モノクロを着る女性はカラフルな人生を送る。東京編 Girls in black lead colorful lives. Featuring: Tokyo.

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

revlontext--Misha-Water-walk-2-©-Celia-Humphries copy

 

シティで働く女性にとって、モノクロワードローブはユニホームみたいなもの。ブラックは必需品で、雑誌が何を言おうと、流行りがなんだろうと関係ない。アーバンガールにとって、不動のナンバーワンカラー。

かっこよく、強く、永遠の。

しかし時に、活気がなく、暗くてつまらない。

私が思うのは、黒と白はキャンバス。そこに、飛び出るイマジネーションを落とし込もう。表だけでなくても、内面的にも良し!色んな意味でモノクロをまとった女性は最強に、カラフルなんだから。

 

If you’re a working woman in the city, there comes a point in time where you’ll a notice your monochromatic wardrobe becomes a uniform. Black itself is a staple that can’t be deterred and no matter what the magazines and fashion trends try to tell us, black will never be ousted from it’s post as the number one color choice for urban girls.

It is cool….strong….timeless.

But black is also considered…lifeless…..dark….boring.

But I think that black is just a canvas, where the colors of our imagination POP when they spill out on it. You don’t have to wear it on your sleeve. Because girls in black lead brilliantly colorful lives.

 

続きはこちら|Read the rest here

Calvin Klein 2015 Spring Summer and Reveal Release Party カルバンクライン春夏2015年、Revealの豪華パーティレポート

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

CALVIN KLEIN Women’s Spring 2015 Collection Runway Show

 

アメリカファッションは、歴史が浅い分、アティチュードと勢いがある。Calvin Kleinは洒落感のあるスポーティなファッションという一面をアメリカに与えた。それは、セクシーミニマリズムの幕開けと共に揺るぐ事のないものとなった。2015ssコレクション、マンハッタンのトライベカで開かれたそのショーのクールな空気感ウェイブレングスはアッパーイーストまで広く渡ったでしょう。

カルバンクラインのショーチケットはニューヨークでもとても人気で、いつも最終日にショーを行う。シートには一流業界人がずらっと並んでいる。光栄な事にミーシャも招待していただいた。ショー当日、おそるおそるVarickスタジオへ向かうと、ストリートフォトグラファーたちがわんさか居てフラッシュの嵐。何シーズンもアテンドするとフォトグラファーたちはスタイルや名前を覚えてくれる。ちょうどカルバンクラインの新作を着用してたから、わくわく感がここから始まった…

What America lacks in fashion tradition, it definitely makes up for with attitude. Calvin Klein embodies the sleek but sporty side of American fashion, and it has never wavered since the dawn of sexy minimalism. In the 2015 Spring/Summer show held downtown Manhattan, there was attitude all the way to Brooklyn.

The Calvin Klein show is a hot ticket at NYFW, and always held on the last day. Seats are elusive so it’s the (non-fat)cream of the crop in attendance. I was honored to be invited, and walked up to the Varick Studios with trepidation and a wall of flash bulbs from the street photographers. The more seasons you attend, the more the photogs get to know you and your style and learn your name. It seriously starts to turn into a paparazzi experience…

image

タオ、ミーシャ、マリエ @ カルバンクライン2015春夏のコレクションショー @ NYFW
Tao Okamoto, me and Marie front-rowing it at Calvin Klein 2015 SS 

 

続きはこちら|Read the rest here

Meet somnium ,where hallucinations become accessories. 身につけられる夢と妄想?空想をアクセサリーに落とすソムニウム を紹介

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

somnium32

This is a brand that is all over the Tokyoites and other Japanese who are one step ahead in fashion. It’s called somnium, a Latin word which means feverish dream (where we get “insomnia”).

