Berlin’s Insane Alternative Fashion Week SS 2015 ベルリンの現実領域を超えた BAFWを体験してきた

Screen shot 2014-10-06 at 8.29.32 AM

My plans for a post-fashion month trip to Berlin consisted of making NO plans. It was a total coincidence that a new event called “Berlin Alternative Fashion Week” was being held in the city while I was there. And while I had no intention of spending another week chasing runways, when my friend (an art curator) pulled out two tickets to see a group show, we jumped in.

It seemed the local fashion community was at odds with this event (Berlin has it’s own official Fashion Week in January and July which already seems to struggle for fanfare) and feigned to stay away. I really didn’t know what to expect. We stayed in the back, just in case we needed to make a swift exit early.

I live in Tokyo so you can imagine I have seen my fair share of jaw-dropping presentations before. Let’s just say those were warm-ups to this…

NYCで9月頭から始まるエレクトリックな2015SSファッションマンスに続けてベルリンに”ノープラン”でぴぴぴぴとする頭の中を修理に行って来た(そりゃ壊れるに決まってるわww)。すると、偶然にもちょうど”Berlin Alternative Fashion Week” (ベルリン オールタニティブ ファッション ウィーク=BAFW, ゲリラ的なファッションウィークって感じ)が開かれ、アートキュレーターの友達がミーシャを誘ってくれた。主催側に連絡を入れず、興味を持っただけで飛び入りで観賞をすることに。

ベルリンの正のファッション(!?)の業界人は「知らない。行かない。」とBAFWから距離をあけるっぷり。ベルリンの公式ファッションウィークが1月と7月に開かれるけど、これに対しても意見を寄せてみると「それな…」、とびみょうなリアクション。だからこのBAFWの放つ奇妙な雰囲気からなにが起こるのか本当に想像着かなかった。

東京に住んでいる私が、こっちの「奇抜なファッション」の塔はどこよりも高く立つと思ってた。でもね、BAFWをみたら東京はまだ街灯のように見えてきたかも…

 

 

 

Andrey Bartenev collection


続きはこちら|Read the rest here

倖田來未の新曲Dance in the Rainのファッション解説と裏話!The fashion of ‘Dance In the Rain’ music video by Kumi Koda

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

koda-kumi-dance-in-the-rain-misha-10

“最高にクールなプロジェクト”の話が舞い込んだ。その内容は、

  • J-POP界のクイーン、倖田來未
  • 世界初バーチャルリアリティ装置オキュラスリフトを使ったミュージックビデオ
  • 幻想的なファッション
  • そして監督はYKBX

と、この上なく豪華。

このお話をいただいたとき、ミーシャはすぐに話に乗った。オキュラスリフトはFacebookが買収したというニュースを知って以来ミーシャも注目していたものだった(いや、有名な話かもしれないけどファッションブログよりもテクノロジー系のブログを常にチェックしている)。そして初音ミクのデジタルオペラ”The End”を手がけたYKBX (初音ミクがルイヴィトンのコスチュームを着たホログラムだった)。それに、ミーシャが10年前に日本へ来る前からすでにスターの地位を確立していた倖田來未。 ぜひ、革新的でプロフェッショナルなこの方たちと一緒に、今まで見たことないものを生み出したかったからLET’S GO!な勢いで取り組みだした。

完成したものは想像を遥かに超えていた!それは、世界初の360°バーチャルリアリティミュージックビデオ!!!

( ただ今東京デザイナーズウィークにて体験出来ます!)

完成品には本当に、心底満足している。特に服。ファンタジーだけどファッショナブルなものにしたかったから、コスチュームデザイナーなどではなく、よりリアルなファッションブランドで衣装を調達する必要があった。そして協力していただいたのが、Yohji Yamamoto、Limi Feu、Roggykei、Kotaro Sakadume。

倖田さん本人には、今まで確立されてきたイメージがついているかもしれないけれど、「このプロジェクトで”モード”な服を着ることができて嬉しい」と話してくれた。

このバーチャルリアリティムービーはテントロンドンでの世界デビューが決まっていたから、「日本発」ということを守りたかった。倖田さんも「ヨージヤマモトさんとは以前からコラボしたかった」と。今回に限ることはもちろんなく、実際、倖田さんの私服はとてもスタイリッシュ!!アレキサンダーマックイーンやマリオスなどを着ていた☆

PVの衣装の詳しい内容や撮影秘話はまだまだ続きますよ〜下記をお読みください。また、PVのトレーラーを貼りました。フルダウンロード+シングルの予約はこちら!

