ファッション界において、レースものやそういうディテールが施されたものがここ数年の大きなトレンドとなっている。けれどレースや刺繍、スパンコールなどのきらびやかな装飾がついたファッションアイテムはかなり前から存在する。それぞれの時代やその時のファッションアイコンから当時の「ランジェルック」を垣間見ることができる。その時代もファッションにルールはなかったわけで、自分の思うように好きなようにファッションを楽しんでいた。ランジェリーと洋服のレイヤーコーディネートもそういう発想から自然と生まれたアイディアのように感じた。

ランジェリーを洋服のように着こなすアイコンとは?と聞かれたとき、真っ先に思い浮かぶのは、マドンナ。コルセットをトップスとして着こなしステージに現れ、ランジェリールックの先駆者とも言える。その着こなし自体は複雑に見えるけれど実はシンプルなもので、それは今日でも大きなトレンドとなっている。コルセットはそれこそウェディングドレスとしてはみるものの、それ以上でもそれ以下でもなかった。しかし、最近はビスチェやコルセットをコーディネートのプラスワンアイテムのように着こなす人を多く見かけるようになった。そして、ランジェリーアイコンはマドンナ以前にも存在してた。。!それは?

In terms of fashion styles, the current trend of lace-y things has been super hot for the past few years. But as for delicate things adorned with lace and embroidery and sparkles, well, that kind of fashion has been around for hundreds of years. And each icon or era brings its own style of “lingerie looks” to the table. It goes to show that in fashion, there really aren’t any rules, and we are free to wear our clothing in any way we please. That goes for wearing lingerie layered with other clothing, too.

One of the biggest icons for wearing lingerie as outerwear that sticks out in my mind is Madonna. When she burst on stage wearing corsets as tops, both intricate and simple, it became a huge trend for the modern day. A corset had for long been nothing more than a bridal thing, but now people wear bustiers and corsets as an accessory or design fashion pieces to look as if they are laced up.

Lingerie Part1ランジェルック1
Lingerie Part2ランジェルック2

 

ランジェリーを洋服として着ることができれば、ワードローブの中身も2倍になる!ということ。嘘ではありません。

前回のブログでは、どう洋服と組み合わせるかのアイディアについてとそれがもうトレンドとしても認識されつつあることについて書きました。今や街中やショーのランウェイでも、ランジェリー風の洋服を着たコーディネートを見ることが珍しくなくなってきている。今回はもっと掘り下げて、ランジェリーを洋服として着ることがなぜ素晴らしいかということの核心に迫りたい。

Is it possible to wear lingerie as clothing, and why would you do it?

In the last article, I wrote about how the idea of wearing lingerie as fashion is something that is already going from strong to stronger in the trend department. It’s on the streets, the catwalks and now it is very normal to see lingerie details in all kinds of fashion.

But this time, I want to get to the real point; WHY would you wear actual lingerie as fashion instead of the other way around?

Photos: Kentaro Minami
Direction & Styling: Misha Janette

「世界で一番いいカメラは自分の持っているカメラだ」って表現知っていた?

そして、世界で一番いい服は自分のワードローブの中にある下着だってことも?

ランジェリーが洋服としても身につけられるってことはこのブログを読めばきっと誰もが納得してくれるはず!

去年より日本が誇る下着メーカー「ワコール」とのコラボレーションで、ランジェリーをファッションの一部として見せて着る「ランジェルック」というアイディアを提案しています。そのコーディネートがなんで今までやらなかったんだろう。。。ってくらい最高な出来栄えになりました!半年前に撮影したものなので、ずっとみなさんに見せたくて。。。

今回は、1977年から女性の陰の立役者として支えてきたワコールの最高級ライン「Trefle -トレフル-」とスペシャルタッグを組みました。このブランドの40周年を記念して、ブランドがスタートした当時の70年代の「レトロモダン」な雰囲気を取り入れたランジェルックなコーディネートをしました☆そう、今時、グッチとフェンディなどの影響で70sなファッションがランウェイでよく見かける超流行りなトレンドのため、私の身まで70sな雰囲気に変身!してみました。

You know how they say that the best camera is the one you’ve got on you? I say the best clothes are the ones you’ve got in your lingerie drawer. Right? Lingerie is actually AWESOME as clothing. And if you see it too, then your wardrobe is about to grow by 2…

For the past year, I have partnered with Japanese lingerie-maker Wacoal and their high-end lines to promote the idea that lingerie like camisoles, slips, petticoats can be worn as fashion on the outside as well.. And no one would be the wiser!

