ファッションのストライクゾーンが広がるかも。エンフォルド2015春夏 enfold 2015 SS Tokyo

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

ENFOLD_15SS_19

ただのマス系ブランドとも思ってしまってたですが、この間ラックにかかってたとても面白い一着に張り付いた。コートの袖が胸の方についちゃって、ペロンと落ちてて。何のインポートデザイナーズだろう?と聞いたら、それはエンフォルド春夏2015の作品だった…と、もっと詳しく見てみようと誓ったので2015 SSを〜

エンフォールドはね、色に魔法をかけるブランド。とでも言おうか。

柄物よりも無地の洋服をメインに創作する。エンフォルドの手にかかると、今まで気にしていなかったような、スルーしがちだった色まで、なんだかとても魅力的に見えてくるから不思議…

I thought this was a mas(s)terfully done mass-level brand which is very easy to pass off as nothing more than such. But recently I stopped in front of a curious coat on a rack, tugging at it’s sleeves which were attached in all the wrong places. It was chic, and impulse-buy ready. But I knew it would probably cost some pretty penny, assuming it was an import brand.

Oh, it was enfold? Excellllent. So I promised to take a closer look at the label to see what was going on.

I guess you could say that this brand has done some witchery with color.  There is hardly ever a swish of a pattern in any of Enfold’s designs, and that’s perhaps what they’re known for. But somehow the

ENFOLD_15SS_9
続きはこちら|Read the rest here

「世界を革命する力を!」…なんて、ファッションにあるのか?リトゥンアフターワーズ2015年秋冬 World peace through fashion! Yes or no? Writtenafterwards AW 2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山縣氏が手がけるリトゥンアフターワーズとリトゥンバイリトゥンアフターワーズ。東京のファッション業界では、トランプでいうスペードの様な存在の彼を、改めて”天才”と呼ばせていただこう。

例えば、裸でランウェイを歩くことがランウェイ衝撃度10だとすると、このコレクションはマイナス10。そう、”アンチ衝撃”ショーをした。

暖かみのあるショーは、世界平和をテーマに繰り広げられた。ファッションとは少し結び付きにくいテーマ。子供たちがコーラスをし、3つの大きな歩く地球が登場し、(あ、ひとつは転がってたか) 地球の上にはエイリアンや空飛ぶ女の子。あ、そうそう他にも服だってあった。

Writtenafterwards and Written By… are both designed by Yoshikazu Yamagata, one of the few designers who could be called a real ingenue in Tokyo. Or we could call a spade and spade and just say “genius”. Yes, let’s.

This collection, was not meant to shock, but it did; perhaps if naked bodies and ethnic appropriation are a 10 on the scale of weird runway stuff, then this was a -10. It was the anti-shock.

A sweet collection that was quite literally inspired by the desire for world peace, which is certainly left-field in fashion (and Yamamgata isn’t even vying for the Miss Universe crown). The show had everything from a singing children’s choir, three giant walking earth balls (ok, one rolled), an alien and a supergirl flying above earth’s hemisphere. Oh, and there were clothes too…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

続きはこちら|Read the rest here

6日目のまとめ!東京ファッションウィーク秋冬2015年 Tokyo Fashion Week AW 2015 Diaries day 6

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

MISHA_LOOKDAY6_MBFWT15_16aw-6

インパクトのあるデザインのものを着ていると、気分や振る舞いまでも変わってしまうことって、よくある。これは、ファッションにおいて、業界人などの知識のある人たちやファッションが大好きな人たちと、ただ単に生活のために服を着ている人の違いのひとつ。ドレスアップしている人にも同じ現象が起きるよね。ミーシャは、東コレ最終日とても高揚してた。この日、Facetasmの2015ssコレクションのルックを着ていたミーシャは、気分はおもちゃに囲まれたみたいにわくわく。歳なんて気にしない、時には思いのままに楽しんでもいいじゃない!

秋冬2015-16年コレクション 6日目は、ファセッタズム、リトゥンアフターワーズ (リトゥンバイ)、サルバム、ジョンローレンスサリバン、ファクトタムがありました!そんなミーシャの1日に密着!

One thing about fashion that we industry people and fans alike understand, but that people who just want to wear “clothes” don’t, is how a design acts as a direct line to the brain, changing our mood and demeanor as long as its on. Conversely, it can do the same thing to those around the person who dresses up. I was so pumped for the last day of fashion week, I felt like dressing like my own toy- courtesy of Facetasm SS 2015. No matter our age, sometimes we just want to let it all out.