True to its namesake, the accessories are daydream and fantasy-like, and still ethereal in their lightness and airy form. These are supposed to take the wearer one stratosphere up, closer to the cosmos and are a badge of in-the-know cleverness. There’s a sense of mangled pureness here, like something is slightly off. Not too pretty but not too strange. See the huge look book below for yourself:

今、一歩先をいくファッションピープルたちを虜にしているアクセサリーブランドがある。

その名もsomnium、ラテン語で”夢や幻想”を意味するそうだ。

その名の通り、”頭の中で抱いている、空想、妄想を、身に着けられるものへ変えていく。身に着けた人の生活にちょっとした非現実感を与える。そんな願いをアクセサリに込めて”というコンセプトのもと、なんとも言葉で表現しがたい独特の空気感をまとったアクセサリを展開する。

ピュアでありながらユニークでしっかりと主張するソムニウム  アクセサリーの数々を紹介。

somnium10

続きはこちら|Read the rest here

Naturally male AND female. Helmaph and Roditus 2014-15 キーワード:男女両性の一体。新人ヘルマフ & ロディタス、秋冬2014−15

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

helmaphroditus-look-book-autumn-fall-winter-20144

Now for something new! Established in 2013 by the Higuchi siblings, this is Helmaph and Roditus. It came onto my radar by looking through a number of overseas fashion zines and it kept coming up… it was a surprise to me to find it was a Tokyo-based brand. Titled “Beautility”, this collection fuses decidedly frilly trimmings and patchwork lace with heavyduty outerwear and working casual designs.

This mix of texture and utility is a signature of Sacai, and I think it is having a good influence on the next generation of Japanese designers….

2013年に兄と妹でブランドを立ち上げて以来着実に人気を集め、ますます注目されるhelmaph & roditus。

2シーズン目の2014-15awコレクションでは”beautility”をテーマに、白とデニムでまとめた。ブランドコンセプトである”性差を問わず感じる美しさ、スマートさを追及”に沿ったクリエーションは女性的な印象のあるレースと、男性的なミリタリー要素が混ざり合う。海外のweb媒体やセレクトショップなどでも多く扱われているhelmaph & roditusをチェックしましょう。

helmaph2014617-20140319_003-thumb-500xauto-287856

 

 

続きはこちら|Read the rest here

yoox. comの日本上陸10周年記念で「ファッションの遊園地」を開催 yoox .com celebrates 10th Anniversary in Japan

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

YOOX_10th_mirror_intro0901

着飾ることが好きな皆さんに一報があります!毎年恒例になったショッピングブロックパーティ、Fashion’s Night Outが今年もやって来ます。たくさんのショップがシャンパンを用意して皆さんを待っています。でも目玉はお酒のではなく、ファッションなのでしょ。

ファッションの中心地表参道に大集合!そこへ行けば、マークジェイコブスやケンゾー、アレキサンダーワン、Dスクエアード、MSGMでコーデ一式を当たるチャンスが待ってるの。yoox.comの10周年記念ポップアップストアなのだ!

 

We want our fashion and we want it now!

That’s the decree to anyone who cares about how they dress, and especially to those who will be venturing into Tokyo for the annual shopping block party Fashion’s Night Out. Most shops will be offering bubbly and champagne, but shopping often takes a backseat.

Well I know where you’ll want to be, where fashion is front and center and you can win head-to-toe outfits with pieces from Marc Jacobs, Kenzo, Alexander Wang, DSquared, MSGM and more…. it’s the yoox.com online-but-now-real-line pop-up store in Omotesando!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続きはこちら|Read the rest here

「パクリのパラダイス」になりつつある原宿?パート1Harajuku: Turning into Pakuri (knockoff) Paradise? PART1

  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Pinterest
  • Reddit
  • Tumblr
  • Blogger

先日、私にとって大切な友人、ある原宿発のデザイナーとひさしぶりに話していた。彼の近況を聞くと、大きな悩みを抱えているという。「隣のお店にパクられていてセールスが落ちてるよ」、と。 なんて悲劇。 オリジナリティにあふれるからこそ、世界が注目する「原宿」。でも最近「何か」が少し可笑しくなっていると気づいたのは私だけじゃないはず (この前のアヴァンギャルドとの対談にも多く取り上げられている)。 グローバルに出世している原宿ブランド、渋谷ブランドが増え、その世界的な競争と戦いで全力をかけないと失敗するというのに、実は一番酷い戦いは原宿内かも? そのコピーペイスト食い合いをどうすべきか?原宿の未来はそこにあると思う… The other day I was catching up with one of my most dear friend and respected designer of a brand popular in Harajuku. I asked him how things are going lately, and he lamented about a growing problem he and his brand are facing. “The store next door to続きはこちら|Read the rest here続きはこちら|Read the rest here