This season, I teamed up specifically with the Trefle brand, one which has been in Japanese girls’ drawers since 1977. Since this year then marks the 40th anniversary of the brand, and that late 70s clothing is making a killing in the trends nowadays, I took major inspiration from it created some retro-modern looks all using pieces of lingerie as fashion (oh and I even transformed *myself* into a retro donna with the power of a lot of makeup and wigs!).

Photos: Kentaro Minami
Styling/Direction: Misha Janette

 

最後のブログを更新してから結構日にちが経ってしまったので改めて自己紹介します。。。?! w

東京在住のミーシャジャネットと申します。文化服装学園を卒業し、スタイリストやファッションジャーナリストといったファッション関係の仕事をしています!

。。。というより今の仕事の割合からいうと、ただいまなん美容業界でクリエイティブディレクターとして働いているのです!(おーー!美容界?!)
今になってやっとクリエイティブコンサルティング会社「合同会社トッテオキ」を設立しましたと胸を張って言うことができる。私は7ヶ月前より素敵な仲間達と共に日本が誇るメイクアップアーティストブランド「シュウウエムラ」のインターナショナルオフィスでクリエイティブディレクターの仕事をしています。

何かのひとつのことに時間を費やしていると、自分が最高だと思える出来栄えを追求したくなって今までとは違うものや新しいものが作りたくなる。それが今までにやり遂げたことのないものであれば、それは自分自身へのチャレンジでもあるから、より多くの時間や努力、それに対する集中力が必要となってくる。

私のシュウでの立場は、今までに経験したこと全てが求められ、試される。アイディアを形にするための集中力や創造力、みんなでひとつの方向に向かう団結力、物事を柔らかに考える柔軟性、このプロジェクトにはどんな人が適しているのかといった人脈などなど。

完璧であることを求めすぎるあまり、このブログも少々おやすみしていました。(もちろん、更新する時間を忘れるくらいに毎日忙しかったこともあります。)

けれど!ちゃんと戻ってきました!このブログをまた定期的に更新するようになれて本当に嬉しい!言いたいことや書きたいことが山のようにあって、ファッションの世界はめまぐるしく変わっていく。まずは、シュウウエムラで起きたことが楽しくて、刺激的であったから。。。

I feel like it has been so long since my last update that I almost need to reintroduce myself. My name is Misha and I live in Tokyo. I graduated from Bunka Fashion College and I work in the fashion industry. Well…technically, if we were to go by statistics, then I should say I work in the beauty industry now….Yes, I feel like it is finally time where I can be confident to announce that I started my own consulting company Totteoki Co. late last year, and for the past 7 months I have been working head deep with the amazing team at the Shu Uemura International offices in Tokyo as a creative director.

There are many influencers, bloggers, and other professionals who “consult” for brands, offering their name-power and a few meetings each year to lend their opinion, offer expertise or bring in other influential resources that the brand wouldn’t otherwise have access to.

It’s usually more of a “floating” position that one piles on top of other day-jobs.

This isn’t that.

When I work on a project I get really invested in it, wanting to do the absolute best, and doing something that is new and different. I also challenge myself a lot to do things that I have never done before, which always takes more time, effort, and concentration.

My position with Shu has been something that takes EVERYTHING I have ever experienced before and puts it to the test. Connections, creativity, organization, spontaneity, flexibility, and a rolodex of ideas. I am obsessed with perfection and that has made me put aside my blog for just a little while. (and on top of that I am moving and it took up every extra minute I had!)

But I am happy to say that I am BACK and I am so excited to blog regularly again! I have so many things to say and write about and the fashion world keeps turning. But first, I am SO excited about what is happening at Shu Uemura.

Creative direction Misha Janette. Photo: Uroku

異邦人

意味:異国の人。

この言葉は今回のコレクションにぴったりじゃないかと思った。

全体的に言えばアジアンチックな雰囲気でまとめられていて(和らしくも、チャイニーズらしくもある◎)、どこかヨーロピアンなテイストも醸し出す、mame-2017AWコレクション。

異邦人〜”Foreigner”〜

Meaning: A person from an exotic land

It comes with heavy connotations as “foreigner” is a touchy and even taboo subject. And “ihoujin” literally means “not japanese”. Oy.  But it is often found in the Bible and comes with a spiritual nuance, one that I liken more to meaning “a stranger, but someone I want to know more about.” And that is how I feel about the character dressed in mame for her 2017 collection.