Let’s see Day 6 of Tokyo Fashion Week, with Facetasm, Writtenafterwards (written by…), Sulvam, John Lawrence Sullivan and Factotum!

JOHN_LAWRENCE_SULLIVAN_MBFWT15_16aw-2John Lawrence Sullivan 2015-16 AW

 

続きはこちら|Read the rest here

クリスチャンダダ秋冬2015年コレクション Christian Dada AW 2015-16 Tokyo

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

CHRISTIAN_DADA_MBFWT15_16aw-53  ロシアのファー帽子、刺繍の効いた暴走族っぽいジャケット、着物柄のテーラードコート、(鎧のようなブーツと合わせた)…ダダは観客の心をつかんだ。と思うと、ゴスチックなロングドレスが出てきてミーシャはやられた。ダダのシグニチャーである刺繍は、やり過ぎず少なすぎず、コレクションを完璧な塩梅に仕上げた。マキシドレスの丈感とか、絶妙すぎてゴージャス。また、コレクションの大事な要素となっている着物柄。これのプリーツなんかもコレクション内ですごく光っていた。

フォトグラファーのマミタナベによる、マストチェックの全ルック写真をアップしましたので、ぜひ!

Russian fur hats, “Bosozoku” biker gang jackets with nationalistic-inspired embroidery, tailored coats (and matching armor boots) of Kimono silk… Dada was on a roll. But as soon as that long wispy goth dress decided to grace us with her presence, it was a homerun with me. Dada’s siganture has always been embroidery, and it was spotted just enough throughout the collection like the perfect amount of dijon mustard in a sandwich. Not too much, not too little. The maxi length– and I can’t say this enough- is gorgeous. And it really shines with the pleats in kimono print. See the whole AW 2015-16 winter collection as shown at Tokyo Fashion Week below. Photos by Mami Tanabe.

 

CHRISTIAN_DADA_MBFWT15_16aw-12

 

続きはこちら|Read the rest here

5日目のまとめ!東京ファッションウィーク秋冬2015年 Tokyo Fashion Week AW 2015 Diaries day 5

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

MISHA_LOOKDAY5_MBFWT15_16aw-4

ファッションウィークも5日目にさしかかると逆にアドレナリンが出てパワーアップした自分が現れる。 (だって終わりが見えてきたからね。最終日に限界が来たら点滴でもして乗り越えるしかないしw) だからなのか、この日のショーは全スケジュールのなかで一番早くから一番遅くまで予定が組まれていた。

そんな5日目はハウスオブホーランド、アデアム、ヤズブキー&シュウウエムラ、スレトシスパーティ、ヨハンクー、バナルシックビザールなど盛りだくさん。忙しい1日をまとめました。見てみましょう!

The fifth day of any big fashion week is when the adrenaline kicks in and you feel like you’ve got all the power in the world and can go on forever (Because the last day is when you crash and need to carry an IV drip for electrolytes). Perhaps this is why the first show was scheduled the earliest and the last the latest this day… It’s *biologically* sound.

Today we had House of Holland, ADEAM, Yazbukey & Shu Uemura, SRETSIS, Johan Ku and Banal Chic Bizarre. Check it out;

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きはこちら|Read the rest here

ヨシオクボ2015-16秋冬コレクション Yoshio Kubo 2015 AW

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

世界に向けて発信するためにショーを行うブランドもあれば、顧客のためにショーをするブランドもある。   ミーシャがこのコレクションを着ることはないだろうけど、でもしばらくは話題になりそうな周りのみんなの注目の高さを感じる。ヨシオクボは観客を砂漠へと導いた。そこでは男臭い青年たちが極限状態でスポーツをしている。デザイナーは、この状況の彼らにスーツを着せた。それも、様々なプリントや、ときにアフガン柄の光沢のあるラミネートなどをミックスさせたスーツスタイルだ。 会場の半分くらいまでしかモデルが来なかったから、端にいたミーシャにはよく見えなかったので確信は持てないけど。。ニットにはアスレチックストライプやネオンハイライトが効いてた。ミーシャには。砂漠の照りつける陽の下のラグビーやフットボールが浮かんだ。一方モデルのヘアはウェットな髪で片目を隠したパンクっぽいスタイリングだった。 ヨシオクボ2015-16秋冬コレクションの様子をチェック。(フォトグラファーは田邊麻未) Some brands put on shows for their customers, while others put on a show for the world. I won’t be wearing this collection, but I will be talking about it for days.Yoshio Kubo took us to the desert, where strapping lads play  extreme sports on the dunes.  He imagined these desert続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here