The modern woman is a nomad. HISUI 2014 AW キーワード : ノマド社会人に捧ぐ。ヒスイ 2014年秋冬

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

hisui2014aw_2

Amidst the tables-under-the-skirts and wound up bundles of fabric here, there is a hidden link to the modern professional woman.

In today’s world, there’s a new way to rock a work style, and tradition has been turned on its head thanks to cel phones, tablets and Mac Airs. For my fellow girls who have to be out and about to get her work done, the world becomes her office. We are essentially working nomads, a tribe. Pummeling that point across is Hisui with this homage to the real nomads of the earth in a ethno-centric collection that gets increasingly more modern as we look through…

スカートの中にテーブル?ぐるぐる巻きの布?そこには現代社会とリンクするストーリーが潜んでいた。

女性が働くことが当たり前になった現代、ソーシャルメディアなどのテクノロジーの発達に伴いあたらしいワークスタイルが登場。ノマドワークウーマンが急増しているのかも?場所を限定することなく毎日忙しく働く女性の存在を、”ノマド”本来の意味、”遊牧民”をモチーフにした民族的なコレクションでヒスイが表現。

hisui2014aw_13

続きはこちら|Read the rest here

VOGUE China’s Angelica Cheung interview as Woolmark Prize judge ヴォーグ中国版の編集長アンジェリカチャンに、ウールマークプライズ発表式でためになるインタービューを公開

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

image

ウールからトレジャーを紡ぐ!こんなに素晴らしいものだと想像できただろうか?

国際ウールマークプライズとは、世界規模で開かれるコンペティションで次世代のスーパースターやブランドを発掘することを目的としています。先日、アジアのセミファイナルが東京で行われました。勝者は世界の名だたる小売店に自身のコレクションを並べる権利を獲得します。たとえばパリのコレット、ミラノの10コルソ・コモ、ニューヨークのサックス・フィフス・アベニュー、東京の伊勢丹など名実共にトップクラスのラインナップ。しかもそれだけじゃない。セミファイナル優勝者には50,000オーストラリアドル(約500万円相当)、ファイナルを制したら100,000オーストラリアドル(約1000万円相当)の賞金が与えられるのです。ブランドを持っている方はこれがどれだけ素晴らしいか分かると思います。デザイナー人生が変わりますよね!

そして、なんと、2ブランドの東京のSise(メンズ部門) と中国のVmajor(ウィメンズ部門) のがまさに変わろうとしています!

アジア各国から12人のデザイナーがセミファイナルへと駒を進めた。ミーシャは個人的に、どの国が受賞するかよりもどのデザイナーが選ばれるか、とても興味がありました。すばらしいファッション界のプロフェッショナルが審査員に選出されていたため、今回の結果は”今のファッションビジネス”を示してくれるのではないかと期待したのです。

中国版ヴォーグの編集長、アンジェリカ・チャンとお話させていただいた。デザイナーの方だけじゃなく、ファッションビジネスに興味がある方は必読!彼女の着眼点…とてもためになるかもしれないから

 

Who knew that gold can be spun from wool?

The International Woolmark Prize is a fashion competition held globally to find the next superstar brand, and the Asia semifinals were just presented in Tokyo. Winning it means getting into the world’s best stores like Colette in Paris, 10 Corso Como in Milan, Saks in NYC, and Isetan in Tokyo. If you have ever had a brand, you’d know just how incredible of a prize that is alone. Throw on top of that a cash prize of 50K$(aus) for the semifinals and 100k$ for the top prize and WHOAH, this could change a designer’s life.

In fact, the lives WILL change for winners Sise of Tokyo (menswear) and VMajor of China (womenswear)

12 designers from Asia made it to these finals. I was very curious to see not which country would be picked, but what designs would be picked. That’s because they were judged by some incredibly talented fashion pros and their choice would show me what is going on in fashion business these days.

