FURLA Neo Pop bags for SS 2015 フルラのネオPOPな春夏バッグたち2015。ミラノより中継!

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

furla-1

去年イタリアのハンドバッグブランド、Furlaのビデオプロジェクトに参加したのだけれど、その”打ち上げ”ということでミラノに一週間弱滞在していました。#candycoolと名付けられたそのプロジェクトは、東京をはじめとするアジアの女性にフューチャーした4つのショートムービーを撮るもので、出来はとても素晴らしい。もし、まだ見ていない人がいたらチェックして見てください!David Lynchが東京POP文化と出逢い、融合したようなそのムービーは、ファッションビデオとして国際フィルムフェスティバルにも出展した。見ると、「こんな」東京が恋しくなる。

I just spent a little less than a week in Milan during fashion week, as an “uchi-age” (after-party) to a video project I did with Italian handbag brand Furla last year. The project was called #candycool and featured a set of four film shorts with girls in Asia, and Tokyo-not to be biased or anything- looked amazing. If you haven’t seen it, please take a look- it is like David Lynch meets Tokyo POP. It was even entered into the International Film Festival for fashion videos. It will make you fall for Tokyo all over again:

 

ミラノからボローニャに足を伸ばした。そこには本部があって、女性CEOにご挨拶をさせていただきました。それから、ミラノの歴史ツアーもしっかり行ってきましたよ。

でも、それよりなによりまずみなさんにお見せしたいものが。それは、2015ssプレゼンテーションで登場した、最先端技術を駆使したバッグ。

From here, I was taken on a trip to Bologna, Italy where the headquarter grounds are, spoke to the Furla CEO and had some historical tours of Milan.

But first, I want to show you the most exciting thing, the most technologically advanced bag I have ever seen, shown at their 2015 SS presentation…

 

 

続きはこちら|Read the rest here

“written by…” the new crazy is calm. Tokyo 2014-15 「リトゥンバイ…」狂気と冷静の隙間。秋冬2014-15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

written_by_14-15aw_07

Designer and artist Yoshikazu Yamagata has come up from the wayside to be one of the most celebrated representatives of Japanese fashion culture as art.

He is a creator and a teacher at his own fashion school, but it seems it has been a while since we had seen any fashion from him. In comes his new line “written by…” a contemporary answer to his experimental and goosebump-inducing ideas put forth in his writtenafterwards  brand.

日本を代表するクリエイターのひとり、山縣良和。

多才なアーティストでありながら、ファッション教育にも力を注ぐ彼はどのように己の道を進んできたのか?また、新しくスタートさせたwritten byとはどんなブランドなのか?writtenafterwardsとの差別化は?

アーティスティックな彼が発信するクリエーションはエネルギッシュでパワフルで、見る人を圧倒する。まさに鳥肌もの。

written_by_14-15aw_01

 

続きはこちら|Read the rest here

中編「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?Part 2. Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise?

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

harajuku-ura hara tower

PART 2

先日デザイナーの友人に会って、この話をあげなければと確信した。彼は、今ジェネレーションで成功してるストリート発ブランドのひとつ、ジョイリッチのクリエイティブディレクター、デイビッド。

彼は、あるお客さんからもらったメールについて話してくれた。

“ジョイリッチ大好きです!でも、安いチェーンストアで全く同じものが1000円で売っていたら、正直ジョイリッチの9000円の服を買う気がなくなります。”

彼は呆れたように笑った。

ジョイリッチファンがわんさかいる原宿の裏通りに入ると大きな問題が見えてくる。個性的で過激でエッジの効いたショップにパクリ問題が発生しているのだ。これは、ルイヴィトンやシュプリームのようなビッグブランドの盗作という話に収まらず、数え切れないほどのショップが、近所のショップのコピーを作り、まるで自分の製品のように平気な顔をして売っているのだ。

取引した覚えのない店に似た服を見つけたり、ロゴやモチーフのコピー商品を身に付けた消費者を見かけたり。そんな被害者はジョイリッチだけじゃない。日本のストリートカルチャーはこのままコピーカルチャーと化すのか?

 

My designer friend who compelled me to write this series has created one of the most successful brands in the street style realm of this generation. His name is David Melgar and his brand is Joyrich.

He told me about a message he received:

“I love your brand so much! But how can I spend ¥9000 on your skirt when the F21 down the street sells the same exact thing for ¥1000?”

 

David laughed. But not in a funny way, in a FML sort of way.

 

I think the bigger problem becomes clear when you step into the backstreets and alleys of Joyrich’s Harajuku ‘hood and see nearly every edgy, fringe store is carrying a knockoff of some sort. These shops aren’t just going after big wigs like Louis Vuitton and Supreme, they are digging into their own neighbors, stealing copious cups of sugar, and selling it as their own.

And Joyrich is not the only brand that is finding itself in shops it doesn’t remember selling to, or seeing people in items it doesn’t remember designing. Has Japanese street fashion really become this complacent with copy culture?

 

harajuku-japan-tokyo-harajuku-1501438-o

 

続きはこちら|Read the rest here

モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京編 Girls in black lead colorful lives. Featuring: Tokyo.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.

 

続きはこちら|Read the rest here

Calvin Klein 2015 Spring Summer and Reveal Release Party カルバンクライン春夏2015年、Revealの豪華パーティレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

CALVIN KLEIN Women’s Spring 2015 Collection Runway Show

 

アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。

カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった…

What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.

The Calvin Klein show is a hot ticket at NYFW, and always held on the last day. Seats are elusive so it’s the (non-fat)cream of the crop in attendance. I was honored to be invited, and walked up to the Varick Studios with trepidation and a wall of flash bulbs from the street photographers. The more seasons you attend, the more the photogs get to know you and your style and learn your name. It seriously starts to turn into a paparazzi experience…

image

タオ、ミーシャ、マリエ @ カルバンクライン2015春夏のコレクションショー @ NYFW
Tao Okamoto, me and Marie front-rowing it at Calvin Klein 2015 SS 

 

続きはこちら|Read the rest here

Meet somnium ,where hallucinations become accessories. 身につけられる夢と妄想?空想をアクセサリーに落とすソムニウム を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

This is a brand that is all over the Tokyoites and other Japanese who are one step ahead in fashion. It’s called somnium, a Latin word which means feverish dream (where we get “insomnia”). True to its namesake, the accessories are daydream and fantasy-like, and still ethereal in their lightness and airy form. These are続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here