Photo By Celia Humphries

クリエイティブが必要とされる業界のリーダーでいることにおいてもっとも必要な能力は、これだ!って言われる自身を象徴するスタイルを確立することだと思う。それが作家であれ、音楽プロデューサー、グラフィックデザイナーや画家に、スタイリストであれ、その人として認識される”何か”がその人の興味をひきつけたり、良くも悪くも評価の対象となる。

それがファッション業界ならなお必要なことであって、ビジュアルがほとんど全て。

スティーブジョブスのタートルネックやアナウィンターのボブカットといったように、歴史に名を残す人物には揺るがないスタイルが必要不可欠だ。

けれど、それ以外の私たちは?自分を確立するオリジナルスタイルを見つけることは難しい。みんながみんな世間の注目を浴びるような服に対する鋭いアンテナを持っているわけではないし、パーソナルスタイルとやらは居心地の悪い世界や不安をはねのける鎧とかを作り上げる元凶にもなりうる。(よくないとわかっていてもやめられないストックホルムシンドロームみたいな。。。)私も自分のスタイルを変えることが恐怖になっていて、変えたくてもやめることができない!みたいなもどかしい悩みがここ数年続いていた。

けれどやっと決心がついて今に至る。やっと自由よ!って(笑

そんなわけで今日は個性とは何なのか。どう見つけるべきなのか。そして、その確立したパーソナルスタイルから抜け出せなくなったトラウマと、実際にそれを破るための突破口について話します。どうぞ、お付き合いください★

One of the most important skills to have as a leader in a creative industry is the ability to create and cultivate a signature style. Whether a person is an author, music producer, graphic designer, painter or stylist, the people with a recognizable style gains them more attention and notoriety. It’s especially true of fashion, the most visual medium of all. From Steve Jobs’ black turtlenecks to Anna Wintour’s bob, these people had unwavering style and will go down in history with it.

But what about the rest of us? Finding one’s own distinct personal style is already incredibly hard. Not everyone has the eye to find the type of clothing that will speak for them so they don’t have to. Personal style can become a comfort in an uncomfortable world, a billboard for your creativity, an armor for your own insecurity, and sometimes it’s an unrelenting captor (stockholm syndrome, for real). I struggled with the fear of changing my personal style, and it was an ongoing battle within myself for the past year or so. I’d like to talk here about what personal style is, how to find it, and the trauma & breakthrough that comes with tearing off the skin of “personal style”.

地下鉄をいくつか乗りついで、懐かしい風情漂う東京のイーストサイドをぶらついたあと、今日の目的地である小学校に到着した。土曜日だったこともあるけれど、ここに通っている子供達はとうの昔に卒業しちゃったみたい。

“デザイナーズビレッジ”と言われるここは、これから世に羽ばたこうとしているデザイナーや職人の卵を支援するためのいわば学校のような場所。一歩足を踏み入れるとそこは、達筆な文字により刻まれた”校訓”に古い建物と内装とがそのままの状態になった場所で、昔にタイムスリップしたような気分になった。日本のホラー映画を見たら、すぐに「ああ!これか!」って想像できると思う(笑

This place was further out than I had predicted. Then, a couple of transfers underground and a stroll through a traditional old-school neighborhood on the East side of Tokyo later, I arrived at my destination; a Japanese Elementary School. It was a Saturday, but the kids that attended here have been gone for a long time now. Now, it sits proudly as a collective and incubation for budding designers and artisans in Tokyo as Tokyo’s “Designers Village”. The brands here are either still finding their footing, or simply choose to work in camaraderie, among a group of truly unique and one of a kind brands. A step inside is a slip through time, with the old “school rules” in perfect calligraphy scrawled across the length of the ceiling, and all of the old structure and interior intact. If you’ve seen any Japanese horror movies, then you would recognize it immediately.

Photo: (c) Celia Humphries
Direction & model: Misha Janette

黒と白とを対象的に見せた今回の2017年SSコレクション。テーマ「空はここにある」。
ふんわりした袖のパフスリーブにAラインのシルエット。羽を思わせるデザインが取り入れられ、どこからか性格の違う白い天使と黒い天使が舞い降りてきたのか?と思った。構築的な要素が全体にちりばめられており「ミヤオ」らしさは健在だ。白鳥の羽のようなふんわりギャザー、レースなどを取り入れつつもフェミニン×マニッシュさのコントラストがいい具合に仕上がってます◎

Miyao presented his 2017 SS collection with the theme, “Here is the sky”. He plays with poufy silhouettes in the sleeves and has an affinity for the A-line dress, making his pieces on the comfy throw-and-go side. He is known for the wilted “wings” design as seen above, which comes off as being either angelic and innocent, but perhaps also something darker. It’s a paradox that comes through in many of his designs, and the DNA perhaps has always been there (he got his start at Comme des Garcons, afterall).

MIYAO SS 2017 Tokyo