I spoke to Angelica Cheung, editor in chief of VOGUE China. Whether you are a designer or someone with an interest in the business of fashion, you will find what she had to say VERY interesting….

woolmark-prize_Asia_winner

The winning looks: Vmajor, Sise

続きはこちら|Read the rest here

From Tokyo to NYC: new concept brand George of Grand 東京からニューヨークへ、新コンセプトブランド 「George of Grand」

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

george-of-grand-6

 

Shoutout to my boy George, for the launch of his conceptual brand George of Grand. The label is a vehicle for collaborations with various artists that George meets in his travels and through his vast network as a PR maestro. Tokyo may have lost a son to New York City this year, but in return we are getting a project that could launch some underrepresented artists into the spotlight…

Georgeの新ブランド”George of Grand”の立ち上げ、おめでとう!
東京でファッションPRという場で4年間活躍し、ニューヨークに渡った、稲木ジョージ。彼が立ち上げたブランド、“George of Grand”はこれまでの自身の人生や、長年ファッションPRを行ってきた彼ならではの巨大なネットワークを通して出会った、様々なアーティストとのコラボレーションを発表する場でもある。

東京で活躍してきた彼がニューヨークへ渡った(東京からまた1人、才能有る若者が旅立ってしまったと感じられるかもしれないけど、私達はそれと引き換えに重要なものを手にしたとも言えるわ)。何故かというと、溢れる才能を持ちながらもまだ公には評価されていないアーティスト達が、様々な形でこのブランドとコラボレーションすることにより、更に活躍出来る。”George of Grand”は、そんな場になろうとしている…。

george-of-grand-5
続きはこちら|Read the rest here

A NOIR city life in amazing technicolor ◎ 「美しく彩るノアー」な人生を送る女性。

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

NOIR-Misha-edition-cropped-©-Celia-Humphries

Black is the city girl’s uniform. The newest label from Comme des Garcons, NOIR by Kei Ninomiya, is the perfect engineer for a modern urban wardrobe. The architectural details here are provoking but not overbearing; they’re ready to provide forgiving armor for the daily grind. But black doesn’t mean boring.

You see, women who wear black lead the most colorful lives….

『黒』は都会に住む女性のユニフォーム。黒を前提にした「NOIR by Kei Ninomiya」はコムデギャルソン発若手ブランド。これなら、シティガールのワードローブをサポートする最適なパトナーのではないか。…この構築的なディテールをソフトに落とされたことで、日常におけるバトルの甲冑になってくれると同時に着心地のよさをキープ。でも『黒』ばかりって、けして面白いわけじゃない…っけ?いや、違う。 だって、黒を着る女性はカラフルな人生を送ってるから。

ほら…

NOIR-Misha-grafic-opening-©-Celia-humphries
続きはこちら|Read the rest here

Collard shirt tabi socks by ERIMAKI SOX 2 ◎足に着るシャツ?靴下の常識を覆したERIMAKI SOX第2戦

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger
erimakisox-10
Fix your collar. Close your buttons. Make your legs look sharp, my friends. These socks are are for putting the fun in “oxford” and the classic in “kitsch”. They’re sure to draw an eye gaze downward, but only for the best reasons. Shirts for your feet. Inspired by TABI socks. Get outta town, I am not joking. They are amazing, and the second collection is finally out which means we get more colors and patterns, and better material. And menswear looks have made their debut as well!
襟を整えて。ボタンをしめて。足にもおしゃれをさせてあげましょ?お気に入りのコーデに、ちょっと背伸びしたシャツ型ソックスをプラスして、周りの視線を釘付けにしてみない? ミーシャが早くから注目していたソックスブランド、ERIMAKI SOXから、待望の第二弾のデザインに、メンズ型もデビュー!その特級のおしゃれソックスはこちら。
erimaki
erimakisox-09men

続きはこちら|Read the rest here

Fashion competitions that you need to know and enter NOW ◎デザイナー目指す卵の応募すべきコンペを紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

  自分のブランドをもつこと、それはすべてのデザイナーの夢。実現にはコネクション、顧客、お金が必要不可欠だけれど、これらを手に入れるのは、口で言うほど簡単なことじゃない。とくに若いデザイナーにとって投資家を見つけることは大きな壁になる。けれど、実はそんな夢に近づく機会がある…!? お金も手に入る…!? そう、それは ”デザインコンテスト”。可能な限り多くのコンテストに出場することがとても大事。この機会にクリエイターを目指すみなさんにぜひそれを知っていただきたい!! 今月は多くのコンテストが開かれ、たくさんのニュースがうまれている。私も注目していて、中には審査員をさせていただいたものもいくつか。私がひとつ言えることは、若手デザイナーにとって、コンペで結果を残すことはファッションショーをするよりも時に効果的だということ。どうしたら栄光を勝ち取れるか知りたい?お教えしましょう。でもその前にまず、なぜ出場するべきなのかお話します。 While it’s every designer’s dream to start their own brand, it takes connections, customers and money- easier said than done. Finding an investor is not always easy, especially if you’re young. But there is a place where opportunity and cash grow on trees..YES, really! That is at design contests.続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here