 

When I was asked to be in charge of the fashion for a “really cool new project” that involved:

  • J-Pop-Queen Kumi Koda
  • Virtual Reality device Oculus Rift
  • Director YKBX
  • Epic RAD fashion

I was IN. The Oculus Rift has been on my radar since news broke that Facebook bought it this year (I am more of a gadget geek than fashion freak…maybe). Then I needed no introduction to Koda Kumi, who has been a star since even before I arrived to Japan 10 years ago. Then there was YXBX, who was responsible for Hatsune Miku’s digital opera “The End” (in which Louis Vuitton provided costumes). I REALLY wanted to work with these people, some of the most well-known, innovative and professional in the industry.

What we created was even beyond my expectations! The world’s first 360deg virtual reality music video. (which you can experience at Tokyo Designer’s Week NOW… details at the end).

I was so incredibly happy with how it turned out, and especially the clothes. I wanted it to be fantasy but also fashionable. So I needed to work with real fashion brands and not costume designers. For this I called upon Yohji Yamamoto, Limi Feu, Roggykei and Kotaro Sakadume.

Kumi may have a certain image, but for this project she told me she was really happy to wear “fashion forward clothing”. She also was the one to suggest working with Japanese brands, since the team was all based in Tokyo, and the virtual reality would be showcased at Tent London. Kumi is already very stylish..even in her normal clothes she has incredibly good taste, donning the likes of Alexander McQueen and Marios to fittings.

Below find more info on the clothes, and behind the scenes stories from the music video and filming. Trailer is below (available for full download along with the single on pre-order here).

 

 

続きはこちら|Read the rest here

Ne-net 2015 SS Tokyo: an encyclopedia of tradtional Japan ネネット2015春夏の「和」百科事典

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

_MG_6758

 

The theme for Ne-net’s 2015 spring summer show was “WA” (“Japanese”).

Hmmm…. a Japan-themed collection in Japan? How….original?

But Ne-Net has proved itself time and again to take the zeitgeist and make it definitely its own (last season it brilliantly interpreted manga, afterall). As the models came out one by one, me and every other person in attendance played a guessing game of which part of Japanese culture it was referencing. Did you know the “San-zaru” (monkey spirits of “hear, see, and speak no evil”) and “kokeshi” (Japanese wooden dolls) could look so stylish?

It also made me remember what VOGUE China editor in chief Angelica Cheung said about Japan tradition in fashion recently: “I am so impressed, and jealous even, that the Japanese view their tradition as something so stylish and meant to be proud of.” It’s very true… but why is it like that??

First, here’s the collection– see if you can recognize everything!

ネネットの2015春夏コレクションのテーマは”和” (“日本”)

おー日本のブランドが”日本をテーマにするなんて。なんともストレート!

でも実際は、ネネットは日本に流れる伝統的な時代精神を見事にコレクションに取り入れ自分のものにしていた。(前シーズンは、漫画をテーマにした素敵なショーを披露) ひとりひとりモデルが出てくれる度に、どこに日本要素が潜んでいるのか考え、見つけるために夢中で服を見つめた。”三猿”や”こけし”がこんなにスタイリッシュになるなんて、だれが想像できただろう?

このショーを観て、思い出したことがある。中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャン氏が語っていた日本のモダンファッションにおける伝統的ファッションこと。”日本人はトラディッショナルな自国の服をスタイリッシュで誇るべきものだと思っていて、私はとても感動したし、うらやましいとさえ感じる。” そう、本当にそうだと思う。…でもどうして日本人にはそういう視点があるのだろう?

まず、ネネットの最新コレクションをご覧ください!かくれんぼする”和”なポイントに全て気付けるかしら?

_MG_6556

Photos by Mitsugu Uehara

 

続きはこちら|Read the rest here

Politely ostentatious. Geraldine debut collection 2015 SS 丁寧に一風変わった、Geraldine アクセサリーデビュー

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

 

・假シ假シ假シ假シ・0218

One of the reasons I even started this blog was because I would stumble across amazing little brands in the alleys of Tokyo, or the creative people around me wold start a project that would turn into a full-fledged label (like Vive Vagina) and I wanted a place to extol it’s fabulousness. While I was lucky to have a monthly column with The Japan Times newspaper, it often wasn’t the right place to foist an experimental budding brand to such an audience. Thus, Tokyo Fashion Diaries was born. Today is one of those days that I am happy to have a place to introduce the following brand: Geraldine.

