アベニュー、東京の伊勢丹など名実共にトップクラスのラインナップ。しかもそれだけじゃない。セミファイナル優勝者には50,000オーストラリアドル(約500万円相当)、ファイナルを制したら100,000オーストラリアドル(約1000万円相当)の賞金が与えられるのです。ブランドを持っている方はこれがどれだけ素晴らしいか分かると思います。デザイナー人生が変わりますよね!

そして、なんと、2ブランドの東京のSise(メンズ部門) と中国のVmajor(ウィメンズ部門) のがまさに変わろうとしています!

アジア各国から12人のデザイナーがセミファイナルへと駒を進めた。ミーシャは個人的に、どの国が受賞するかよりもどのデザイナーが選ばれるか、とても興味がありました。すばらしいファッション界のプロフェッショナルが審査員に選出されていたため、今回の結果は”今のファッションビジネス”を示してくれるのではないかと期待したのです。

中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャンとお話させていただいた。デザイナーの方だけじゃなく、ファッションビジネスに興味がある方は必読!彼女の着眼点…とてもためになるかもしれないから

 

Who knew that gold can be spun from wool?

The International Woolmark Prize is a fashion competition held globally to find the next superstar brand, and the Asia semifinals were just presented in Tokyo. Winning it means getting into the world’s best stores like Colette in Paris, 10 Corso Como in Milan, Saks in NYC, and Isetan in Tokyo. If you have ever had a brand, you’d know just how incredible of a prize that is alone. Throw on top of that a cash prize of 50K$(aus) for the semifinals and 100k$ for the top prize and WHOAH, this could change a designer’s life.

In fact, the lives WILL change for winners Sise of Tokyo (menswear) and VMajor of China (womenswear)

12 designers from Asia made it to these finals. I was very curious to see not which country would be picked, but what designs would be picked. That’s because they were judged by some incredibly talented fashion pros and their choice would show me what is going on in fashion business these days.

I spoke to Angelica Cheung, editor in chief of VOGUE China. Whether you are a designer or someone with an interest in the business of fashion, you will find what she had to say VERY interesting….

woolmark-prize_Asia_winner

The winning looks: Vmajor, Sise

続きはこちら|Read the rest here

From Tokyo to NYC: new concept brand George of Grand 東京からニューヨークへ、新コンセプトブランド 「George of Grand」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  Shoutout to my boy George, for the launch of his conceptual brand George of Grand. The label is a vehicle for collaborations with various artists that George meets in his travels and through his vast network as a PR maestro. Tokyo may have lost a son to New York City this year, but in続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here