Geralidine has an affinity for all things white in the first collection, so at first glance they may appear a bit simplistic. But look again, as here you’ll find insects, gamelan balls and glass domes among other strange objects designer Momoko Yoshikawa has encased in white.

Even better, the look book photos are also oddly fascinating. Right off the bat, this brand knows it’s beautiful but weird, and takes no opportunity unturned to be itself.

日本にはまだまだ紹介したいNEWブランドがたくさん!若いだけにアイデアとパワーが溢れていて、彼らのクリエーションは本当に面白い。やはりこのブログを立ち上げた理由に一つでもある。始める前からも新聞のジャパンタイムズでコラムを書いてたけど、新人とか、アヴァンギャルドなものとか、マスに受けないものをなかなか紹介できる場合じゃなかったよね。この箱を作ってよかった!と思う時はまさに今日。ということで、今日のブランドは、2014年に立ち上げたばかりアクセサリーブランド Geraldineです。

“しろいもの”をつくるこのブランドには無機質なアイテムが揃うのでぱっと見シンプル?と思いきや…そのモチーフは昆虫、ガムランボール、グラスドームなど少し変わったものを取り入れている。

またルックブックの写真も独特の世界観が漂う神秘的な作品になっているのでご覧ください。

・假シ假シ假シ假シ・0233

続きはこちら|Read the rest here

モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京からNYCへ!Girls in black lead colorful lives: From Tokyo to NYC.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

Misha-Revlon-oct-1-©-Celia-Humphries

 

シティに住むガールはモノクロのワードローブで勝負することが基本。でもさ、セメントジャングルの中だからって、セメント色の日々を送らなきゃいけないわけじゃないの。だって、いつも言っているように “黒を着る女性はカラフルな人生を送る” んだから。

でも、その真逆の意見もあるのよ。

例えば ”カラフルな服でまわりの人たちを笑顔にしてあげるの”という正義のヒーローならぬヒロイン的な精神。

それは尊敬すべきポジション。私自身もこういう気持ちもすごくわかる。でも、自分の洋服で世界を楽しませるのは別に宿命じゃない、と私は思う。自分の人生は自分のランウェイ。

その上、実際の現代社会では、やらなければいけないことがたくさんあるもの…みなさんだって、ミーティングのからミーティングへと走りまわり、アポに遊び…浴びるスポットライトだって追いつかないでしょう。でもモノクロってつまらないのかしら?コーディネートで良く言う”さし色”ってありますよね?ある意味 ”カラフル” にすることができるアクセント。実は、モノクロの好きなあなたに本物の色をリアルに身につけなくても、“さし色”をつくることができるの…

それは…人柄、行動、意志、モラル、ユーモア、そして想像力。つまり、内面。これらはやっかいなモノクロ服に飲み込まれないような人それぞれの”色”を持ってる。ミーシャは自分のクリエイティビティを磨く事に専念してる。そしてそれは私の”さし色”にしている。

Girls in black lead brilliantly colorful lives.

On the flip side, there’s a mode emploi of dress that some heroines adhere to; “I wear colorful clothes because when people see me I want them to smile.”

It’s certainly a respectable positioning, and I`ve encountered these feelings myself many times. But it’s not all of our jobs to entertain the world with our clothes. Our lives are our *own* runways. And in reality, we have stuff to do, running around town…and the spotlight definitely won’t be keeping up. So for those days (and I would say for most of you readers that means “every day”), you can make yourself “colorful” through other means, while keeping a cool, urban city-girl-ready monochrome wardrobe.

How is that? Personality, action, intention, ethics…and imagination. These are also our own “colors” which keep us from being just another sad black sheep of the masses in black and white clothes. For me, I focus on honing my creativity. I`m calling this my own “accent color”.

Photos: Celia Humphries

 

続きはこちら|Read the rest here

Better than Jem: Sretsis 2015 SS Tokyo キラキラ80sパレード、スレトシス春夏2015

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

The world is a buzz about the Jem and the Holograms live movie, but if you want to get your fill of big-haired rollerskatin’ bad-ass rockers from another planet, you need only to look at the 2015 SS collection from Sretsis. There was enough here to provide costumes for its whole film…AND the sequels. Amidst続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here